スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツにもある、ビックリな税金の無駄遣い

ベルリンのU6 Turmstr駅の目の前に、OttoparkとKleiner Tiergartenという細長い公園があります。

昼間は散歩している人がたくさん居て、のんびりとしたのどかな雰囲気ですが、夜になるとアヤシクなります。アルコール中毒者がたむろしていたり、ドラッグの売買の場所ともなっていたそうで。

そこで、ベルリン市が公園を改築することにしたのです。

プランの公募がされ、勝ち取ったのがなんと、この妙な石のようなモノが何個も置かれるプランでした!

Sitzkiesel

この巨大な石は、Sitzkieselといって、コンクリート製です。座るためにあるのだとか・・・

誰がこんな冷たい石の上に座るのか?という疑問もありますが、問題はそのコスト。既に設置された11個で、約280,000ユーロかかったそうです。そして、さらに設置予定があるのだとか。

この使えない石1個あたり、25,000ユーロ以上かかっています。日本円に換算すると、1個325万円ぐらいということになります。

もちろん市民は怒っているわけですが、もう税金を使われてしまったわけですから、後の祭りです。

このSitzkieselについて、面白いビデオを見つけました!テレビ番組の一部です。



ベルリン弁のおばあちゃん、汚いお言葉連発で、ムチャクチャ怒ってます!市の担当者の情けない説明にも、笑わせてもらいました。

これは、NDRのextra 3という番組の中の、Der reale Irrsinn(実在の狂気)という短いコーナーです。ドイツ中の、あり得ない公共工事の紹介が多いようです。税金の無駄遣いが、メディアで定期的に報告されるのは良いことですね。

下の写真は、『ブレーメンの交通標識の森』というタイトルです。他にも、面白そうなケースがありますよ!あなたの街も紹介されているかもしれません。クリックすると一覧にいくので、興味のある方はどうぞ。

Verkehrsschildenwald

関連記事:
・ モアビット地区の丘
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

運転席に座る犬

もうひと月ぐらい前のことですが、IKEAの駐車場で飼い主を待っている犬を見かけました。

暗い中、微動だにせず運転席に座り、前方を見つめています!
飼い主を待つ犬

このままエンジンかけて走り出してもおかしくなさそうな体勢です。凛々しい♪

本当は助手席の方が居心地が良いし、見通しも良いはずなのですが、犬はボスが居ないと、普段ボスが座るところに必ず座りますね〜。しかも、ココに座るときは、ご主人様がいつもやっているように前方を見据えないといけない!と思っていそうな。


ところで、昔は「犬と子供のしつけはドイツ人に任せろ」と言われていたそうですね。

今のドイツ人には、子供のしつけはもう無理な感じですが(笑)、犬のしつけはまだとても上手です。

ドイツの犬は本当に行儀が良いです。

レストランでも飼い主の足元できちんと伏せをしていられるし、電車の中でも大抵の犬がおとなしく座っています。犬が入ってはいけないスーパーの前でも、行儀良くお座りして待っている犬が多いです。

そもそも、犬がレストランに入ったり、電車に乗ったりできるのが凄いですよね!

ドイツでは犬は市民権を得ている」と言っても言い過ぎではないでしょう。実際、幸せそうな犬が多いです。飼い主さんと一緒にあちこち出掛けて、本当に楽しそうで、犬の居る生活もいいなぁ〜と思ったり。

街の中の犬のフンには困りものですけどね・・・。以前に比べたらマシになったらしいですが、ベルリンは下を見て歩かないといけません。特に冬は、雪の下でグチョっとなってたりするので、要注意ですよ!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ベルリンを飛ぶ猛禽類

ここのところベルリンは、雪が降ったり、降らなかったり、氷点下になったり、ならなかったり。

例年に較べると、とても暖かいです。これから寒くなるのでしょうか?

