スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Froschの洗剤

FroschはWerner&Mertz社の商標で、ドイツではこのマークでいろいろな洗剤が販売されています。ドイツ語でFrosch(フロッシュ)とはカエルという意味で、パッケージには愛嬌のあるカエルのマークがついています。なんとなく可愛らしいでしょう?それで、私の友人も日本へのお土産に買っていったことがあります。

Frosch

本当はフロッシュは、パッケージが可愛いことではなく、「環境に優しい」のが売りです。最近は日本でも結構売られているようですね。生分解可能な植物性界面活性剤や天然オイルを使用していて、排水の98%が自然に還るそうです。

食器用洗剤で1.6ユーロ、トイレ・バスルーム用で1.8ユーロぐらいです。臭いが自然で汚れもきちんと落とすので、私はけっこう気に入って使っています。


関連記事:
・ Schwammtuch(台拭き)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

まろ : 2011/02/23 (水) 07:22:27

この間帰国したときに、実家の台所にFroschの食器洗い洗剤を発見!
まろ「お!Froschやん。これどうしたん?」
母「ああ、お向かいの娘さんの出産祝いをしたら、お返しで貰ってん。でもこれ、全然泡立たへんし、あかんわ」
一刀両断に切り捨てられとりました。
で、泡が立たないかどうか試したけれど、特に多くも少なくもなく、普通だった。
つまり、ドイツの洗剤になれたまろには普通だけど、
日本の異常に泡立つ洗剤に慣れた母には物足りない。
日本の洗剤って泡立ちすぎでは?

ノラ : 2011/02/23 (水) 21:03:31

いきなり古い記事へのコメントで驚きました。

確かに日本の洗剤は泡立ち過ぎなのかもしれないね。
「泡立ち感」で売っているのだろうけど、本来の洗浄力とは関係ないし。

そうそう。
Froschの食器洗い洗剤は、お歳暮セットみたいなのにもなってるよね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。