スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ユダヤ人の「最後の道」イベント

ベルリンを歩いていると、あちこちで芸術作品のようなオブジェをみかけます。

大抵は、一見、訳が分からないモノなのですね(笑)。だからあまりよく見ずに、通り過ぎてしまいがちです。

MoabitのLevetzowstraßeにあるこのモニュメントもそうです。
モニュメント

一見、何なのか分かりません。子供たちがこの上で遊んでいたりもします。私も何度も通っていたのに、最近までよく見もせずに通り過ぎてしまっていました。

しかし、この場所は、その昔ユダヤの教会であるシナゴーグがあった場所なのです。ユダヤ人が迫害された当時、まずはここにあったシナゴーグにユダヤ人が収容されました。その後、現在のWesthafen駅付近にあった貨物駅から、アウシュビッツなどの強制収容所に送られたのです。

このモニュメントはそれを表現しています。上の写真も、ユダヤ人が紐で縛られて、貨物列車に乗り込まされているところです。よく見ると、一人ひとりに番号もつけられています。

列車の中はこんな感じです。
モニュメント

押し込められて、運ばれていく様子が分かります。実際に見てみると、列車に閉じ込められた重苦しさがよく表現されています。

ユダヤ人が貨物駅から送り出されたときの日付と行き先の一覧が、鉄板に刻まれています。
強制収容所への搬送リスト

今、10月18日から11月9日の間、この出来事を忘れ去られないようにするためのイベントIhr letzter Weg(彼らの最後の道)が行われていて、Moabit内で様々な展示やイベントが催されているそうです。下のページに詳しい情報が書かれています。

・ Ihr letzter Weg

現在、このシナゴーグから貨物駅までユダヤ人が歩かされた道には、歩道上に印がつけられています。インターネット上でも、地図でその道のりを見ることができます。

これを見ると、StromstraßeやPerleberger Straßeなどの大きな道を避け、ジグザグに歩いていったことが分かります。おそらく、ユダヤ人の搬送を目立たないようにするためだったのでしょう。

この地図を見て初めて、ユダヤ人が列車に乗せられた場所は、Westhafen駅のすぐ傍ではなく、Wedding駅方面(東方向)に少し行った所だった事を知りました。Putlitz Brücke上に記念碑があるし、貨物駅の名残が地図の西側にあるMoabiter Stadtgartenに残っているので、そこだと思っていました。

でも、そもそも貨物駅というのは、いくつかの駅の集合体のようなもので、かなり広い場所を取ったものなのですね。Gleisdreieckの鉄道跡地も、かなり広いことを思い出しました。

それから、Ellen-Epstein-Straßeという通りは、5年ぐらい前にできた新しい通りです。以前はドイツ鉄道の敷地でしたが、都市開発プロジェクトがあって、新しい道になりました。この地図を見ると変な感じがしますが、当時は貨物駅が現在の道路のあたりにあったのだそうです。

今年は「Zerstörte Vielfalt(破壊された多様性)」というテーマで、1933〜1945年の歴史を振り返るイベントがベルリンのあちこちで開かれています。
themenjahr.gif

今、歴史博物館でもこのテーマで、無料の展示がされています。私も行きましたが、なかなか良かったですよ。

11月10日まで展示されているそうなので、興味のある方はぜひどうぞ!

関連記事:
・ ベルリン 鉄道跡地の公園3
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Wake-Up Light購入前の実験の話・・・

冬時間が始まりましたね〜 

先日、やっとWake-Up Lightを購入しましたが、買うまでにずいぶん長い時間がかかりました。

気になりだしてから、5年ぐらいは経っています。

なにせ、数年前には150ユーロぐらいはしていた目覚まし時計です。欲しかったけど、目覚まし時計ごとき(笑)にそんなお金をかけるなんて・・・と考えたら、簡単には買えなかったのです。

でも、まあそこは工作好きの私ですし、まずは光があると本当に目覚めやすいのか、実験をすることにしました。

タイマーコンセント(Zeitschaltuhr)に・・・
タイマーコンセント

ホームセンターで5ユーロぐらいで買った、ハロゲンランプの500Wの投光器(Baulampe)を繋げて・・・
投光器

目覚まし時計が鳴る時間より、少し前に点灯するようにしてみました!

