スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

東西に住む双子が入れ替わる映画 『Kleinruppin Forever』

前回、予告しましたが、今度は東西の壁がある頃をテーマにした映画です!

双子のTimとRonnieは東ドイツで生まれますが養子として、Timは西ドイツのブレーメンで、Ronnieは東ドイツのKleinruppin(架空の街です)で、別々に育てられます。

Timの養父母は西側に亡命し、西ドイツのブレーメンで建築家として成功します。お金持ちの両親のもとで、Timはテニスの才能を発揮し、女の子にもモテモテの生活を送ります。

ところが、1985年に2人が19歳になった時、転機が訪れます。Timが学校の遠足で東ドイツのKleinruppinを訪れることになったのです。お互いに存在を知らなかった2人が、偶然出会ったのです。

西側に行きたかったRonnieはTimを陥れ、Timと入れ替わって遠足のバスで西側に行ってしまいます。Timは東側に残らざるを得なくなってしまったのです。

なんとか再び西側に戻ろうと手をつくすTimですが、なかなか成功しません。その間、東側の生活でいろんなことを経験していきます。



この映画、最初は安っぽいコメディなのかと思いましたが、後から深い話になっていく良い映画でした。

そう感じたのもそのはず。後から知ったのですが、最初の西側のシーンでは、テンポのあるカメラワークで西側の社会を表現し、東側では意図してゆったりさせて、東側の生活を表現していたのです。私がそういう感じを受けたのは、監督の思うつぼでした。

出演している役者さん達もすごく良かったです。特にRonnieの養父のErwinがとてもいい味を出していました。後から調べてみたら、賞をいくつもとっている俳優さんでした。テレビや映画でけっこうよく見る顔なのですが、ちゃんと認識していませんでした。

Kleinruppinは架空の街ですが、Neuruppinという街はベルリンの北西60kmぐらいのところにあります。映画の設定の場所もブランデンブルク州の大体そのあたりのようです。

ですので、東ドイツ側でのシーンでは方言もけっこう出てきます。ベルリン弁に慣れていないと、理解しにくいかもしれません。双子のTimは標準語のHochdeutschを話すけど、Ronnieはバリバリの方言なのですよ。

この映画の上映は2004年で、ベルリンの壁が崩壊してから15年後です。東側の様子もだいぶ変わったため、撮影場所探しはなかなか大変だったようです。

Kleinruppinの街中の撮影は、ベルリンの北西にあるWittenbergeでされたそうです。Wittenbergeは昔はSingerミシンの工場があるなど、とても栄えた街でしたが、失業率が高く、東西統一後の開発が遅れた街でもあります。

東西分裂時の東側の様子を色濃く残した街での撮影で、東側の雰囲気もとてもよく伝わってきます。

秘密警察のStasiが暗躍する様子や、若者向けの酒場の様子、東側で広まっていたヌーディズムのFKKの習慣など、東ドイツの生活をふんだんに再現しているので、そういう意味でも楽しめる映画です。

関連記事:
・ Die Ärzte主演のベルリン映画『Richy Guitar』
・ ベルリンが舞台のオススメ映画
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Die Ärzte主演のベルリン映画『Richy Guitar』

こないだ初めて、『Richy Guitar』という映画を観ました。友人がDVDを借してくれました。

なんとDie ÄrzteのFarin Urlaubが主演という映画。Die Ärzteの他のメンバーも出ていますよ。その上、99 Luftballonsを歌っていたNenaもゲスト出演という豪華メンバー(1984年の映画で、Die ÄrzteもNenaもやたら若い!)

下がこのDVDです。日本では今は手に入らない様ですね。下はAmazon.deのリンクですが、こちらももう新品はないみたいです。



さて、映画の内容なのですが、Farin Urlaubが演じるギタリストのRichardは、バンド仲間と一緒に成功することを夢見ています。しかし実際は、貧乏ぐらしから抜け出せません。彼の両親は、就職活動をしろとしつこく迫ります。

ガールフレンドとの関係、両親との確執、バンドでの行き詰まりなどなど、Richardがいろいろ経験していく話です。


この映画は、Die ÄrzteとNenaが出演していて、ファンにはお宝のマニアックな映画でもあるのですが、実際に観てみると、ベルリンファンにもとてもお勧めできる映画でした!

というのも、80年代の西ベルリンの様子がこれでもかというぐらいに出てくるのですよ!

Yorckbrückenの辺りや、まだ放ったらかしの古い鉄道跡地、ボロボロの建物、Wilmersdorfer Straßeやクーダムなどの繁華街、テーゲル空港などなど。

それから、Richardがセメント袋を搬出するために、パレットにセメント袋を積み上げていくという、かなりきつそうなバイトをします。このセメントは、市が保管しているSenatsreserveというものでした。

壁があった当時、西ベルリンは孤立していたので、補給が途絶えても一定期間は市民が生活を続けられるように、食料、医薬品など、ありとあらゆる生活必需品を保管していたのです。これがSenatsreserveと呼ばれるもので、ベルリンのあちこちの倉庫に保管されていました。

過去記事『地下探検ツアー2 ガスタンク&防空壕跡』で紹介したガスタンクも、倉庫として利用されていた時期があります。

更には、高速道路のAVUSの脇に、今でも観客席がありますね。もとは自動車レース用の観客席でした。映画の中では、そこに観客を集めて、Richard達がトラックで乗りつけて、コンサートを試みるというシーンもあります。印象的なハイライトシーンです。


映画の内容自体もなかなか楽しめましたよ!出演者の演技が素人演技だという批評も読んでいたのですが、思ったほど酷くはありませんでした。

ただ、編集のせいで理解できない部分があったのもあって、最後のシーンは「えっ、これで終わりなの?!」という呆気なさがありました。

後から、おまけの動画を観て知ったのですが、Richardのお父さん絡みのシーンが映画用に大幅にカットされていたのです。それもあって、何が言いたいのか分からない映画になってしまっている感じはしました。


最後に、個人的に笑ったマニアックなシーンがありました。路上でRichardがドラムのIgorと演奏していて追い出されるシーンがあるのですが、その後に空いた場所に女の子がやってきて、クラリネットを弾き始めます。

彼女が弾き始めたのが、日本ではあまり知られていない、Carl Stamitzという作曲家のクラリネット協奏曲No.3の第2楽章。下手なクラリネットが吹くと、ここまで冴えない曲になるという良い例で、選曲が絶妙だと変な意味で感心しました(笑)。

もちろん、ザビーネ・マイヤーが速いテンポの第1楽章に続いて第2楽章を演奏しているのを聞くと、だいぶ印象が違うのですけどね。

今回、もう1本別のDVDも借りてきたので、また改めて紹介します。『ベルリンの壁』絡みの映画です。

関連記事:
・ 東西に住む双子が入れ替わる映画 『Kleinruppin Forever』
・ ベルリンが舞台のオススメ映画
・ ベルリン 鉄道跡地の公園1

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。