スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツ語手紙の見本を探す

このブログには、ドイツ生活で何か疑問があって検索してきてくれる人が多いのですが、手紙の書き方で検索して来る人も多いようです。手紙については過去に一度記事を書いたきりだったので、意外でした。しかし考えてみたら、ドイツで生活している以上は手紙を書くのは必須ですから、やはり切実な問題ですよね。

便利な世の中になったもので、手紙文もインターネットで探せばいくらでも例が出てきます。ですので、このブログで手紙の書き方を詳細に書く必要もないかと考えています。でも、言葉のハードルはかなり高いので、どこで情報を探せば良いか分からない人も多そうです。

下はドイツ語の手紙文例が載っているサイトです。解約の手紙や簡単な抗議文などであれば、ここで見つかる文章をそのまま使えば十分です。最初は本当に大変だと思いますが、頑張ってくださいね~!

・ Briefform.de
・ Vorlagen kostenlos mit Vordruck

関連記事:
・ 解約の手紙
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ジーンズの補修

ジーンズのテーマ繋がりで思い出しました!

ジーンズを履いていると、そのうち膝やお尻の部分が傷んできて、そのまま履き続けると破れてしまいますね。大抵、他の部分はまだまだ丈夫なので、処分するのには勿体ない状態です。そんな時、アイロンで付くジーンズ生地の補修布を、ウラから当てるといいですよ!表の見た目はほとんど変わりません。

DSCF3504.jpg

これはだいぶ前にドイツ人の友人に教わりました。以降ずっと、ジーンズが傷んできたら、アイロンで布を当てています。ジーンズも安くはないし、これで長く使えるので、私のお気に入りのテクニックとなりました♪

関連記事:
・ 古いものを残す
・ ドイツでジーンズを買う

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの健康保険2 メリット・デメリット

ドイツの健康保険1 privat? gesetzlich?』の続きです。思いのほか早く書けました☆

予告通り、法定健康保険プライベート健康保険のメリットとデメリットを挙げていきましょう。今回は皆さんに健康保険について大まかに理解してほしいので、ダーッと箇条書きにします!

■ 法定健康保険(Gesetzliche Krankenversicherung)
基本的に保険料は収入により決められます(2012年1月時点では、総所得の15.5 %)。被雇用者の場合はそのうち約半分を雇用者が支払います。

【メリット】
・ 最低限のレベルは確実に保証される
・ 失業や慢性の病気、経済的な窮乏時でも保険の適用範囲は変わらない
・ 扶養家族(収入のない配偶者、子供)も無料で保証される
・ 年金受給時の保険料は上がることはない
・ 他の法定の健康保険に変更しやすい(ただし、18ヶ月(1年半)は同じ健康保険組合に拘束される)
・ 支出の上限が定められている(医薬品、入院料など)

【デメリット】
・ 必要最低限の治療にしか保険が効かない(ただし、追加料金を支払うことにより、適用範囲を広げることも可能)
・ 四半期(Quartal)毎の診察料(Praxisgebühr,10ユーロ)の支払い
・ 日割り入院料金(28日間分まで)や多くの医薬品などの支払いが必要

■ プライベート健康保険(Private Krankenversicherung)
保険料はリスクによって決定されます。例えば、自動車の任意保険の場合、初心者のティーンエイジャーは保険料が高くなりますよね。また、事故を起こすと翌年に保険料が上がったりします。それに似ています。ただし、各保険会社や保険契約によって計算が異なるので、料金が変わってきます。

【メリット】
・ 一般的に保険の適用範囲が広い
・ それぞれの状況に応じて、適用範囲の異なる契約を選ぶことができる
・ 法定健康保険と比較して、保険料が安くなるケースが多い(自営業など)
・ その年に病院に行かなかった場合、保険料が一部返却される
・ 保険の解約自体は簡単
・ 病院の予約が取りやすい

【デメリット】
・ 重い病気にかかった場合に、翌年から保険料が上がる可能性がある
・ 年金受給者は料金が上がる(年齢により病気のリスクが上がるため)
・ 扶養家族の保険料は別に支払う必要がある
・ 法定健康保険へ戻すことは非常に困難
・ 他のプライベート保険へ変更する場合、それまでに支払われた保険料は次の保険会社に引き継がれるが、変更に際し困難があるケースも多い

こんなところでしょうか。

次回は、話が前後しますが、健康保険についての基本的な情報、健康保険の選び方などを書く予定です。

ここまでで疑問点があったら、ぜひコメントを下さいね!なるべく次の記事で答えていきたいと思っています。それから間違いなどの指摘もよろしくお願いします!

関連記事:
・ ドイツの健康保険1 privat? gesetzlich?
・ ドイツの健康保険3 基本情報と選び方

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの健康保険1 privat? gesetzlich?

