スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツにもある、ビックリな税金の無駄遣い

ベルリンのU6 Turmstr駅の目の前に、OttoparkとKleiner Tiergartenという細長い公園があります。

昼間は散歩している人がたくさん居て、のんびりとしたのどかな雰囲気ですが、夜になるとアヤシクなります。アルコール中毒者がたむろしていたり、ドラッグの売買の場所ともなっていたそうで。

そこで、ベルリン市が公園を改築することにしたのです。

プランの公募がされ、勝ち取ったのがなんと、この妙な石のようなモノが何個も置かれるプランでした!

Sitzkiesel

この巨大な石は、Sitzkieselといって、コンクリート製です。座るためにあるのだとか・・・

誰がこんな冷たい石の上に座るのか?という疑問もありますが、問題はそのコスト。既に設置された11個で、約280,000ユーロかかったそうです。そして、さらに設置予定があるのだとか。

この使えない石1個あたり、25,000ユーロ以上かかっています。日本円に換算すると、1個325万円ぐらいということになります。

もちろん市民は怒っているわけですが、もう税金を使われてしまったわけですから、後の祭りです。

このSitzkieselについて、面白いビデオを見つけました!テレビ番組の一部です。



ベルリン弁のおばあちゃん、汚いお言葉連発で、ムチャクチャ怒ってます!市の担当者の情けない説明にも、笑わせてもらいました。

これは、NDRのextra 3という番組の中の、Der reale Irrsinn(実在の狂気)という短いコーナーです。ドイツ中の、あり得ない公共工事の紹介が多いようです。税金の無駄遣いが、メディアで定期的に報告されるのは良いことですね。

下の写真は、『ブレーメンの交通標識の森』というタイトルです。他にも、面白そうなケースがありますよ!あなたの街も紹介されているかもしれません。クリックすると一覧にいくので、興味のある方はどうぞ。

Verkehrsschildenwald

関連記事:
・ モアビット地区の丘
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツ人女性デュオが歌う日本企業

昨日、ラジオでこの曲が流れていました。けっこう有名らしいのですが、私は初めて聞きました。あまりにインパクトが強く、なんじゃこりゃ?!と居ても立ってもいられなくなり(笑)、すぐに調べてみました。

姉妹デュオのHumpe & HumpeによるYama-Haという曲だそうで。1985年の作品です。

こちらがユーチューブの映像。ある意味すごく恐いです。そして歌が耳に残ります。要注意です!



そして歌詞がかなり意味不明です。日本語のサイトで調べてみると、こんな感じでした。


ヤマハ・ミツビシ・トヨタ・スズキ・ソニー
ミノルタ・カワサキ・サンヨー・カシオ・トーシバ
ヤマハ・ミツビシ・トヨタ・スズキ・ソニー
ミノルタ・カワサキ・サンヨー・カシオ・トーシバ

これが人生だ テンノー
これが人生だ ハッハー
これが人生だ サイコー
これが人生だ ハッハー・ハッハー


しかし、英語サイトを見ると、「これが人生だ サイコー」の部分が「これが人生だ サイトー」になっているのです。

これが人生だ 斎藤!」って感じでしょうか?あなた達に言われたくないという気もしますが・・・

1985年当時は、日本企業に勢いがあって、ヨーロッパも日本製品で溢れていたので、それにインスピレーションを得たのでしょう。でも今聞くと、元気のない日本企業に「これが人生だ」って慰めているようにも聴こえてきますね・・・。

日本企業には当時の勢いを取り戻してほしいものです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

3月20日 日食の写真

今日の日食、私は目の前にある公園で観察してきました!

暗くはなったけど、それほどの変化でもなかったような。公園では子供たちが普通に遊んでいました。当然ながら、1999年の皆既日食の方が圧倒的にドラマチックでした。

写真撮影にも挑戦。幸い、それなりに写っていた写真がありました。

日食

当初は撮影は無理だろうと思い込んでいたのですが、直前になって、持っているNDフィルター3枚を重ねれば何とかなりそうなことに気づきました。フィルターの径が合わないので、マスキングテープで固定。

そこまでしてチャレンジした甲斐はありました!

