スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

増殖するカジノ

最近、ベルリンでカジノゲームの店が増えています。AutomatencasinoとかSpielhalleという名前のものです。

どう考えても負ける確率の方が高いのに、そんなに行く人が居るのでしょうか?どうやって儲けを出しているのか、それとも資金洗浄のために使われているのか、ナゾです。

そして、この写真。ATMがカジノの店先に設置されています。かなり怪しいです…。カードのデータとか盗まれそうな感じ。

Spielhalle

間違っても、こういう所でお金をおろさないようにしましょうね。

ちなみに、この手のお店は窓ガラスがすべて塞がれて、外から店の中が覗けないようになっています。これは、法律で決められているのだそうです。青少年への影響を考えてなのでしょうが、本当の理由はよく知りません。かえって犯罪が起こりそうな気がするのですが…。

スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

石畳の街と環境

ヨーロッパでよく見かける石畳の街並みです。石畳は、環境にはとても優しいものだと思います。

Freiburg

下の写真は、石畳を敷く工事中のものです。四角いタイル状の石は、歩道でよく見るタイプのものです。小さい石は、模様の間を埋めるためによく使われています。

石畳

石畳の敷き方は非常にシンプルです。

まず、数センチの深さに砂を敷いて、その上に石を並べていきます。砂の下の層は砕石の混じった土です。それから、ゴムハンマーで石を叩いて、高さと位置を調整します。最後に、並べた石と石との間に、水とブラシで砂を流し入れます。ただそれだけです。これで、60年は保つのだそうです。

ここで使用するのが、「砂」であるというのがポイントで、「土」だと上手くいかないそうです。生分解する物質が混じっているとダメだということですね。

石畳は砂で固めてあるだけなので、電気や水道・ガスなどの配管工事をするときは、あっと言う間に剥がせます。工事が終わったら、剥がした石は同じ場所で再利用できます。アスファルトの道路だったら、剥がしたアスファルトは処分しないといけませんよね。

あとは、目地が砂なので雨が地面に流れこみます。環境的視点では、これはけっこう大事なポイントです。

日本では、石畳やレンガを地面に敷くとき、目地を水を通さないもので埋めることが多いと思います。これでは、雨水は地面に流れません。特に東京などの大都市では、ほとんどの地面がアスファルトとコンクリートで覆われています。雨水が地面に吸収される事なく、下水管に流れるようになってしまいました。

地下水位が下がると、樹木に水が行き渡らなくなり、気温上昇、乾燥化などの気候変化が現れます。雨水が地面に浸み込まないことは、ヒートアイランド現象の一因となっているわけです。それから、大雨が降ったときは、雨水は一気に河川に流れ込むようになり、川が氾濫する可能性が高くなります。その一方で、普段、水がほとんど流れない河川も多くなったそうですね。

地下水のことも考えた街づくりも大事だと思います。

関連記事:
・ モアビット地区の丘
・ 井戸


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

新しい資源ゴミ回収

最近、資源ゴミ用の新しい回収ボックス(Wertstofftonne)が導入されました。ドイツ国内で徐々に設置されていくはずなので、もう目にした方も多いと思います。

Wertstofftonne

これは元々、EU(欧州連合)のゴミ処理に関する指令(Directive on waste)を受けたものです。ドイツでは、この指令を受けて、3月30日に循環経済法(KrWG: Kreislaufwirtschaftsgesetz)の改正が決定されました。

ちなみに、EU内ではこのようにEUレベルで様々な指令が施行されます。EU加盟国は、この指令を元に各国の法律を制定する義務があります。法律は、EUの指令の基準より厳しくすることはできますが、緩くすることはできません。日本では、WEEEやRoHS指令などが、EUへの電化製品の輸出に影響をすることから注目を集めました。

小難しい話になってしまいましたが、結局のところ、アパート毎に1つずつ、一軒家の多い地域では近所に、資源ゴミ回収ボックスが設置されるということです。わざわざ特別な回収場所に行かなくても、資源ゴミを分別して捨てられるようになります。

今までも、プラスチック容器やガラス瓶などは、分別して捨てられるようになっていましたが、今回は種類がさらに増えます。ベルリン清掃局(BSR)が、分かりやすいチラシを郵便受けに入れてくれていました。

資源ゴミの種類

ゴミの種類のロゴがいい味出してます(笑)。

Pikto_spielzeugente_70_breit.jpg


これによると、この中に入れて良い物は、
  ・小型の電化製品
  ・おもちゃ
  ・金属
  ・CDやカセットなどのメディア
  ・プラスチック
  ・古布
  ・古い木材