先週の土曜日は、朝起きたら雪景色でした。木に積もった雪が、太陽の光でキラキラして、すごく綺麗だったのですが、その時は写真を撮れず。すぐに、どよ〜んとした天気になってしまいました。シャッターチャンスがとても短いです。

実はベルリンは、あまり雪が積もるほど降らない場所です。気温がマイナス20度とかになることがあっても、積雪は大したことがありません。

ベルリンの壁があった当時は、「壁があるから、空気の流れを遮って雪が積もらない」とまことしやかに話されていたらしいですよ。壁のあった当時なら、信じてしまいそうな話ですよね!

ところで、その雪が降った土曜日に、ふと窓から外を見ると、やたら大きい鳥がポプラの木にとまっていました。カラスの倍ぐらいの大きさです。

でも、肉眼では何の鳥だかさっぱり分からず、今度こそはとカメラを引っ張り出し、望遠レンズで覗いてみました。

なんと、オオタカでした!
Habicht

まだ大人になっていない、若いメスっぽいです(野鳥図鑑で調べました)。ベルリンにもいるのですね!

以前は、野鳥にはさほど興味がなかったのですが、ベルリンに来てから、あまりに色々な種類の鳥が飛んでいるので、野鳥観察が面白くなりました。とはいえ、野鳥の会(笑)に入るほどのレベルではありませんが。

首都なのに田舎臭い遊びも楽しめるのが、ベルリンの面白さでもあります。

関連記事:
・ 野鳥観察
・ 野生動物との遭遇

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの自転車の警察官

日本では警察官が自転車に乗って移動することが多いですが、ベルリンでは滅多に見かけません。

でもとうとう年末に、自転車の警察官を見かけました。

空港付近では見たことはありますが、街中では初めてです!
警察

しっかり警察(POLIZEI)ロゴの入った、自転車用のウエアがあるのですね。手錠とピストルも腰にぶら下げています。

しかし、この日は一日中氷点下。前日に雪が降って、地面も一部凍っていました。

何もこんな日に自転車で走らなくても・・・と思うような日でした。何かの罰ゲームなのでしょうかねぇ?(笑)

関連記事:
ドイツのパトカー

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

野生動物との遭遇

ベルリンは、すっかり秋模様のどよ〜んとした天気になってしまいました。

統一記念日と週末の連休は、とても良い天気でした!お陰で毎日、外に出かけることができました。

このブログでも何度か紹介していますが、ベルリンは自然が多く、野生動物と遭遇する確率が多い街です。この週末は外に出たお陰で、動物を見る機会が多かったです。いくつかは写真を撮るのにも成功しました!

リスです。かなりの近距離です。ラッキーでした!こっちを見てますね。
DSC_3168.jpg

この辺で見かけるリスは、耳が立っているのですよね。カワイイです。

空を飛ぶ猛禽類。たぶんノスリです。後で野鳥図鑑で調べました(笑)
DSC_3078_2.jpg

クマゲラのメスです。写真では見づらいですが、頭の赤い部分が小さいのがメスなのだとか。
DSC_3210_2.jpg

枝をコツコツとつついていました。キツツキ系は音を出すので見つけやすいです。

セアカモズだと思われる鳥。遠目にはスズメと大して変わらないけど、模様に特徴があります。
DSC_3154_2.jpg

ドイツ語でNeuntöterと言います。殺人犯的なすごい名前です。

こちらは、以前にブレブレの写真しか撮れなかったWildgehegeです。今回はまともなカメラを持って出掛けました。森は日中でも暗いので、難しいです。

角の立派なシカ。
DSC_2970.jpg

囲われた所にいるので、完全な野生動物ではありませんが、本当の野生だったら、この距離では写真を撮らせてもらえませんね。

DSC_2981.jpg

たまに見かける割に、写真撮影が出来ていないのがキツネです。歩道を歩いていることもあるのですが、気づいてカメラを取り出した時には手遅れというパターンを繰り返しています。

いつか、バス停にいるキツネとか、ぜひ非現実的な動物写真を撮ってみたいと思っています!

関連記事:
・ ベルリンの野生動物
・ 野鳥観察
・ 街の真ん中にいるヤギ
・ 身近にある自然
・ ベルリンを飛ぶ猛禽類

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

| Next≫

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。