スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

文化財保護の建造物なのに、野ざらし

ベルリンのWeißenseeに、元々、乳幼児と子供のための病院(Säuglings- und Kinderkrankenhaus)だった場所があります。けっこう大きな敷地に、古い文化財保護の建物がいくつか建っています。

味のある建物なのに、その状態はひどいもので・・・。写真は年末に撮ったものです。
Kinderkrankenhaus Weißensee

窓ガラスは割れているし、放火も何度かあり、このままでは朽ちる一方です。

1911年に開業したこの病院は、プロイセン(!)で最初の乳幼児と子供の病院だったそうです。2つの大戦と東ドイツ時代、東西統合を経て、1997年に閉業しました。だからここにある建物は、100年以上前に建てられたものなのですね。

2005年にロシアの投資家グループが設立した会社がこの敷地と建物を買いました。この会社は買い取った時に、建物の修理・改装をし、ガン研究センターと外来病院などを中に作るというプロジェクトを提示しました。しかしその後、この土地は放置したままになっています。

中は建物が壊れて、けっこう危険な状態なのですが、門も開いたままで、何の対策も講じられていません。

別の建物です。
Kinderkrankenhaus Weißensee

左側の方をアップして撮ったもの。同じく、燃えた跡があるし、屋根は落ちています。
Kinderkrankenhaus Weißensee

去年1年で17回も消防車が出動したというのだから、尋常ではありません。

子供の遊びかもしれませんが、投資家が建物の価値が無くなるように、裏で手を回している可能性もありますね。文化財保護の建物は修復する義務がありますが、文化財保護でなければ取り壊せるので、負担金額は下がります。

建物の中は概ねこんな感じ。どう見ても危険な状態なので、中には入っていません。
Kinderkrankenhaus Weißensee

配管やケーブルなどの金目のものは、既に盗まれています。

金属類は、けっこう売れるのですよね。市内でもたまに買取業者を見かけます。いくらぐらいで売れるのか興味があるので、試しに一度、私も不要な金属類を売りに行ってみたいと思っています(笑)

この土地は、ベルリン市が買い戻すことを検討しています。対応が遅過ぎないと良いのですが・・・。せっかく良い建物なのに、こうやって朽ちていってしまうのはとても残念です。

関連記事:
・ サナトリウム跡の廃墟をめぐる遊歩道
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

カイザー・ヴィルヘルム記念教会の工事

しばらく補修工事が続いていて、工事用の壁に覆われていたカイザー・ヴィルヘルム記念教会ですが、ついこの間通りがかったら、覆いがだいぶ外されていました。

教会

去年の秋にはてっぺんが見えるようになっていたと思ったのですが、それから随分時間が経っています。そろそろ工事が完全に終わっても良い頃ではないでしょうか。

この教会はなんとなく私は好きで、近くを通って、なおかつ時間があるときには隣に立っている新教会の中にも入ります(私は無宗教ですが)。

交通と人通りが多い場所なのに、壁が厚くて中は静かです。外からの光がステンドグラスを通して青く入り込み、とても落ち着く場所です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ペットボトル工作で鳥の餌やり

相変わらず、紙箱ページ作りに時間を取られています。

少し近況を報告。ここの所はベルリンは暖かい日が続いていますが、寒い日が続いたころにコレを作りました。

ペットボトルで作った、鳥の餌場です。見た目がイマイチですが、機能的ではあるはず・・・。

鳥の餌場

ペットボトルの下に植木鉢の皿を付け、さらに(全く手入れしてない)プランターを固定する金具に取り付けています。中身はピーナッツです。

2週間前ぐらいに置いたのですが、全然鳥は来ていません・・・

鳥に餌をやろうと思い立った時は、気温がマイナス10度とかで、鳥も餌探しが大変だったろうと思うのですが、たぶん今はもう困ってませんね〜。地面が凍らなくなったし、落ちている木の実とか、ミミズとか取れていそうです。

完全に出遅れました。気合を入れずに作ったのが、せめてもの救いです。

関連記事:
・ 鳥の餌場のその後

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

久々に紙箱制作

1月中はブログ更新を頑張っていたのに、2月に入ってからはどうもサボり気味。どうも私の性格上、何事もコツコツやるのは無理みたいです。やったり、やらなかったり、波があるのですね。

そう言えば学生の頃も、試験前日になってようやくガーッと勉強するけど、結局、あまりに直前過ぎて準備に時間が足りなくなる・・・というのを繰り返していました。←学習能力まるでナシ

興味の対象もかなり移ります。あっちにフラフラ、こっちにフラフラって感じで。ブログの記事にもそれが表れていますね^^;

それでここ最近、時間があるとやっていたのがコレ。しばらく放ったらかしていたこのページを更新しました!

