スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

東西に住む双子が入れ替わる映画 『Kleinruppin Forever』

前回、予告しましたが、今度は東西の壁がある頃をテーマにした映画です!

双子のTimとRonnieは東ドイツで生まれますが養子として、Timは西ドイツのブレーメンで、Ronnieは東ドイツのKleinruppin(架空の街です)で、別々に育てられます。

Timの養父母は西側に亡命し、西ドイツのブレーメンで建築家として成功します。お金持ちの両親のもとで、Timはテニスの才能を発揮し、女の子にもモテモテの生活を送ります。

ところが、1985年に2人が19歳になった時、転機が訪れます。Timが学校の遠足で東ドイツのKleinruppinを訪れることになったのです。お互いに存在を知らなかった2人が、偶然出会ったのです。

西側に行きたかったRonnieはTimを陥れ、Timと入れ替わって遠足のバスで西側に行ってしまいます。Timは東側に残らざるを得なくなってしまったのです。

なんとか再び西側に戻ろうと手をつくすTimですが、なかなか成功しません。その間、東側の生活でいろんなことを経験していきます。



この映画、最初は安っぽいコメディなのかと思いましたが、後から深い話になっていく良い映画でした。

そう感じたのもそのはず。後から知ったのですが、最初の西側のシーンでは、テンポのあるカメラワークで西側の社会を表現し、東側では意図してゆったりさせて、東側の生活を表現していたのです。私がそういう感じを受けたのは、監督の思うつぼでした。

出演している役者さん達もすごく良かったです。特にRonnieの養父のErwinがとてもいい味を出していました。後から調べてみたら、賞をいくつもとっている俳優さんでした。テレビや映画でけっこうよく見る顔なのですが、ちゃんと認識していませんでした。

Kleinruppinは架空の街ですが、Neuruppinという街はベルリンの北西60kmぐらいのところにあります。映画の設定の場所もブランデンブルク州の大体そのあたりのようです。

ですので、東ドイツ側でのシーンでは方言もけっこう出てきます。ベルリン弁に慣れていないと、理解しにくいかもしれません。双子のTimは標準語のHochdeutschを話すけど、Ronnieはバリバリの方言なのですよ。

この映画の上映は2004年で、ベルリンの壁が崩壊してから15年後です。東側の様子もだいぶ変わったため、撮影場所探しはなかなか大変だったようです。

Kleinruppinの街中の撮影は、ベルリンの北西にあるWittenbergeでされたそうです。Wittenbergeは昔はSingerミシンの工場があるなど、とても栄えた街でしたが、失業率が高く、東西統一後の開発が遅れた街でもあります。

東西分裂時の東側の様子を色濃く残した街での撮影で、東側の雰囲気もとてもよく伝わってきます。

秘密警察のStasiが暗躍する様子や、若者向けの酒場の様子、東側で広まっていたヌーディズムのFKKの習慣など、東ドイツの生活をふんだんに再現しているので、そういう意味でも楽しめる映画です。

関連記事:
・ Die Ärzte主演のベルリン映画『Richy Guitar』
・ ベルリンが舞台のオススメ映画
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ウマ用の薬が人間向けに

先日、ぎっくり腰になった私ですが、お陰さまですっかり良くなりました!

まだ痛くてどうしようもない時はけっこう酷かったです。ちょっとした動きで激痛が走り、家からも出られず。

医者にも行ける状態ではなかったので、家の中で使える薬を探しました。

そして、引っ張り出したのがコレ。Pferdebalsamです。
Pferdebalsam

元々、義母が買って夫に渡したものですが、私は一度も使ったことがありませんでした。

Pferdebalsamという名前は直訳『ウマのバルサム』ですから、ウマの油が入っているのか、はたまた全く別物なのか、パッと見ただけでは分かりません。

ウマ』の文字にかなり怖気づきつつも、成分を見てみると、ウマの成分が入っている訳ではなく(良かった 笑)、クスノキ精油、アルニカなど、なにか効きそうなものが入っています。

藁にすがる思いで試すことにしました!しかし、これが予想外になかなか良かったのですよ!