それがですね、絶大な効果だったのですよ!!!コレで確実に起きるようになりました。500Wの光量はすごいです!


しかし問題もあって、いきなり500Wのライトが点灯するので、けっこうな確率でビックリするのですね。ちなみに、光は天井に向けています。

その時々の眠りの深さにもよるのでしょうが、気がつくと既に点灯している時もあれば、何かに奇襲されたかのように驚くこともあるわけです(笑)

やはりどうも心臓によくないので、早朝の飛行機に乗るとか、絶対に時間通りに起きなければいけない時以外は使わなくなりました^^; それに500Wですから、毎日使うと電気代がかさむのも難点ですね。

そうこうして数年が経ったわけですが、久しぶりにWake-Up Lightをチェックしたら、デザインが変わり、細かい改良が加えられ、値段も下がっていました♪

待った甲斐がありました!

穏やかに目覚めるのはイイですね〜。今は満足しています。


ちなみに、上の投光器は意外に使えますよ〜。部屋の中でも、縫い物や工作など、ちょっとした作業をする時に、部屋の中を昼間のように明るく照らしてくれます。壁塗りをする時にも、部屋の隅々まで照らしてくれるので、かなり作業がしやすくなると思います。

関連記事:
・ 光で起こす目覚ましライトで「冬季うつ」対策!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

落ち葉の山に突っ込むべからず

ついこの間、黄色くなっていた街路樹の葉が、今はだいぶ落ちました。

ベルリンは街路樹がとくに多いですから、道のあちこちが落ち葉で一杯になっています。この頃になると、清掃局の人が落ち葉を集めているのを見かけます。

落ち葉

落ち葉は歩道に集めてある事が多いですが、自転車道に積んであることもしばしば。

夜、自転車で走っていて、落ち葉の山に突っ込んだことのある人はけっこう多いです。

はい、私もやったことがあります(笑)

暗いと、落ち葉は本当に見えません。良いクッションになっていて、怪我はしなそうですが、自転車道に置くのはやめて欲しいです・・・。

週末に撮った夕焼けの空です。不思議な色でした。
夕焼け

夕焼けの空は、光と雲が動くので、どんどん変化しますよね。ぼーっと眺めているのも好きです。

関連記事:
・ すっかり秋

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

光で起こす目覚ましライトで「冬季うつ」対策!

今年の冬時間は、次の日曜日の10月26日から始まります!

これからの季節はドイツはどんどん日が短くなっていきますね。

特に北ドイツでは、極端に日に日に暗くなっていく感じがします。冬至のベルリンの日の出・日の入時刻はおよそ8:14と15:53ですが、南ドイツにあるミュンヘンでは8:00と16:21です。南ドイツと北ドイツで、太陽が出ている時間が40分も差があるのですね。

そして更に、天気が優れない日が多くなり、日照時間が極端に短くなります。ただでさえ日が短いのに、どよ〜んとした天気が多いわけですから、気分が落ち込みがちになっても不思議はありません。

私も毎年この時期になると、朝起きるのが辛くなったり、日中もなんとなく元気が出なかったりします。ひどい「冬季うつ」ではないものの、どことなく不調を感じます。これから冬時間が始まると、また調子が悪くなりそうなので、早めに対策をすることにしました!

そして今回、コレを購入しました。PhilipsWake-Up Lightです!光で起こしてくれる目覚ましです!

