スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

電気コンロの掃除

ドイツではガスコンロではなく、電気コンロ・電磁調理器が入っているアパートが多いです。ガスコンロが良いと思っている人は多いと思うのですが、掃除のしやすさが理由なのでしょうか?そういう我が家も電気コンロです。下の写真の黒いタイプの物です。

今日はこのコンロの掃除の話です。日本ではあまり普及していないせいか、インターネットでも掃除方法なかなか見つからないのです。結局ドイツ語で書いてあるページを見つけました。ちなみに表面がフラットでツルツルの電磁調理器は別の掃除方法です。

Puzzi

まず、表面に付いた油汚れは、洗剤とスポンジで普通に落とします。研磨剤が入っている洗剤は、ステンレス部には使わない方が良いでしょう。この時、パッキン部が痛んでいると、水がコンロの下に入り込んで大変な事になるみたいです。よほど古いコンロでなければ、普通は大丈夫でしょう。

それから、コンロを短時間点けて水分を飛ばします。10秒ぐらいで大丈夫だと思います。水分が残ったままだと、黒いコンロ部分が錆びることがあります。

最後に、サビの発生を防ぐために油を塗ります。油は食用油でも良いそうですが、ワセリンが一番良いらしいです。ワセリンは薬局で手に入ります。他には、ドラッグストアに上の写真のような物が売っています。これはElektro Puzziという商品です。これを塗っても良いそうです。

このElektro Puzziを試しに買って使ってみました。使い方は、コレを塗ってから柔らかい布で磨くだけです。中身のワックスが黒いので、見た目は黒く輝きとても綺麗になります。ただ、最初にコンロを点けた時にある程度の温度になると、怪しげな煙が出ます。なんとなく体に悪そうな気がするのですが・・・。

それでも、引越しの時など綺麗する必要がある時には良いかもしれません。
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。