スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ペーパークラフトの時計

最近、思わず購入したモノです。ペーパークラフトの時計です。ちゃんと動くらしいです。

Paper Clock

本の中は厚紙になっていて、パーツが印刷されています。作るのには時間がかなりかかりそうだし、仕上がりのサイズもけっこうな物です。周囲には「作るのやめておいた方がいいのでは?」「本のまま保存しておいたら?」などと言われていますが、私はいつか絶対作ってみたいと思っています(笑)



関連記事:
・ 冬時間と大人の科学
・ 小さい紙箱の製作プログラム
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの環境情報

ドイツの環境関連情報を探している人は多いと思います。だいぶ古い本となってしまいましたが、下の本は様々な分野の事例が多く紹介されていて、参考になると思います。この本の著者の今泉みね子さんは、他にもドイツの環境政策や活動について本を出していますから、そちらも見ると良いでしょう。



上の2つの本は、ある意味、私がドイツに来るキッカケにもなった本です。当時、環境関係の本をたくさん読み、またあらゆる種類の環境問題が身近なところで目について、環境改善の仕事がしたいと思ったのが、私がドイツに来た理由です。ある程度ドイツで勉強して経験を積んだら、日本に帰るつもりでした。それがナゼか何年もドイツに居座ることになり、更にここに居続けそうになっています。人生計画も何もあったものではありません・・・。

実際にドイツに来たことを振り返ってみると、ドイツの環境対策について事例ややり方を勉強するだけなら、ドイツに来る必要もなかったかなと思います(笑)。何と言っても言葉の壁は大きいので、よほど専門分野で具体的に知りたいことがある場合以外は、情報収集も大変です。生活自体、勝手が違うので苦労なしでは済まないですしね。私もようやくここ2~3年になって、ドイツ語にもそれ程敷居を感じなくなりました。

そうは言っても、私自身は環境への取り組みだけでなく、ドイツの仕事の進め方や文化なども含めて肌で感じられたので、良かったとは思っています。実際に住んでみて、人が住みやすく景観も良いのは、間違いなくドイツの街だなと思っています。環境問題への取り組み方も自然です。でも、一般市民の環境意識は高くはないです。日本の方が環境意識は高いと思います。サービスも製品の作りの細やかさも日本が上です。ドイツにも、環境への負担をかけているウソみたいな活動もあります。これも所詮は人間の活動なので、善悪問わず様々な動きがあるのは、考えてみれば当然ですね。

日本からみると、ドイツは環境大国で素晴しい対策をしているように見えます。でも結局は「隣の芝生は青い」もので、ドイツはドイツで、日本を始めアジアのテクノロジーを羨ましいと思っています。環境技術分野でも、日本に新しい物があれば自国にも取り入れようとします。そういうところが面白いと感じています。

関連記事:
・ エコライフ―ドイツと日本どう違う
・ カーシェアリング プロジェクト
・ 新しい資源ゴミ回収

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

地下探検ツアー2 ガスタンク&防空壕跡

また地下探検ツアーの報告です!今回は、クロイツベルク(Kreuzberg)にある元ガスタンク(Gasometer)および防空壕の跡です。ただ、ツアーのほとんどが地上部だったので「地下探検」とは言えないかもしれません。前記事で紹介したサイトのTour Fというのがこのツアーです。比較的、最近にできたツアーです。

これがその建物です。元々は1883/1884年にガスタンクとして建てられたものです。それまでベルリンの街にはガス灯がなく、イギリスから技術を輸入して、ガス灯のためのガスを供給するガスタンクを作りました。そういう訳で、建物自体もイギリス風のものになっています。この中にテレスコープ式のガスタンクがありました。ガスタンクとしては、1937年まで使われていたそうです。

ちなみに、ガス灯はベルリンには今でも残っています。詳しくは過去記事をどうぞ。

Gasometer

その後、戦時中の1940/1941年にこの中に防空壕が作られました。この時に、窓が全て塞がれ、前面のコンクリート部分が作られました。この防空壕は、かなり高級な部類に入るそうです。空調システムやトイレやキッチンなども整い、救急施設も中にありました。当時、同盟国であった日本やイタリアからの使節には、この防空壕を案内したそうです。もちろん、ここまで整った防空壕は全体の5%程度で、残りの95%はひどい設備だったのだそうです。

戦後はここは刑務所として使われたり、家を失った人のための仮の宿として使われたりしたそうです。中の部屋は防空壕だけに窓が無いのが難点ですが、それ程悪くはなさそうでした。

1970年代から1988年までの間は、ここは市によって、食料品・医療品などの、ありとあらゆる生活必需品を保管する倉庫として使われていました。自転車などもありましたよ。冷戦時代は、西ベルリンは東ドイツの真ん中にある陸の孤島でしたから、緊急事態のための備蓄は必要だったようです。

今では、この防空壕の上には、なんと高級マンションが建てられています!防空壕はかなり厚い壁に覆われていて、中も細かく仕切られているので、使い道は見つからないそうです。このように歴史を語る施設として、探検ツアーをするのが一番なのでしょうね。

他にもこの防空壕の中には、今でも動く発電機、エレベーター、空調システムなどがあります。技術フリークにとってもかなり楽しいツアーですよ!