Wake up light

数年前から気になってチェックしていましたが、なかなか手が出ませんでした。

以前のモデルとの大きな変更点は、デザインが変わり、太陽をイメージした丸いライトになったことと、光源がハロゲンランプからLEDに変わったことです。LEDは消費電力も抑えられるし、ハロゲンランプの様に発熱して熱くなり過ぎることもありません。

デザインはシンプルで、ベッドヘッドに置いても他のインテリアの邪魔をすることもなく、気に入っています。

私が買ったのはこのHF3520/01というモデルです。

このWake-Up Lightは、目覚ましが鳴る30分前から明るくなりだします(このモデルでは20〜40分で設定可)。最初は暗い赤い色なのが、徐々にオレンジから白い光へ変化し、同時に明るくなっていきます。

Wake up light
Wake up light

最大限明るくなると、300luxの明るさになります。これがけっこうな明るさなのです!ライトを直接見るのには眩し過ぎるぐらいです。

目覚ましの音は、鳥の鳴き声など数種類と、FMラジオから選べます。Amazonなどの評価では、目覚まし音がイマイチという意見が多いです。再生してみると、確かにバックグラウンドの雑音やホワイトノイズがけっこう聞こえます。

ただ、寝覚めの時には、半分眠っているせいもあるのでしょうが、私の場合はノイズは気になりません。鳥のさえずりだけしか聞こえません(笑)

でも正直なところ、目覚ましの音は自然音でなくても良いので、普通の目覚まし時計のような、ピピピッという音があっても良いのにとは思いました。


さて、気になる効果ですが、使い始めてまだ1週間しか経っていませんが、確実に目覚めが良くなったと感じます!天気が悪くて暗い朝でも、寝過ごしそうになることがありません。

徐々に明るくなっていくことで、目覚ましが鳴るころには、目覚める準備が出来ているのだと思います。すぐに頭がハッキリするようになりました!なかなか良いです♪

この効果が冬の間ずっと続くのか、また改めて報告しますね!


ドイツでは北欧ほどではないにしても、冬は暗くて、「冬季うつ」になる人は多いそうです。

これからの季節に、朝起きれない、寝ても寝足りない、やる気が起こらない、過眠、過食などの傾向があったら、「冬季うつ」を疑った方が良いかもしれません。

冬季うつにならないためには、昼間にできるだけ太陽光を浴びると良いそうです。

太陽光を浴びることができない場合には、光セラピー(Lichttherapie)という光を浴びるセラピーもあります。光セラピー用のライトもPhilipsが出しています。



このライトは、けっこう高価で、場所も取りそうなのが難点なのですが、調子が悪くなるようだったら、これで対策をとるのも手だと思います。なんと言っても、健康で過ごすことは大事ですからね!

関連記事:
・ 冬時間
・ Wake-Up Light購入前の実験の話・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ガソリンの値段をネットで比較

ガソリンの値段は、ここ数年でずいぶんと高くなりました。そんな中、少しでも安いガソリンスタンドを探し回って、ガソリンを入れている人も多いのではないでしょうか?

そんな人に朗報です!今年の9月から、ガソリンスタンドの値段をインターネット上で比較できるようになりました!

実は、ドイツ国内のガソリンスタンドに、値段の報告が義務付けられるようになったのです。しかも、ガソリンの値段を変更した場合は、5分以内の報告が義務付けられています。

それにより、最新の情報がチェックできるのですね!

チェックできるサイトは、既にいくつかある様です。

まずは、大手のADACのサイトが有名です。
ADAC

ADACはドイツの自動車連盟で、会員になると日本のJAFのようなサービスを受けることができます。ホームページの他に、スマートフォン用のアプリもあります。
・ iOS用アプリ
・ Android用アプリ

他には、こちらのサイトclever-tanken.deの評判が良さそうです。
clever-tanken.de

同じく、スマートフォン用のアプリを出しています。
・ iOS用アプリ
・ Android用アプリ

アプリをスマホに入れれば、GPSなどで位置情報を取得できますから、ドライブ中でも、近くにあって、しかも安いガソリンスタンドをとても簡単に調べられます!画期的ですね!

関連記事:
・ イマドキの海外生活2 スマートフォン利用
・ 新しいカーシェアリングの形 2 DriveNow
・ 流れ作業のオイル交換専門店
・ 自転車専用のルート検索

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

すっかり秋

皆さんいかがお過ごしですか?

