スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

物を増やさない

1ヶ月以上、ご無沙汰をしていました。ドイツに戻ってきて、既にしばらく経つのですが、ブログに戻ってくるまでに時間がかかってしまいました~

実は、以前ならブログを書いていたであろう空いた時間に、ずっと家の片付けをしていました。どうやら私は、一度凝るとトコトンやりたくなる性格のようで、片付け始めたら止まらなくなりました(笑)

というのも、日本に居る間、実家の手伝いで家の大掃除をしたのがキッカケです。いろいろと片付け始めたら、40年前のコタツをはじめ、すごい年代物がワンサカと出てきましたよ!不要なものを処分し、粗大ゴミもかなりの量を出しました。それが引き金となってしまったようです。

考えてみれば、昔は物を大事にするのが当たり前でした。私の両親に限らず、物を捨てずに大事に取っておくのは普通だったのではないでしょうか?それが、大量生産・大量消費の時代に入って、物はどんどん増えました。(「大量消費時代」というと聞こえは良いですが、結局は「物欲奨励時代」ということですよね)

それまでに「捨てる」行為をしてこなかった人たちが(する必要も無かったわけですが)、「買う」事はしたために、家の中の物は増えていったわけです。考えてみれば当たり前です!

そうやって溜め込んでいくうちに、物との関係が途切れた物、存在すら忘れている物が出てくるのですね。例えば、40年前のコタツなんて、電源ケーブルの絶縁状態も危なそうで、今となっては、絶対に使う気にはならない物です。

片付け」というのは、自分と物との関係を見直していく作業なのだと思います。そして最終的には、「無駄なものは買わない」というところに落ち着きます。

そんな事が、この本に書いてありました。最近流行っているらしいですね~

はやりモノなのでどうかなと思いましたが、私にとっても参考になる部分が多かったです。片付けに行き詰まっている人には、新しい視点が得られて良いかもしれません。

あとは系統が全く違いますが、この本も面白いです。江戸時代は、あらゆる物を徹底的にリサイクルしていたという話です。

昔は石油も取れませんでしたから、基本的に太陽から得たエネルギーだけで生活しなければいけませんでした。その中で便利に生活するには、工夫をして、物をリサイクルしなければいけませんでした。それにしても、江戸時代のリサイクルは、本当に徹底しています。リサイクルを極めていると言って良いと思います。その様子が、読んでいて清々しく感じました。

関連記事:
・ 古いものを残す
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

いつでも足し算

今、日本に帰ってきています!3月はバタバタしすぎて、ブログも超・低空飛行でした。

こういう時は仕方がないですね~

読みに来てくれている皆さんには悪いけれど、無理なときは無理。書けるときに書ければ良いと思っています。

そもそも、コツコツ努力をする事が苦手な私は、なるべく目標を持たないようにしています。例えば、「毎日英語の勉強!」とか「毎週何回ブログを書く!」とか、絶対実現できないのです。目標を定めて頑張れるタイプの人も居るのでしょうが、私には無理みたいです。

その代わりに、細々と続けることにしています。「ドイツ語上達のコツ」の英語本の読書のように、やればやるだけ何かが貯まります。このブログも数年かけてますが、約300件書き貯まりましたよ~!

何事でも続けている限り、やった総量は増え続け、マイナスにはなりません。「今週の目標を達成できなかった・・・」と自分を責める必要もありません。そうやって考えると気楽になりませんか?

アホなぐらいにポジティブ思考と思われるかもしれませんが、いつでも足し算というのは、私のモットーです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

お母さんのための放射能対策

以前の記事で紹介した映像に出ている、野呂美加さんの本を読みました。チェルノブイリの子供たちを支援してきた長年の経験から、放射能対策について書かれています。

この野呂美加さんが代表をしているNPO団体の活動は、チェルノブイリから子供たちを日本に呼び寄せ、放射能汚染のない環境で1ヶ月間の保養をするというものです。1ヶ月間の保養をすることで、その後半年から1年ほど、慢性被曝の症状を止めることができるのだそうです。


やはり食べ物などによる内部被曝が危険らしく、チェルノブイリでは、事故から2~3年後に小児甲状腺ガンが増加、10年以上たってから病気の数自体が増加したそうです。今でも、汚染地域では多数の人が様々な病気を抱えているけれども、ベラルーシ政府は公式には認めていません。

低線量被曝によってかかる病気はガンだけではなく、免疫力の低下により様々な病気を発症するのだそうです。ですから、放射能汚染地域で誰かが亡くなっても、死因となる病名は「心筋梗塞」かもしれません。つまり、汚染地域では死亡率が増えていたとしても、個々のケースにおいては、被曝との関連性が簡単には見つけられません。それを良いことに政府は、「被曝による健康被害はほとんどない」と言うわけですね。これは日本でも同じことです。

この本には、食事や日常生活などにおける対策法が書いてあります。政府による援助がないのであれば、自分たちで対策していくしかありません。「でも、どう対処したらいいのか分からない」という人は多いと思います。そういう時に、この本は助けになるでしょう。特に子供のことが心配なお母さんにはオススメの本です。

