スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Ortliebの自転車用バック

今、ベルリンはとても暑いです。土曜日は38℃までいったのだとか。今日も最高気温32℃の予報

クーラーがほとんど無いドイツでは、この気温は本当に酷です。家の断熱が良いので、とにかく日中は日光と暖気が入らないように窓とカーテンを閉め切り、夜に気温が下がったら換気をするのが良いのだそうです。

ところで、今、とても欲しいモノがあります。Ortliebの自転車用のサイドバックです。後ろの荷台にワンタッチで取り付け&取り外しできます。ドイツではかなりよく見かけるバックです。


今までも欲しいとは思っていたのですが、猛暑になってから、もっと欲しくなってしまいました。いつも移動は自転車で、リュックサックを背負いながら走っているのですが、とにかく背中が暑いのです。しかも大きくないので運べる量も限られていて不便です。このバックは値段は高いのですがしっかりしていて、1度買ったら何十年も使えそうです。

このOrtliebはドイツのメーカーで、アウトドア好きにはたまらない製品を出しています。メッセンジャーバックなど、日本でも見たことがある人が多いかもしれません。様々なバックを出していますが、完全防水がウリです。本当に徹底的に防水仕様です。

アウトドアに出る時、運ぶ物は全てビニール袋に入れてからリュックサックに入れるのが常識です。普通のリュックサックでは、雨が降った時に中の物が濡れてしまうことが多々あるからです。でも、ここまでカンペキに防水されているのなら、その必要も無さそうですよね。

関連記事:
・ ERGONの自転車用グリップ
・ ドイツで自転車の盗難対策
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブブゼラ・コンサート

サッカー・ワールドカップは日本は残念ながら敗退してしまいましたが、ドイツは強豪アルゼンチン相手に4対0で勝ったこともあって、大盛り上がり!土曜日のベルリンはお祭り騒ぎでした。

ひょんなところで見つけた下の動画、ベルリンのコンツェルトハウスの演奏家がブブゼラ吹いています。

あの優雅なコンツェルトハウスの中で、燕尾服でドイツ国旗色のブブゼラ。笑えます。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

モアビット地区の丘

西ベルリンでは、1979年から交通規制道路の指定を始めています。ベルリンのモアビット地区は、1980年に交通緩和(Verkehrsberuigung)のモデル地区となりました。

そこで道路に作られたのがコレ↓。車が速く走れないように、段差がつけられています。

モアビットの丘1

公式の通称ははベルリンのクッション(Berliner Kissen)と言うらしいですが、一般的な俗称はモアビットの丘(Moabiter Hügel)です。モアビット地区には起伏はほとんどなく、かなり皮肉が込められている気がしますが、うまいネーミングです。ドイツ人が付けるあだ名は意外に笑えるものが多いです。

そうは言っても、費用がそれほどかからず、都市環境の改善のために効果的な方法です。このプロジェクトにより、植え込みが多く作られて植樹もされたので、緑が増えたという意味でも効果があったようです。

このモアビットの丘の大きさは、高さ5~7cm、幅2m、長さ3mです。両脇の植え込みによって、道路の道幅は約4mに狭められています。自動車は片方のタイヤが必ず段差上を走るようになり、自転車は脇を避けて走れます。交差点付近では、こんな感じで約10mの間隔で2つ設置されていることが多いです。

モアビットの丘2

実際、車で走ってみると、そもそも石畳でスピードを出すのは無理だし、この段差は更にストレスです。結局、時速20km以下で走らざるを得なくなります。効果絶大です。

でも、自転車で石畳を走るのはもっと苦痛で、本当はいけないのですが、歩道を走っている人が多いです・・・。全てを満足するシステムを作るのは、なかなか難しいですよね。

関連記事:
・ 石畳の街と環境
・ ドイツにもある、ビックリな税金の無駄遣い

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。