関連記事:
・ ガス灯の灯り
・ ベルリンの地下探検ツアー
・ Die Ärzte主演のベルリン映画『Richy Guitar』

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

旧暦は古臭いもの?

私たちは現在、1月1日から始まり12月31日で終わるカレンダーを当然のように使っています。このカレンダーはグレゴリオ暦と呼ばれる太陽暦で、日本では明治の始めから使われています。それまでは、太陰太陽暦である天保暦が使われていました。旧暦とは、この天保暦の事を指します。

旧暦では日は月の運行によって決めらます。月の初日の1日は必ず新月で、15日が満月になります。ひと月の長さは次の新月が来るまでの、29日もしくは30日となります。12ヶ月経った時に、1年の長さが365日に満たないため、約3年に1回、閏月を入れることにより調整をします。

太陽の運行とはずれるので、夏至や冬至などは毎年違う日付になります。また、閏月を入れる部分が複雑です。そういう訳で旧暦は合理的でないと考えられていますが、旧暦を使うと天候予測がしやすくなるのだそうです。また、月齢によって、自然や人に与える影響があるのだとか。だから農業や漁業など自然を相手にする仕事では、旧暦を使うと便利なのだそうです。そんな話がこの「旧暦と暮らす」という本に書かれています。


私自身は、旧暦を意識して生活したことはないので、書いたことがどこまで本当なのかは判断できませんが、ある程度、納得のできる部分がありました。いずれ旧暦カレンダーも試してみたいと思っています。とは言っても、ドイツにいるのに、日本の旧暦を使うことに意味があるかは分かりませんが…。

でも実は、「月齢を見ながら自然と付き合うべきだ」という言い伝えは、ヨーロッパにもあります。例えば、オーストリアの樵には、「木は冬の新月の日に伐採するべき」という言い伝えがあります。新月に伐採した木は虫食いが少なく、暴れることもなく、長持ちするのだそうです。下の本に詳しく書いてあります。木工好きの人には特にオススメできる本です。


このような話をどう受け止めるかは人それぞれでしょうが、全て迷信と切り捨ててしまうのは、私はもったいないと思っています。何が「先人の知恵」で何が「迷信」なのか、判断は難しいかもしれませんが、昔の人の言うことに聞く耳を持つことも大事だろうなと思います。

関連記事:
・ 古いものを残す
・ 冬時間と大人の科学
・ ヨーロッパでの月齢に基づいた生活

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ベルリンの地下探検ツアー

以前の記事で触れたこともあるのですが、私は地下探検ツアーが好きです。他の街を訪れても、この手のツアーがある場合には見に行きます。

ベルリンでは、Berliner Unterwelten e.V.という団体が、地下探検ツアーを行っています。このホームページのFührungenというところにツアーの詳細が書いてあります。

地下探検ツアーが初めての人にオススメなのはTour 1~3です。地下探検の基本ツアーで、どれもS+U Gesundbrunnen駅周辺で約90分のツアーです。Tour 1と3では地下鉄のGesundbrunnen駅の脇にある隠された防空壕跡(片方は今でも防空壕として使えるようにしてある)を見ることができます。

Tour 2は元々は対空高射砲を備えていた要塞の跡です。今は木の生い茂る公園となっているHumboldthain公園ですが、丘の下には要塞が埋まっています。上から見ると建物が地面に埋まっているのが分かります。あまりに丈夫で壊せなかったので、土で埋めてしまったのだそうです。ここはコウモリの冬篭りの場となっているので夏場しかツアーはありませんが、面白いですよ!同じ場所でTour Eというもっと深くに入り込むものもあるのですが、こちらは登山靴・ランプ他の装備が必須のかなり激しいものです。危険なのでドイツ語能力も必須とされています。ちゃんとした登山経験のない人はやめておいた方が良さそうです。


大きな地図で見る

他にオススメなのはTour Dです。これは、Moritzplatz付近にある幻の地下鉄を巡る、少し長めのツアーです。建設されたけれど、一度も使用されなかった地下鉄の駅を見ることができます。この地下鉄跡には一部、防空壕も作られました。私がツアーに参加したときは、水浸しの防空壕を長靴を履いて見てまわることができたのですが、今はこの防空壕の部分は省略しているそうです。この部分もかなり面白かったので残念です。水深が深くなってしまったのでしょうかねぇ?