紙箱の展開図

大きさを入力すると、箱の展開図をPDFで自動作成するページです。展開図を家のプリンターで印刷して、自分で箱を作ってもらうというコンセプトです。

2年ぐらい放っておいたのに、訪問してくれる方がけっこう多くて、きちんと更新せねば・・・と気になっていました。

なかなか手を付けられずにいたけれど、ようやくデザイン変更し、新しいタイプの箱もアップしました!枕型なので、「ピロー・ボックス」という名前の箱です。

ピロー・ボックス

紙箱のプログラムを書くのは、パズルを解くような面白さがあります。ちょっとした頭の体操という感じ。

そして、仕上がったモノがインターネット上だけでなく、実際に手に取れる形になるというのが良いですね。プレゼントに使えば喜んで貰えるし、一石二鳥です♪

ページはまだ何かと未完成の部分が多いのですが、徐々に更新していく予定です。ドイツ語や英語の説明もきちんと加えたいし、写真もひと通り、撮り直したいなーと考えています。

もしよかったら、プレゼントの包装に困った時などに、このページを使ってやってください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ヒットラーの野望の跡地

ベルリンの南西に位置するLichterfeldeに、Platz des 4. Juli(7月4日広場)という名前の場所があります。長さ400m、幅が70mもある大きな広場です。一面がアスファルトで埋められています。

西側を道路として使用し、駐車スペースをとってもまだ余るだだっ広い場所です。何かのついでに行くのはいいですが、わざわざ見に行くとガックリの場所です。あしからず。

これがその場所。秋に撮った写真です。
7月4日広場

とにかく間延びしていて、使い道がなさそうな感じで、なぜこんな無駄なスペースがここにあるのだろう?と疑問に思う人は多いはず。ちらほらと、ここでインラインスケートの練習やら、トラックの運転の練習やらしている人をみかけます。

この広場の名前、Platz des 4. Juli (7月4日広場)は、アメリカの独立記念日にちなんだものです。なぜアメリカ?と疑問に思うかもしれませんが、ここは東西統一前はアメリカのセクターだったのですね。

1976年まではVierter Ringという名前だったそうです。直訳すると「4番目のリング」ですが、「環状4番線」という意味です。でも、ベルリンには環状1番線どころか、2番線3番線もありません。

実はこれ、ヒットラーの時代の首都ベルリンの大規模工事計画の名残りなのです。結局、一部が作られただけで終わりました。もし環状線が作られていたら、今のSeestr.あたりの渋滞は解消されていたのかもしれませんね。

このヒットラー時代の道路計画では、東西道路南北道路環状線がありました。

東西方向は、「ブランデンブルク門を突き抜けている通り」と言えば分かりやすいでしょう。こちらの方は実際に整備され、今でも大通りとして残されています。西の方から通りと広場の名前を挙げていくと、Heerstraße,Theodor-Heuss-Platz,Kaiserdamm,Ernst-Reuter-Platz,Straße des 17. Juni,Großer Stern,Brandenburger Tor,Unter den Linden,Frankfurter Tor,Frankfurter Alleeとなります。

南北方向の道路は、Moabit地区の北から今のSüdkreuz駅あたりに抜ける計画でした。東西・南北が交差する場所には、トンネルを作る計画もありました。これは、2006年に完成したTiergartenトンネルのあたりの様です。現在では96号線が、北からFrohnau、Tiergartenトンネル、Tempelhof、Lichtenradeを通って南へ抜けて、南北線の役割を担っています。

関係無いですが、この7月4日広場のはす向かいにあるホームセンターのOBIは、ヨーロッパで一番の売り場面積らしいですよ(ギネス級とかではなく、「OBIの中で」です)。近場で欲しい物が見つからない時に、ココならあるというお店です。

関連記事:
・ なぜベルリンに鉄道跡地が多いのか?
・ 山手線とSバーン・リング

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。