関連記事:
・ 3月20日は日食があります

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

3月20日は日食があります

もう12時間後ぐらいのことなのですが、3月20日は皆既日食があります!

ドイツ国内は最大で65〜80%ぐらいの部分日食のみです。ベルリンでは10:47に最大で74.2%隠れるようです。

実は、とっくに日食用の眼鏡は売り切れているそうです。残念だけど、眼鏡なしでは直接日食を見ることはできませんが、明らかに暗くなるはずなので、面白い体験になると思います。

実は、私は1999年夏の皆既日食はウルムで見たのですよ〜!当時はまだドイツに住んではいなかったのですが、たまたまドイツに居たので、皆既日食があるウルムまで行ったのです。その時の写真もどこかにあるはずなのですが・・・。

あの日は、天気がそれほど良くなくて厚い雲がかかっていたのですが、雲の切れ間から少しだけ日食を見ることができました。そして、皆既日食になって暗くなるのと同時に、一気に寒くなり、周囲がサーッと静かになったのが印象的でした。

ドナウ川のほとりに陣取っていたのですが、それまで鳴いていた鳥たちが、さえずりをやめてしまったのです。

そして、日がまた戻ると、再び世界が動き出したような感じになりました。周りで見ていた知らない人たちと一緒に、太陽が戻ってきたのを喜び合ったのを覚えています。

もう15年以上たっているのに、これだけ詳細を覚えているとは、やはりかなり印象的な体験だったのですねぇ

関連記事:
・ 3月20日 日食の写真

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

エスプレッソマシン

去年、一昨年と、飛行機に乗る機会が多かったので気がつけば、けっこうマイルが溜まっていました。とは言え、日本行きのアップグレードするレベルまでには及ばず、期限が来たので交換しないといけなくなりました。

しかも、マイルの交換を何にするかが、また難しくて。なかなか欲しいものが見つかりません。

散々悩んだ挙句、エスプレッソマシンにしました!これを注文した直後に、新しい春のカタログがやってきて、欲しいものが加わっていたのですが・・・。

エスプレッソマシン

でも、エスプレッソマシンはたぶんお金を出してまでして買わなかったので、これはこれで良かったと思います。

これまでは、直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)を使っていたのですが、やはり味のレベルが違います。エスプレッソマシンに慣れていない、下手くそな私が淹れても美味しい。

ところで、これを買って初めて気づいたのですが、なんと私、このマシンの高さに合うようなコーヒーカップを持っていませんでした・・・。あるのはマグカップばかり。

うちには気を使うようなお客さんは来ないので、全く必要がなかったのです。ミニマム生活も度が過ぎたかと反省。

で、仕方ないので、今は緑茶を飲む湯呑みで、カプチーノを飲んでいます。ラテアートも湯呑みで練習(無理です 笑)

そのうち、好きなデザインのカップを探しに行こうと思います。

最近、また上階から水漏れがあったり、他のトラブルがあったり、何かと落ち着かないのですが、コーヒー飲んで一息つく時間に癒されています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

クロッカス

ベルリンは昨日から天気が良くなりました。一気に春になった感じです。

今年は暖冬だったので、それほど辛くはなかったのですが、明るくなるのはとてもいいですね。気持ちが晴れます。

昨日たまたま通りがかったシャルロッテンブルク城では、クロッカスが咲いていました!