このツアーでは写真を撮ってきたので、その中からいくつか紹介します。

幻の地下鉄への入り口。知らなければ通りすぎてしまう道の脇にあります。
PA100434.jpg

幻の駅跡です。その後、変電所として使われたので壁があります。
PA100420.jpg

PA100421.jpg

すぐ近くにある、防空壕への入り口です。上と同じ駅を利用して防空壕を作ったのだそうですが、厚い壁に阻まれているので地下を通っては行けません。こちらは梯子を降りていきます。

PA100436.jpg

下に降りると中は水浸しです。ですから、長靴を履かされます。
dscf2909.jpg

歩いて行くときはこんな感じ。まさに「探検」という感じでワクワクします♪
dscf2900.jpg

こんな風にベルリンでは、普段生活しているときには知らずに通り過ぎてしまっている所の地下に、イロイロなものが隠されています。地下探検ツアーでは、そういう場所を見学できるのと同時に歴史も学べます。それがとても楽しいですよ!

関連記事:
・ ベルリンの地下鉄2
・ ユネスコ世界遺産の鉱山
・ 地下探検ツアー2 ガスタンク&防空壕跡
・ サナトリウム跡の廃墟をめぐる遊歩道

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブラインドの修理の仕方

今日はブラインド(Jalousie)の修理の仕方を紹介します!

別にドイツでなくても…という情報ですが、ブラインドを自分で修理できることを知らない人が多いと思います。修理したという話を友人にしたときには、「ブラインドって修理できるの?!」と驚かれたこともあります。

写真の右のブラインドの様になった場合の修理方法です。紐を引いても滑って止まらず、完全に上まで上がらなくなっています。これは、使っているうちに上げ下げする紐が擦り切れたのが原因です。大抵、紐の表面が擦り切れて、芯になっている部分がむき出しになっています。

壊れたブラインド

このブラインドは私の好みではないのですが、前の住人が窓の大きさに合わせてオーダーメイドした物の様です。ピッタリの寸法で作ったものは値段も高いので、手間は若干かかるけれど直す価値はあります。

まだ紐の長さがあるうちは、擦り切れている部分を除くように紐を切り詰めます。かなり適当な図ですが、下の図の赤い部分を切って、黒い部分の先端がブラインドの下部まで来るように通します。

ブラインドの図

この時、紐の傷みがひどくなければ、紐を切る前に赤い紐を引っ張ることで、黒い部分の先端がブラインドの下まで来るように調整できます。でも大抵は引っ掛かって引っ張れません。ですので、この場合は先に紐を切ってから紐を通し直すようにします。ただしこの場合は、紐を切る前に紐がどこを通っているかチェックすることは大事ですよ!通す場所が分からなくなったら大変です。

切り詰めをして紐の長さが足りなくなったときは、新しい紐に交換します。ホームセンターではブラインド向きの細い紐は売っていないかもしれません。私はブラインド専門店のJalouCityで、紐だけ買ってきましたよ!この時、必要な長さを十分に考えてから購入することは大事です。

これは買ってきたままの状態です。元々ついていたのは白い紐でしたが、汚れが目立つのでグレーにしました。長さを指定したら、紐をその辺にあったダンボールの切れ端にグルグル巻きにしてくれました。かなり大雑把!

買ってきた紐

安易に物を捨てたり買い替えたりする前に、こんな風に「直せるか?」と考えるのも大事だと思っています。

関連記事:
・ 譜面台の修理
・ 掃除機のヘッドの修理

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

非電化製品

私たちの身の回りでは、ありとあらゆる電化製品が使われています。

電気というエネルギーは、熱や運動に簡単に変換できて便利なエネルギーです。電化製品は、何らかの形で電気エネルギーを別のエネルギー形態に変換しています。例えば、暖房や電気ポットは電気を熱に変えていますし、ミキサーや電動ドリルなどはモーターを使用して運動エネルギーに変換しています。

ところが、他の形態のエネルギーを電気エネルギーへ変換しようとした場合、変換効率がとても悪くなります。例えば、火力発電や水力発電のように、熱や運動エネルギーを使って発電する場合は、どうしてもロスが出てきます。