食事では、まずは汚染された食材を口にしないことと、みそ汁、漬け物、果物などで、積極的に酵素をとることが良いそうですよ。あとは放射性物質を家の中に持ち込まないこと。他にもいろいろな事が書いてあります。

ところで、野呂美加さんについては、科学的知識がないなどの批判をよく目にします。そうなのかもしれませんが、大半の政治家・科学者よりも、チェルノブイリ事故の健康への影響について知っている方だと思います。彼女の説明に間違いを見つけて批判するのは、「科学的知識がある人だけ発言しろ!」と言っているみたいで、どうも好きになれません。

この件に関しては、科学的証明とかは二の次で、まずは住人、とくに子供たちを守ることが最優先事項なのではないでしょうか。そのためには、事故の後にどういう事が起きるのか、前例から学ぶべきではないのかと思います。基準値などの数値を操って、一見理論的に安全だと説明している方が、エセ科学なのではないかと思うのですが・・・。

関連記事:
・ 放射能で子どもたちに起きている異変
・ 放射能汚染について、ドイツZDFのニュース
・ みえないばくだん

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

【本】 体温を上げる料理教室

若杉友子さんという方が書いた本を読みました。このおばあさんは、山奥に住み、野草と自家製野菜でほぼ自給自足の生活をしているそうです。

体温を上げる料理教室」には主に、マクロビオティックとはまた違う独自の食養の教えが書かれています。食べるべき物や料理法の他、民間療法的な野草の使い方も書いてあります。「野草の力をいただいて」の方は、たくさんの写真と共に、おばあさんの自然の中での生活が描かれています。とても魅力的な生活です!料理の写真もたくさんあります。それにしても、桑の葉も食べるというのには驚きました。

この2冊の本には、陰陽のことや塩分をしっかり取ったほうが良いことなど、一般的な栄養の取り方とはだいぶ違うことが書かれていますが、自身の経験から書かれている言葉には説得力があります。科学的には疑問に思う記述もありますが、だからといって本の魅力を失うものではありません。

だいぶ前から「野菜や果物が美味しくなくなった」と言われています。F1種子が出まわっていること、肥料や農薬を使っていることなど、様々な要因があると思います。それはドイツでも同じ事です。スーパーで売られている野菜や果物は、大なり小なりどれもパッとしません。それでも、自宅の庭やクラインガルテンで野菜や果物を育てている人は多いし、Bioladenで買えるオーガニック野菜もあるので、美味しい物に出会う確率は少しだけ高いかもしれません。

私も今は、ベランダでハーブを育てる程度しかしていませんが、いずれは自分で野菜や果物を育てたいと思っています。おばあさんのように野草を摘むことも試してはみたいのですが、植物の名前が覚えられないので無理ではないかと思っています・・・。

関連記事:
・ 種を自分で収穫する
・ 食べた果物の種を蒔いてみる
・ 身近に生えている野草

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

食べた果物の種を蒔いてみる

たまに、食べた果物の種を土に埋めてみることがあります。遊び半分で、けっこう面白がってやっています。

これはアボカド。芽が出てきたので感動しました。
アボカド

この後、40cmぐらいの高さまで伸びたけれど、ダメになってしまいました。

思い返せば、果物の種を埋めるのは、子供の頃から遊びながらやっていました(今でも同じことしてる!笑)。イチゴのつぶつぶは種だと知っていますか?爪楊枝でつぶつぶを取り出して、湿らせたガーゼやテイッシュの上に置いておくと芽が出てきます。イチゴは普通は株分けで増やすので、知らない人が多いかもしれませんね。他にも、ニンジンの頭の部分を水に漬けたり(葉が出てきます)、柿の種を埋めてみたり、いろいろしましたよ!

最近はさすがに場所がなくて育てられないので、大きくなる果物の種は蒔かないようにしていますが、使い切れなかったニンニクやショウガを土に埋めてみたりはします。もちろん、ニンニクの芽は食べられるし、切ったネギの根の部分を植えたらまた伸びてくるので、副産物もあります。

これは植物に親しむには手っ取り早い方法ですよ!お金をかけずに始められるので、育たなくなってもダメージがそれ程大きくないのではないかと思います。

このサイトはけっこうオススメです!なんでも蒔いているみたいです。
・ 食える種蒔図鑑

ところで、ドイツに来てから意外に役立っているのがこの本です。残念ながら、もう古本でしか手に入らないようです。イギリスの人が書いた本なので、ヨーロッパで採れるハーブの育て方や利用法などが書いてあります。

ハーブの種類とか、利用法とか、ふと疑問に思ったときに調べてみています。日本に居たときは、ヨーロッパのハーブはほとんど育てたことがなかったので、こちらに来てから初めて知ったハーブが多いです。

関連記事:
・ 種を自分で収穫する
・ ヨーロッパでの月齢に基づいた生活
・ ペッタンコの桃−Plattpfirsich

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

| Next≫

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。