もちろん、すぐに根本的に治癒されたわけではありませんが、痛みがかなり治まり楽になりました。ジェル状で、塗った後にベタベタしないのも良かったです。


それにしてもPferdebalsamとは何なのでしょう?なぜそんな名前なのか、後から調べてみると、なんと『ウマ用のバルサム』という意味でした!

元々このPferdebalsamは、ハーブを混ぜてウマ用に作った薬なのだそうです。

ウマ用なのですが、その昔、自分で試してみた人が居たのですね。そしたらかなり効いたので、どんどん広まったのだとか。


でもご安心を。今、薬局やドラッグストアで手に入るのは『人間用』です。

いろんなメーカーがPferdebalsamを作っていて、温めるタイプと冷やすタイプとがあります。筋肉の痛み、関節痛、腰痛などに幅広く使えるそうです。常備薬としてあると良いかもしれません。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

地面がツルツルの日も、簡易スパイクで安心

今年の冬は暖かいですが、それでも氷点下になる日が多くなってきました。

氷点下になって、雪が積もってすぐは、外を普通の靴で歩くのもそれ程危険ではありません。

ただ、その上に雨が降ると、雪の上に溜まった水が凍ってツルツルになります。一度気温がプラスになって雪が溶け、また氷点下になっても同じですね。

その上に更にまた雪が降ると、どこが滑らなくて、どこが滑るのか、パッと見ただけでは分からなくなってしまいます。

とくに日本人は凍った道を歩くのに慣れていない人が多いので、怖い思いをすることが多いのではないでしょうか?

そんな時、持っていると便利なのがコレ。靴の上から付けられるスパイクです!

スパイク

私はこの間ラクレットグリルを買ったときに、Aldiで買いました。

下はAmazon.deからの画像ですが、こんな感じで使います。



これさえあれば、地面がツルツルであろうと安心して、大股でガシガシと歩けるのです!

かさばらないですし、地面が凍りそうなときに、鞄に入れてあると安心ですね。取り外しも楽で、電車に乗るときなど、スパイクが邪魔になる時などは簡単に外せます。

Aldiではもう売っていないと思いますが、この時期、似たようなものがスポーツ用品店など、色々なところで売っています。

高くはないし、持っていると本当に安心できるモノなので、ドイツの冬にオススメですよ!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

肩こり・腰痛に良いかも!場所をとらないバランスボール代用品

最近、買ったSisselのSit Fitというクッションです。PCを使うときに、この上に座っています。

SitFit

実は、クリスマスにコレを欲しいと家族のひとりが言い出したのです。

「なぜクリスマスにこれを?!」とはじめは懐疑的だった私。でも、ネットで調べてみると、『腰痛が治った!』などとすごく良い評価だったのです。

効果はバランスボールとかなり似たようなものだと思います。座っているだけで、インナーマッスルが鍛えられ、腰痛が解消されることが多いのだとか。バランスボールとは違い、これはクッション型なので、かさ張らないし邪魔になりません。

私は腰痛はないものの、画面を見ることが多いことから、慢性肩こり持ちです。

案外良さそうなので、自分用にも買いました。今はクリスマス休暇中なので、それほどパソコンの前に座る事もないのですが、かれこれ2週間ほど使っています。

実は元々、オフィスチェアのようなものをを探していました。でも、なかなか気に入ったのがないし、良さそうなものはやたら値段が高いのです。

下は、HAG Capiscoという椅子です。周囲の評判は良いのですが、最低でも800~1000ユーロぐらいはします。



後ろ向きに座ったり、色々な格好をしても快適らしく、面白い椅子ですが、値段が高すぎて私には縁のなさそうな椅子です。

そもそも、デザインがアバンギャルド過ぎて(笑)、モダンでシンプルなオフィスだったら合うのかもしれないけど、私の作業机には全く合わなさそうな。


それでも、椅子は何とかしないといけないなーと思っていました。

上のクッションなら、30~35ユーロぐらいです。とりあえず試してみるには惜しくない値段です。

直径33cmと36cmがあるのですが、私は36cmの方を買いました。

Sisselのものがオリジナルみたいですが、他のメーカーからも同じようなものが出ています。Tchiboでも安いのがあります。穴が開いた時に一気に潰れないアンチバースト仕様でさえあれば、どこの物でも良いのかもしれません。