少し難しい話になりますが、「エネルギー変換」というのは電気・光・原子核・化学・機械・熱の6種類のエネルギーを相互に変換することを言います。電気・光・原子核は高質なエネルギーと呼ばれ、他のエネルギーに変換するのは簡単ですが、逆の変換は困難です。この分類では、熱は最も低質なエネルギーです。機械を動かした時や、明かりを点けた時など、変換しきれなかったエネルギーは熱として逃げます。

発明家の藤村靖之氏の書いた「愉しい非電化」という本があります。

この中で著者は「非電化製品」というものを勧めています。「非電化」というのは「電化されていない」「電気に頼らない」といった意味を持った著者による造語です。つまり、「非電化製品」は、高質で変換するには無駄が多いエネルギーである電気を使わずに、別の方法でエネルギーを変換して使う製品です。

この本を読むと色々な非電化製品の例があって楽しめます。特に著者が発明した非電化冷蔵庫は秀逸だと思います。天気が良く雲がない夜に気温が冷え込む、放射冷却と同じ原理を使って作っています。現在私たちは、冬には屋外が十分に寒くなるのに、わざわざ電気を使って冷蔵庫を動かして食品を冷やしていますよね。よくよく考えてみると、かなり馬鹿らしいことをしています。

あとは、振り子式の時計や足踏み式ミシンも非電化製品の一例です。非電化製品は、過去記事の『ちょうどよい大きさの技術』で出てきた「中間技術」に間違いありません。

「こういう製品をどういう形で利用していくのか」という話は、また別の機会に書いていきます。

関連記事:
・ 電気自動車プロジェクト
・ オール電化住宅の罠
・ ちょうどよい大きさの技術
・ 足踏み式ミシン

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

シリコンで接着

もう4年ぐらい前になるのですが、洗面所用にIKEAで細い棚を買いました。計算どおり窪みに収まって良かったのですが、1つ大きな難点がありました。(けっこう気に入っているのですが、今はこのモデルは売っていないようです。)

Bad-Schrank.jpg

細くて高いため、扉を開けるとバランスを崩すのです・・・。壁に固定しないことにはどうにもなりません。

ドイツでは、アパートの壁に穴を開けても問題がないとはいえ、さすがにタイルに穴を開けるのは問題があることが多いです。我が家も「タイルには穴を開けないで!」と言われています。タイルの十字の部分に穴を開けるという手もあるのですが、ピッタリ位置が合いそうにありません。

それで、いろいろ考えた末の策。水周り用のシリコンのコーキング剤です。

Silikon.jpg

これで棚の上部だけ接着したところ、なんとバッチリ固定されました!現在でも、押しても引いてもビクともしません!!水槽のガラスとかも実はシリコンだけで固定されていて、けっこう丈夫なんですよね~。

Bad-Schrank2.jpg

ただ、シリコンは若干使い方にコツがあります。シリコンは押し出した後で、石鹸水をつけた棒または指で伸ばします(私は指でしました。プロでも指派の人も多いですよ~)。押し出す量と伸ばす加減が意外に難しいので、最初は目立たないところで試すのが良いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツのパトカー

ドイツのパトカーは、古い車だと白地の物が多いのですが、最近はシルバー地の車が多いです。

ドイツのパトカー

それはナゼかというと、なんと、使用後に払い下げするときに、高く売れるからです!

シルバーのボディ上の「POLIZEI」と書いてある緑の部分は、塗装ではなくて、特殊なフィルムを貼ってあるそうです。警察車としての役目を終えたら、フィルムを剥がせば良いだけです!妙に合理的です。

シルバーの車はドイツでは好まれています。街中でもよく見かけます。それにしても、ドイツの車の色のバリエーションは少ないですね。しかも冴えない色が多い気がします。

洋服の色はもっとひどいです。「ドイツ人は配色のセンスを持ち合わせているのだろうか…?」と疑問に思うことも多々あります。同じヨーロッパでも、イタリアなどでは素敵な色使いの物が多いのですが…。

関連記事:
・ 鏡文字の理由
・ ドイツで自転車の警察官

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

なめこの味噌汁を飲みたい時に

知っている人にとっては何でもない情報なのですが、「なめこ」はドイツのスーパーで買うことができます!
Stockschwämmchenと言います。ビン入りで売っています。

DSCF3418.jpg

こんな感じで、意外なものがスーパーに売っていることがありますよ!

アジアンショップで買うよりも安く手に入る物も、けっこう多いです。

関連記事:
・ どこに売っているか分からないモノ
・ 超万能なゴマペースト、Tahin

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。