日本は暑くなったり寒くなったりを繰り返しているみたいですね。ベルリンはすっかり秋めいてきました。

秋の風景

こちらの紅葉は、ほとんどが赤ではなく黄色です。日本のような鮮やかな色の紅葉は、見ることはできません。

ベルリンのこれからの季節は、日が一気に短くなって、厚い雲に覆われて暗くて、その上、冷たい風が吹きます。本当に気持ちもどよ〜んとしがちなので、爽やかな「秋晴れ」と「紅葉」が恋しくなります。


先月は諸事情あって、ほとんどブログを更新できませんでした。今月は大丈夫かな??

笑っちゃうくらい不定期更新になってますが、ぼちぼちと更新を頑張りま〜す!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

鶴ウォッチングに行こう!

9月下旬から10月・11月にかけて、ベルリン近郊には鶴がやってきます!ロシアやスウェーデンで夏を過ごした鶴が、越冬のためにフランス方面に向かうのです。

この時期は、鶴を見に行くのがオススメです!

DSC_0971.jpg

ベルリン近郊のこの場所は、鶴の一時休憩所です。さらに南に向かう旅のために、ここで餌を食べて、羽を休めます。

鶴が現れるのは、主に夕方です。午後3時ぐらいから増えだします。明るいうちは、刈り終わったとうもろこし畑などで、餌を調達します。夜は大体、水場に移動して休むそうです。

ボケてますが、アップ写真です。
DSC_0974_2.jpg

鶴は繊細なので、大声を出したり、必要以上に近づいてはいけません。大体、300mぐらいの距離まで近づくと逃げ出すそうですが、ここでは意外に近くに来てくれました♪

このあたりでは、一度に数千から数万羽の鶴を見ることができます!

この写真はかなりの望遠で撮っていますが、なんとなく雰囲気がわかると思います。
DSC_1036_2.jpg

夕日が傾いています。この後、暗くなり始めた頃に、鶴は次々に飛び立ち、夜を過ごす水場に向かっていきました。

鶴の飛ぶ姿は本当に美しいですね!
DSC_0806_01.jpg

鶴を見ることができる場所はベルリンから北西に50kmぐらいの所にある、Linumという場所が有名です。


大きな地図で見る

大きな水場があって、鶴の他にも、コウノトリやガチョウなど様々な野鳥がやってくる場所です。NABUが主催した、鶴ウォッチングのツアーもあるので、それに参加するのも手かもしれません。

できたら、倍率の高いオペラグラスを持って行くと良いですよ!鶴の動きをじっくり観察できます。

カメラは、簡単なコンデジでは、鶴が小さな点々にしか写らないと思うので、撮ってもあまり意味がないかもしれません。ちなみに上の写真は、およそ600mmの望遠(35mm換算)で撮っています。

関連記事:
・ 野鳥観察
・ アカゲラのヒナ
・ 街の真ん中にいるヤギ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ビックリ自販機の中身

街を歩いていると、不思議な自販機を発見することがあります。過去記事でも、「動物用のエサの自販機」とか、「ガチャガチャ」とか紹介してきました。しかし今回は、さらに驚きの自販機です!

まずはコレ。自転車のタイヤのチューブの自販機です!
自転車チューブ自販機

Moabitにある自転車屋さんの壁に設置されています。

店の開いていない夜や週末に自転車で走っていて、タイヤがパンクすることがありますね。特に自転車ツーリングをしている時などは最悪です。工具を持っていて、チューブにパッチをあてて済むなら良いですが、そうでない時もあります。場所によっては、自転車なしでは移動もままならないこともあります。

こんな自販機があれば、そんな絶望的な状況を救ってくれます。

どこの自転車屋さんでも、空気入れとコレを設置してくれていたらいいのですけどねー

さて、次はさらに上をいく自販機です!Wedding地区にある釣り道具屋の横にあります。何だか分かりますか?
ウジ虫自販機

なんと!!!

釣り餌のウジ虫の販売機なのです!

こちらも同じく、例えば日曜日に天気が良くて、急に釣りに行きたくなったときに便利そうです。釣針につける餌を用意していなくても、この自販機があれば大丈夫!

でもこれ、生きてるウジ虫がはいっているのですよ。面白そうだからといって、試しに買ったりしないようにしましょうね!その後の処置に困ること間違いなしです・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。