このクッションはゴム製なので、夏はカバーがないと蒸れるそうです。今の季節は汗をかかないので全く問題ありません。カバーは10ユーロぐらいで売っています。私もずっと使うことになったら、カバーを改めて買おうかと思っています。

空気はパンパンには入れず、ブヨブヨの状態にしておきます。そうすると、自分でインナーマッスルを使ってバランスを取ることになります。それが良いのだそうです。

それから、いきなり長時間座ると筋肉痛になるらしいので、最初は15分ぐらいでやめておき、徐々に座る時間を増やしていきます。

今は1日1時間ぐらい座っていますが、背中の筋肉がほぐれてすごく良い感じです!1ヶ月ぐらい使ったら、また使用感を報告しますね~



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

吹けると尊敬を集めるかもしれない、ハーモニカ

日本人なら、みんな学校で吹いたことがあるハーモニカ。
(最近の子供は学校で習わないそうですね)

なんとなく、吹けるのが当たり前と思っていたけれど、ドイツではそうではないらしい事を、最近知りました。

実は、また近いうちに招待されている誕生日パーティがあって、仲間内で何かみんなで演奏するか・・・という話になったのです。アマチュアオーケストラの、ファゴットとチューバの2人が私に話しかけてきました。

「私達、アコーディオンとピッコロで演奏するから、ノラは歌って!」

・・・と。2人は大きい楽器だから、たぶんパーティに持っていきたくないのでしょう。しかし、私がなぜ歌わねばならん。日本人の私に、ドイツ語歌詞でわざわざ歌わせる意図がイマイチ分からず、

「歌うのは嫌だけど、ハーモニカなら吹いてもいいよ」

と、咄嗟に答えました。そしたら、

「え?ノラはハーモニカ吹けるの?すごい!!」

とのかなり意外な反応が返ってきたのです(笑)

私の周囲では、リコーダーに対してはそれほど反応が良くないのを知っていたので、ハーモニカへのこの食い付きに驚きました。もちろん、全く違う楽器なのですけどね。

これは、ホーナーのRheingoldというハーモニカです。
ハーモニカ

夫の物です。子供のころに叔父さんから貰ったそうです。ダンボールの底から発掘しました。本人曰く、「貰ったのだけど、ほとんど吹いたことがない」そうで、それだけにすごく良い状態でした。しかも、

「へぇ〜、吸って音が出るんだ?!」

と、これまたビックリの反応が(笑)。子供にハーモニカをプレゼントするなら、周りの大人が簡単なメロディーの吹き方ぐらい教えてあげなきゃ、モノにならないのは当たり前。良いハーモニカなのに、これでは猫に小判だし・・・。

このハーモニカ、試しに吹いてみると、澄んだ心地良い音がします。

ただ、これはC-Durのトレモロハーモニカなので、半音階が吹けません。それでは残念ながら、たぶんパーティでは使えません。しかも、音の並びが特殊で、高音域は配列が入れ替わっているので、慣れるまで時間がかかりそうです。

ところで、ハーモニカはドイツ発の発明品なのだそうですね。

諸説あるけれど、1821年にベルリンで、当時16歳のオルガン職人の息子が発明したという説が有力なのだそうです。この人は、アコーディオンの発明者でもあるそうで。

ハーモニカもアコーディオンも、意外に歴史が浅いのですね。そして、ハーモニカはドイツ発の楽器なのに、吹ける人が極端に少ないというのも驚きです。どうなっているのか、ドイツの音楽教育。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

| Next≫

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。