ドイツ製のエコ塗料

ドイツは自然塗料の種類もたくさんありますが、普通のホームセンター(Baumarkt)で手に入るものは、大体が化学塗料です。化学塗料はシックハウスの原因にもなるので、出来れば避けたいです。自然塗料は、専門の店に行かないと手に入らないことも多いです。ドイツ製なら、以下のメーカーの物なら安心です。

Auro(アウロ)社
自然塗料メーカーのパイオニアです。化学者のフィッシャー氏が設立した企業です。化学的な知識を元に自然原料から塗料を作っています。石油からつくられた有機合成物質は、いっさい使わない方針です。原材料は、植物の精油、根、花、ヤニ、牛乳カゼイン、ハチミツ、ケイ酸土、ホウ砂など、自然から取れるものばかりです。



Osmo Color(オスモカラー)
日本でも名前がよく知られているのではないでしょうか。ドイツでも手に入りやすいです。



Kreidezeit(クライデツァイト)社
青空市場で、ドイツでの伝統的な製法の塗料を紹介したのが始まりらしいです。漆喰材とか良さそうです。写真がないのですが、ごめんなさい!

日本では、下のお店で手に入るみたいです。
・ プラネット・ジャパン


ワックスやオイルは、半年に1回ぐらい塗り直す必要があるのですが、素人でも簡単にできます。あっという間に終わりますよ!私は、自然塗料は木が暖かいと感じられるのが好きです。

実は日本にも良い物がありますよね。伝統的には、柿渋や木蝋、漆などが使われていました。木を糠で磨くのも、木に油分を与えます。

シックハウスについて調べていて、一番分かりやすかったのが下の本です。勉強になりました!

シックハウスの原因は、本当はまだ解明されていないのに、一部の物質のみが規制されているそうです。ビニールクロスなどの接着剤に使われている材料が危険だそうです。一方、規制されている材料のうち、ホルムアルデヒドは必ずしも悪役ではないのでは、というのが著者の意見でした。この著者は、自然素材のみを使った家づくりをしているそうです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツ製キーボード

今日は「イマドキの海外生活」の続きを書こうとしたのですが、思ったより大変そうなので、脱線してドイツ製のパソコン用キーボードの紹介をします。

Cherryというメーカーのキーボードです。ドイツでキーボードを買うならお薦めのメーカーです。この会社は、元々はアメリカの会社だったようですが、1979年からドイツに本社を移しています。

Cherryキーボード

余計な機能が付いていなくて、配置がシンプルです。キーボードの打ち心地もとても良いです。私は写真のドイツ語配列のキーボードを使っていますが(ブラインドタッチなのでどちらでも良いのです)、英語配列のキーボードも売っています。ドイツ語キーボードの配列については、過去記事「ドイツ語キーボード」に少し書いてあります。

ドイツでは、ロジテックやマイクロソフトなどのキーボードも売っていますが、キーボードの質はこのCherryが一番だと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

モレスキンCity Notebookでベルリンを旅する

「アイテム」ネタをしばらく書いていませんでした。でも今日は、ドイツ製品のアイテム紹介ではありません。

モレスキン City Notebook」シリーズのベルリン版です。ベルリンの他にもドイツでは、ハンブルク・フランクフルト・ミュンヘンがあります。東京や京都もありますよ。



この手帳には、ベルリンの中心部の地図は入っていますが、ガイドブックではなく、あくまで手帳です。飲食店や博物館、ホテル、その他自分が受けた街の様々な印象を、この手帳に書き込めます。自分だけのオリジナルの旅行の記録をするためのものです。デザインがモレスキンらしく洗練されていて、素敵です。

私の場合は、もう定住かというぐらい長く住んでいるので、意味があまりないのかもしれませんが、それでも記録として残しておきたいと思って手に入れました。私が中に何を書いているかは、また別の機会に紹介しますね。

この手帳は、1ヵ月以上の滞在をするような人、出張などで何度もベルリンに来る予定がある人には特にお薦めです。旅の思い出というだけでなく、例えば「前回行った美味しいレストラン」をすぐに調べることもできて、便利だと思います。

関連記事:
・ パタパタ地図
・ しわくちゃにできる地図
・ 自転車専用のルート検索

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Knipexのプライヤー

ドイツの工具は評判が良いですね。デザインは武骨だけど、質は最高で、使い勝手が良く、1度買ったら一生使えるというイメージ。それでいて、適度な重さがあって、ガシッとしていて、メカニカルで、使用時の感触がマニアにはたまらない・・・という感じかな。

そのイメージそのままの工具が、このKnipexのプライヤーです。

Knipexプライヤー

Knipexというメーカはペンチ・ニッパー・プライヤー専門メーカです。プライヤーだけでもラインナップがすごいです。目的に応じて各種揃っています。写真のプライヤーは、正式にはウォーターポンププライヤー(ドイツ語:Wasserpumpenzange)といいます。水道管やガス管の整備などに使うのでこの名前がついていますが、もちろん他の目的にも使えますよ。

使用時の感触には、他メーカのプライヤーでは味わえない良さがあります。それがたまらないのです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

事務カレンダー

もうすぐ12月ですね。日本でもそうですが、この時期になると色々な種類のカレンダーが売られます。本当にたくさんあって、よりどりみどりです。

でも今回は、そのカレンダーの中でも一番地味な事務用のカレンダーがテーマです。職場や商店などで一番見かけるのが、写真左上のタイプのカレンダー。味も素っ気もありませんが、かなり実用的です。

事務カレンダー


普通は白い部分がその月のカレンダーなので、前と後ろの月を合わせて3ヶ月分が1度に見ることができます。そして、その日の日付に赤い印をつけることができます。写真だとよく見えませんが、透明プラスチックのレールが横向きに渡してあって、赤い印をスライドさせられます。4か月分(写真右下)のものもあります。

一番左の数字は1年のうち第何週かを示しています。ドイツ語でKalenderwoche (KW)と言って、何かとよく使います。

このカレンダーは実用一辺倒のデザインで、ものすごくドイツっぽいなーと私は思うのですが、いかがでしょう?もしかすると、最近は日本でもこのタイプのカレンダーを売っているのかもしれませんね。

関連記事:
・ Handwerker用の手帳

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

≪Prev | | Next≫

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本