ドイツに来て誰もが悩むのが、健康保険(Krankenversicherung)をどうするかという事だと思います。短期の滞在なら旅行保険で良いのですが、長期になるのであれば、ドイツの健康保険に加入することが必要になってきます。

しかし、この健康保険の仕組みがかなり分かりにくいのです。まずは、法定(gesetzlich)プライベート(privat)というのがあります。

法定健康保険(Gesetzliche Krankenversicherung)の方は、日本の国民保険の様なもので、普通の会社員や学生の場合には、加入の義務があります。一定収入以上の人や自営業の人など、法定健康保険への加入義務がない場合もあります。外国人の場合、特にビザを取得する際に健康保険の加入が必要になりますから、「法定」でなければ、「プライベート」の健康保険に、誰もが加入しなければいけないでしょう。

自営業で法定健康保険に加入していると、最低でも月に300ユーロぐらいの保険料がかかってきます。また、法定健康保険では、収入に応じて保険料が高くなっていきます。ですから、高額の保険料を払っている自営業や高収入の人は、プライベート保険への変更を検討するわけです。

一般的に、プライベート健康保険は保険の適用される範囲が広いと言われています(代替医療など)。ただし、プライベート健康保険の中でも特に安いものの場合、範囲が非常に狭いものもあります。契約の時に、しっかりと項目をチェックすることが大事です。それから、医者が受け取る報酬が多くなることから、予約も取りやすいなどのメリットがあります。

しかし、プライベート健康保険に安易に変更をするのはやめましょう!

出張などで2~3年で確実に日本に帰国する予定なら別ですが、健康保険は将来を見据えて決めないといけない事です。後悔しても修正がきかない面があるので、変更を決断する前に、双方の健康保険のメリットとデメリットをしっかり理解する必要があります。一度、プライベート健康保険に加入すると、基本的に再び法定健康保険には戻せません(例外はいくつかあります)。

例えば、扶養家族(子供・奥さんなど)が居る場合、法定健康保険では無料で家族を健康保険に加入させることが可能ですが、プライベート健康保険では更なる保険料がかかります。保険加入時は独り身でも、いずれ結婚して子供ができるという可能性はありますよね?後で「プライベート保険の方が高くついた」と気づいても遅いのです。

次にもう少し詳しく、メリットとデメリットを挙げていきたいと考えています。
(テーマがややこしいので、いつになるか分かりませんが、気長に待っていてくださいね!)

関連記事:
・ ドイツの健康保険2 メリット・デメリット
・ ドイツの健康保険3 基本情報と選び方

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

WMFのキッチン用ハサミ

実は私、ドイツに来てからずっと、キッチン用のハサミがないまま過ごしていました。何かハサミで切らないといけない時は、Zwillingの事務用のハサミで切っていました(笑) 確かに、仕事用の机まで取りに行く事は面倒ですが、狭いアパートなのでそれ程の手間とも感じていませんでした。

でも今回、「PAYBACKカード」のポイントが貯まったので、折角なのでWMFのキッチン用ハサミを注文しました☆

DSCF3502.jpg

握り手に付いているマイナスドライバーの様な部分は邪魔だと思いましたが、その他の点ではとても満足しています。しっかりした作りで、刃のかみ合わせが良いので、切れ味もとても良いです。キッチン用ハサミでは当たり前なのでしょうが、左右の刃が簡単に分解できて、きちんと洗えるのも便利です。

ちなみに、マイナスドライバーの様な部分は、開かないビンや缶の蓋をこじ開けるためにあるそうです。私なら普通のドライバーやペンチを使うので、ハサミに付いていなくても良いかと思いました。硬い素材なので、ハサミに付いているとかえって怪我をしそうな気がします。

でも、この手のキッチン用品はドイツ製はオススメですよ!メーカー品なら作りがしっかりしているし、長く使えることは間違いありません。

ドイツのポイントカードについては、また別の機会に書きますね!こんな風にポイントを使えるので便利ですが、長所・短所の両方あると考えています。

関連記事:
・ 一生モノのフライパン

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

特殊な紙箱

仕切りで中が6個に分かれている箱です。一枚の紙から作っています。

ある意味、パズルや知恵の輪を解くような感覚で、こういう物を作ります。平面から3Dの形を作っていく過程がけっこう好きです。

DSCF2418.jpg

これは必要とする紙の大きさが半端じゃないので、ホームページでのプログラム化は難しそうです。

こんな本も参考にしています。私の持っているのは古いバージョンです。文字での説明はほとんど無くて、ひたすら箱の展開図が載っています。



付属のCDにデータも入っているのですが、設計がかなり甘いです。新しい版では良くなっているのかもしれません。でも、とりあえず紙に印刷して組み立ててみれば、どこがダメなのかも分かるので、一応データも使ってみています。

関連記事:
・ 小さい紙箱の製作プログラム

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

旧正月

今日、1月23日は旧暦の正月ですね。改めて、明けましておめでとうございます!