入れてはいけない物は、
  ・容器・包装(黄色いボックスで回収される)
  ・省エネランプ
  ・乾電池
だそうです。

省エネランプが除外されているのは、たぶん、他のゴミと一緒くたになって割れると、中の水銀が漏れる恐れがあるからではないかと思います。乾電池の回収は法律上、メーカーがコストを担うことになっており、スーパーや電気屋などで回収できるシステムが既に出来ています。

チラシの裏面には、何色のボックスにどのゴミを入れるかの一覧が書かれています。

ゴミの分別一覧

この分別は、けっこうよく考えられているのですが、おそらく一般市民には難し過ぎるのではないでしょうか。黄色いボックスには、濡れていたり、汚れている可能性のある容器(洗剤の容器・空き缶・食品のパッケージなど)が入ります。資源ゴミ用のオレンジのボックスには、乾燥している物が入ります。

資源ゴミが不必要に濡れて、リサイクルが難しくならないための配慮なのですが、リサイクルに興味のない人には複雑すぎです。試しに、アパートの資源ゴミボックスに何が入っているか覗いてみましたが、洗剤の容器などが入っていて、めちゃくちゃでしたよ…。

あとは、ベルリン特有なのかもしれませんが、ゴミ箱を開けて中のゴミを集めてまわっている人がいます。ルーマニア人が多いと思われるのですが、まだ使用できるゴミ(靴や電化製品)を集めて、売ったり自分で使ったりしているのだと思います。彼らにとっては、この資源ゴミボックスは宝の箱みたいなものですよね。そんな状況で、ゴミ収集会社にとって、最終的に資源回収が経済的に成り立つのかというのも注目です。

関連記事:
・ 道端のゴミ箱
・ ゴミの回収


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

イマドキの海外生活2 スマートフォン利用

イマドキの海外生活」の続きです。

まずスマートフォン導入に当たって、どれぐらいお金がかかるのかが気になるところですね。

でも、それ程心配することはありません。スマートフォンのランニングコストは、ドイツでは日本よりもずっと安いです。通信サービス会社がたくさんあり、価格競争が激しいのが理由だと思います。だから、数ヶ月以上ドイツに住む予定であれば、ドイツの通信サービスを利用することをお勧めします。

スマートフォン本体は、通信サービスとは別に、単体で買った方が最終的に安くなります。通信サービスに組み込まれた契約だと、月々の基本料が高くなる上、契約期間の拘束があります(例えば24ヶ月間など)。それから、プリペイド式のサービスがお薦めです。結果的に、割安になると思います。

通信サービス会社は、T-MobileVodafoneO2E-Plusなどの大手は避けた方が良いです。ネームバリューがあるので、ついつい選びがちですが、最終的にかかる金額は2倍から3倍ぐらいになってしまいます。

安い通信サービスも、結局は大手の回線を借りているので、電波の届く範囲や回線スピードなどの接続環境は大手と同じです。オススメの回線サービスは、電話とデータ通信の月々の使用量によって大きく変わってきます。

家や職場にインターネット環境や電話があって、携帯電話をそれ程使わないのであれば、現在はblau.deが圧倒的に安いです。blau.deはE-Plus系で、データ通信のスピードが遅いのが若干ネックですが、SMS送信と1分あたりの通話が9ct、データ通信が24 Cent/MBです 。100MBまでの通信が月々3.90 Euroのコースがあって、普通に使っていれば100MBを越えることはないと思うので、通信料はかなり安く押さえられます。

以下に、安い携帯通信会社のリンクを並べておきます。他にも通信会社は沢山ありますが、今回はスマートフォンを使うことを想定して、携帯電話とデータ通信の両方が安い会社を集めてみました(順不同)。括弧内は使用している回線です。一覧の表にすることも試みたのですが、料金コースの内容があまりに複雑なので諦めました…ゴメンナサイ。 これらの安い通信会社では、大体、通話料が8~15ct/分ぐらい、通信料が19~24ct/MBぐらいが標準です。ぜひ比較してみてくださいね。

・ freenetmobile (O2)
・ discoplus (O2)
・ Expressmobil (E-Plus)
・ Aldi (E-Plus)
・ hellomobil (O2)
・ maxxim (O2)
・ simply (O2)
・ Weltbild (O2)
・ Alice (O2)

ちなみにサービスはどこもそれ程期待は出来ないと思いますが、大手でもそれ程良いわけではないと思います。(ドイツのサービスはやっぱりね…) 私自身はsimplyを使っていますが、何年か前に使い始めて、今でも惰性で使っているだけです。