クロッカス

クロッカスはこの時期に一斉に咲き出しますね。これを見ると、春が来た!と実感します。

関連記事:
・ 春の訪れを知らせる黄色い花

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Berlin-Gatowの軍事歴史博物館

確か、2月の第2週に、ベルリンでは天気が良い日が数日続きました。

せっかくの天気だし、外に出なくては損!・・・と車に乗り、Havel川に浮かぶクジャク島に行こうと決めた私達。

しかし、いつもの事ながら、週末はダラダラしていて出発が遅いのですね。フェリー乗り場に着いたのは14時半で、帰りのフェリーは冬場は16時で終了でした。

これでは1時間ちょっとしか島に居られず、全然元が取れないことに気づき、急遽予定変更。

ベルリンの第4の飛行場跡があるGatowに向かいました。ここは今は軍事歴史博物館になっています。

これは管制塔。
Tower

この飛行場は基本的に今は使われていませんが、滑走路2本は830mと短くはなったものの残してあります。毎年の航空祭でのみ、展示飛行の離着陸で使われているそうです。

ベルリンには歴史的な事情で飛行場跡が多いです。このGatow飛行場は南西に位置しています。

ベルリンの飛行場
„Lage der Berliner Flughäfen“ von derivative work: Hedavid (talk)Berlin.svg:
Nodder - Based on Water map of BerlinBerlin.svg. Lizenziert unter CC BY-SA 2.5 über Wikimedia Commons


この飛行場は1935年にナチスによって造られたのですが、第二次世界大戦で1945年にソ連軍に占拠されました。その後は、イギリスのセクターとなります。

1948-49年にはソ連軍が、東側に囲まれている西ベルリンへの鉄道と道路を封鎖してしまいます。西ベルリンは孤立し、封鎖されなかった空路で西側から生活補給物資を送り込むしかなくなってしまいます。

当時200万人住んでいた西ベルリンでは、1日あたり4,500 tの物資の供給が必要であると試算されます。しかし当時、西ベルリンにはテンペルホーフ空港(アメリカのセクター)とこのGatow飛行場しかありませんでした。

2つの空港だけでは充分な物資を供給できないと判断した西側は、急遽、フランスのセクターにテーゲル空港を突貫工事で建設します。そして、僅か90日で空港を完成させます。(国際空港建設に何年もかけているベルリンですが、やれば出来る時もあったのですねー 笑)

そして、西側からは、食料や燃料、石鹸やトイレットペーパーなどの生活用品、薬品などが毎日空輸されました。封鎖されていた1年弱で、合計230万トンもの生活物資が空輸されたというのだからすごいです。

これが、有名なLuftbrücke(空の橋)の話です。テンペルホーフ空港には記念のモニュメントがありますが、このGatowの飛行場は交通の便の悪い場所にあって、今となってはほとんど忘れ去られていますね。でも当時は、テーゲル空港やテンペルホーフ空港と共に重要な役割を担っていたわけです。


ところで、このGatowの博物館ではたくさん戦闘機が展示されています。ささっと(マニアックにならない程度に)、写真を載せますね!

駐機場にはこんな感じで、数えきれないぐらい飛行機が並んでいます。夕方の逆光です。
駐機場

DSC_4543.jpg

これは宮崎アニメに出てきそうなヘリコプターですねー
ヘリ

他に見学できる格納庫もいくつかあって、状態の良さそうな飛行機が入っています。

色が派手なのは、練習機だからだと思います。タンデム二人乗りです。
練習機

Vテール機。珍しいですねー
DSC_4573.jpg

他にも、歴史の展示などもあって、じっくりと見て回れます。けっこうオススメの場所です。

ただし、とても広くて、トイレが管制塔の建物内にしかないので、特にお子さん連れの場合は、計画的に回ったほうが良さそうです。それから、外の展示が多いので、心地良い天気の良い日に行った方が良いと思います。冬の寒空も、夏の炎天下も辛そうですよ。

Militär Historisches Museum - Flugplatz Berlin-Gatow
開館日: 火曜日−日曜日 10:00-18:00, 月曜定休
入場料: 無料

関連記事:
・ 人の気配がないベルリン・ブランデンブルク国際空港
・ フライトの遅延・欠航のときの補償

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。