スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの首都ベルリンで水牛に遭遇

1か月以上前のことなのですが、自転車で走っていて偶然、水牛を発見しました。

ドイツの首都ベルリンで「水牛」を「偶然」発見するというのはウソみたいな話ですが、ベルリンならそういう事もたまにありますね。少々のことでは驚いていられません。

その日はさすがに水牛に遭遇するとは思っていなかったので、何の用意もしていませんでしたが、後日出直して写真を撮ってきました!

水牛2匹

場所はReinickendorf地区の住宅街から一歩入ったところです。この辺りには、Tegler Fließという川が流れています。この川の流れは非常にゆるやかで、川の周囲は湿地帯のような感じになっています(夏は蚊がでる場所です)。

こんな感じの場所です。水面が上下するために木には生育が難しく、こういう枯れ木も多いです。

風景と水牛

ここで水牛が放牧されている目的は、『ベルリン 鉄道跡地の公園1』で紹介した羊の役割と同じで、自然の維持のためです。

草を食べて、植物が生い茂り過ぎないようにするのです。こういう場所は放っておかずに、適度に手を入れないとダメなのですね。

ただ、ここは湿っていて、水分の多いベチャベチャした地面です。普通の牛はこういう場所は歩けませんが、水牛は問題なく歩ける上、葦など固めの植物も食べるので良いのだとか。

草を食べる

この放牧は、実験的に2015年5月から始めたそうですが、今年も4月から10月まで放牧していたそうです。このプロジェクトは成功しているのでしょうね。

何よりも、水牛は市民にも人気です。私が見ている間にも、たくさんの人たちが訪れて写真を撮っていました。特に子供たちは水牛を見てすごく嬉しそうにしていましたよ。

水牛アップ

水牛は冬の低温には耐えられるけれども、冬場は食べるエサがないので、冬の間はポツダムで過ごします。今はもう居ませんが、また来年4月になったらやってくるそうです。

ぜひ来年、見に行ってみてくださいね~
スポンサーサイト

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。