スマートフォン本体の価格は随分下がってきました。AndroidならVer2.1以降なら、ドイツで買っても簡単に日本語メニューに変更できます(フォントがビミョーに中国っぽいですが)。iPhoneなら全く問題なく、日本語メニューに変更できます。

今はドイツではSamsungが人気です。私は個人的趣味でソニー・エリクソンのAndroid搭載機を買いました。スマートフォンはどんどん新しい機種が出てくるので、あえて紹介はしませんが、検索すれば機種を比較しているサイトなどが見つかると思います。


今日はこんなところです。文字ばかりの記事になってしまいました。次は、ドイツ生活で必須アイテムの「ドイツ語辞書」について書こうかと思っています。

関連記事:
・ ドイツ生活を快適にするAndroidアプリ5個
・ ガソリンの値段をネットで比較
・ 日本の固定電話にかける方法いろいろ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツ製キーボード

今日は「イマドキの海外生活」の続きを書こうとしたのですが、思ったより大変そうなので、脱線してドイツ製のパソコン用キーボードの紹介をします。

Cherryというメーカーのキーボードです。ドイツでキーボードを買うならお薦めのメーカーです。この会社は、元々はアメリカの会社だったようですが、1979年からドイツに本社を移しています。

Cherryキーボード

余計な機能が付いていなくて、配置がシンプルです。キーボードの打ち心地もとても良いです。私は写真のドイツ語配列のキーボードを使っていますが(ブラインドタッチなのでどちらでも良いのです)、英語配列のキーボードも売っています。ドイツ語キーボードの配列については、過去記事「ドイツ語キーボード」に少し書いてあります。

ドイツでは、ロジテックやマイクロソフトなどのキーボードも売っていますが、キーボードの質はこのCherryが一番だと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

イマドキの海外生活

世の中、本当に便利になりました。年寄りじみた発言かもしれませんが、最近つくづくそう思います。

IT技術(情報通信技術)の発展は目ざましく、ドイツのような日本から随分遠い国でも、日本語の情報を気楽に入手・発信できるようになりました。日本への電話はSkypeで安く、ニュースはインターネットでチェック、ブログで気楽に情報発信、分からないことがあったら、すぐにインターネットで日本語で検索…という具合です。

そして、最近出てきたスマートフォンは情報通信の世界をさらにガラッと変えたと、私は思っています。

写真素材 PIXTA
(c) QUALIA studio写真素材 PIXTA


例えば、海外生活は外国語が必須ですよね。10年ぐらい前までは、誰もが重~い紙の辞書をトランクに詰めて渡航しました。

それが電子辞書が出てきて、紙の辞書を持ち歩かなくてもよくなりました。しかも電子辞書には、外国語辞書だけではなく、ありとあらゆる辞書・辞典が入っています。紙にして何kg分もの情報が、手のひらに乗る電子辞書に収まっているわけです。これだけでもかなり革新的ですが、さらにWeb上のオンライン辞書も良いものが出てきて、インターネット環境さえあれば、タダで単語を調べられるようになりました。

そしてスマートフォンは、電話する以外にもインターネットに接続したり、様々なアプリを入れることができます。辞書のアプリもあるので、自分の好きな辞書を入れて持ち歩くこともできます。スマートフォン1台で、何役もこなすことができるようになりました。


インターネット以前の、情報通信関連の海外生活アイテムは次のような感じでした。
必要な資料(紙ベース)固定電話とFAX(もしくは公衆電話利用)辞書
   ↓
それが、インターネット以降の装備はこうなりました。
ノートパソコン固定電話(and/or 携帯電話)電子辞書
   ↓
そして今や、、、
スマートフォンだけ!

もちろん、仕事などではパソコンは不可欠でしょう。それでも、ある程度までならスマートフォン1つで実現できてしまいます。すごい技術革新です!

せっかくこんなに便利な技術があるのですから、使わない手はありません。これから、少しずつ「IT時代のドイツ生活」について紹介をしていきたいと思っています。スマートフォンの話題だけでなく、携帯電話やインターネット使用の料金体系や、知っていると便利なインターネット・サイトなど、知っておくとドイツ生活で得しそうなIT関連情報を紹介する予定です。

→「イマドキの海外生活2」へ

関連記事:
・ イマドキの海外生活2 スマートフォン利用
・ イマドキの海外生活3 本を注文する
・ ドイツ生活を快適にするAndroidアプリ5個
・ 新しい観光の楽しみ方 - Geocaching

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。