旧暦では月の初日は必ず新月。つまり旧正月は必ず新月になります。ですから今日も新月です。例年よりも少し早めの旧正月です。

今年は、少しだけ旧暦を意識して過ごしてみようかと思っています。何か面白い発見があったら、また書きますね!

関連記事:
・ 旧暦は古臭いもの?
・ ヨーロッパでの月齢に基づいた生活

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

同性愛者に優しい街

ベルリンに同性愛者が多いのは有名です。歴史的に同性愛者が集まってきたという事もあるのですが、彼らにとって比較的住みやすい街であるのも間違いないと思います。ベルリン市長のヴォーヴェライト氏はゲイである事で有名ですが、市民には人気の市長です。かっこいい人ですよね。

何よりも、彼らが同性愛者である事を隠すことなく、普通の職業に就いていられるのが良いと思います(もちろん、まだ隠している人も居ます)。会社員や学校の先生や芸術家など、彼らの職業も様々です。

私がベルリンで最初に個人的に知り合った同性愛者は、職場の同僚のおじさんでした。物静かで多くを語らない人でしたが、とても優しい人で、当時は何かと助けてもらいました。パートナーと結婚もしており、同性愛者である事をオープンにしていました。あの世代で同性愛者であるという事は、何かと難しかったのではないかと思います。

その後、ベルリンで知り合いが増えるにつれ、当然ながら友人・知人にも同性愛者が増えました。ベルリンに居る同性愛者は、感覚的には10人に1人ぐらいの割合でしょうか?本当に多いです!

話を聞くと、同性愛者である事で家族と問題を抱えている人、田舎を飛び出してきた人など様々です。もちろん両親の理解を得て、仲良くしている人もいます。彼らは苦労を重ねているせいか、人間的にできた人が多い気がします。メディアでは奇抜な格好をしたような同性愛者が強調されていますが、いたって普通の人が多いです。そして、とても親切な人が多いですよ~

ところで、ドイツの人口の5%が同性愛者だという統計もあるそうです。ということは、日本にも同じ割合で居るはずですよね?つまりは、大多数が自分が同性愛者である事を隠しているのでしょうね。

世の中には、同性愛に限らず、人種や所得などに対する、様々な差別があります。人がそれぞれのありのままの姿で周囲に認められないというのは、悲しいことだなと思います。

関連記事:
・ ゲイのパレード クリストファー・ストリート・デー
・ 今年一番驚いたこと!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツでジーンズを買う

私はジーンズを履くので、ドイツでも買うことがあるのですが、最初に買ったときに驚いたことがあります。

ジーンズ

日本で履いているのと同じインチサイズの物を試着したら、すごくブカブカだったのです!ジーンズの大きさ表示は世界共通だと思い込んでいたので、衝撃でした。(一瞬、痩せたかと勘違いしそうになりましたよ・・・)

少なくとも2~3サイズは小さい物を買わないといけないと思います。

あとはどのメーカーでも、いろんな長さのジーンズを売っています。例えば、W27 L30とか書いてありますが、Wというのはウエストサイズ、Lが長さです。私は身長160cmぐらいですが、ドイツでもなんとかピッタリの物が見つかります。切らなくて良いのでラクです☆

関連記事:
・ Birkenstockのサンダル
・ ジーンズの補修

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの正月の朝

明けましておめでとうございます!

昨年はみなさん、このブログに遊びに来ていただき、またコメントも多くいただき、ありがとうございました!お陰さまで、ブログを書くのもコメントを読むのも、楽しむことができました♪今年もなにとぞよろしくお願いいたします。

さて、正月といえば、日本人にとっては特別でどこか神聖な日です。静かに家族で過ごして、寒いけど快晴の中、初詣に行くというイメージですよね。

ドイツの正月は様子がまるで違います。「新年の0時になったら花火を上げて祝う」と言えば聞こえは良いのですが、実情は、「0時になるずーっと前から爆竹の音が鳴り響き、0時になったら更にうるさくなる」という感じでしょうか。普通の花火もありますが、爆竹やらロケット花火やらが飛び交い、音だけ聞いていたら戦争か?と思ってもおかしくないレベルです。「コレが堪えられない!」という人は多いのではないでしょうか?

そして日本人としては爽やかであるべき正月の朝はこんな感じ。

爆竹の跡・・・。しかも今朝は雨が降っていました。
爆竹の跡

そして花火、ビール瓶などなど、バカ騒ぎの跡です。
正月の朝

ブランデンブルク門の花火を見に行ったりとか、友達と食事をしたりとか、それなりの過ごし方もできますけど、それでも私もドイツの正月はどうも好きになれません。

関連記事:
・ 冬の定番料理ラクレット
・ 明けましておめでとうございます!
・ 遅ればせながら、今年もよろしくお願いします!
・ ベルリンの壁跡で年越しました

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。