スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

重曹と炭酸ソーダ

エコな掃除で、重曹を使うのがここ数年流行ってますよね。私も日本に居た頃に一度ハマりました。化学実験みたいな感覚で楽しいのです。適所に使えば、汚れがかなり落ちます。

こちらに来てから、重曹はあまり見かけないな~と思っていたのですが、ある所にはありました。そもそも、「Froschの洗剤」とか、良い洗剤があるので探すことすらしていなかったのですが・・・。

ドイツでNatronという名前がついている製品は大体、重曹だと思います(英語だと違う意味になるみたいですが)。写真はHolsteというメーカーが出しているKaiser Natronという商品です。デザインがいい味を出してます。大きいパックもありますが、いずれにしても掃除用にしては高過ぎる値段だと思います。

重曹

ドイツでは重曹よりも炭酸ソーダが昔ながらの洗濯・掃除法に使われていたようです。もしかすると、硬水の地域が多いドイツでは、重曹では力が物足りないからかもしれませんね。炭酸ソーダはWaschsodaなどという名前でドラッグストアやスーパーで売られています。重曹の方はそれに対して、Natronの他にSpeisesodaとかBackpulverとか言うようです。重曹も同じようにお店で売っていますが、主にケーキ作りコーナーになると思います。トルコ人の店で大きいパックの重曹が安く手に入るという噂もあります(まだ確認はしていません)。

気をつけなければいけないのは、重曹も炭酸ナトリウムも「Soda」という名前を使うので紛らわしい事です。重曹は「炭酸水素ナトリウム」ですが、炭酸ソーダは「炭酸ナトリウム」。同じ基本組成の仲間ですが、アルカリの強さが違うので間違えると大変です。炭酸ソーダの方が強いアルカリ性を示し、触れると手が荒れる事もあります。

ドイツで重曹を買いたい人もいるでしょうから、下に違いを書いておきます。とにかく紛らわしい製品が多いですから、パッケージに書いてある含有成分をちゃんと読んでくださいね。それから、重曹も炭酸ソーダもアルミ製品には使わないでください。動物性の素材である絹とウールにも繊維を傷めるので使えません。

重曹(炭酸水素ナトリウム,重炭酸ソーダ, Natriumhydrogencarbonat, NaHCO3, Speisesoda): 手で触れても大丈夫。ベーキングパウダーなので口に入れても問題ありません。Natronという名前で売られていることが多いです。掃除に使う他にも、肌に良いので入浴剤として使ったり、消臭剤代わりになったりと、とにかく使用用途が多いです。(詳しくは「地球に優しいお掃除のページ」へ)

炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム, Natriumcarbonat, Na2CO3, Waschsoda): アルカリ性が強い。パッケージに手袋使用の表示が必ずあります。人にもよるのでしょうが、薄い溶液だったら手で触れても問題はない様です。洗濯の時に硬水を柔らかくする効果があります。仕上がりがゴワゴワしなくなります。カルゴンのような使い道ですね。ただ、洗剤と同時に入れるのではなく、予洗いなどで洗剤より先に水に溶かすべきなのだそうです。それから、洗濯前に漬け置きすることで漂白材として使えます。 その他、重曹と同じく掃除や食器洗浄にも使えます。油汚れの除去など、重曹が得意とするところには、さらに強い効果を示します。実はFroschなどのソーダ系の洗剤にも炭酸ソーダ が入っています。

ドイツ語が読める人には、下のリンクが面白いかもしれません。掃除だけでなく、料理や植物の育て方などのコツが載っています。

Praktische-Haushaltstipps.de-実用的な家事のヒント。
Frag-Mutti.de-テーマは同じですが掲示板です。掲示板なので、慣れないと読みにくいかもしれません。

関連記事:
・ カルゴン(硬水と戦う1)
・ 酢の使い方(硬水と戦う2)
・ エコ掃除用のクエン酸
・ どこに売っているか分からないモノ
・ ドイツ生活に炭酸ソーダの10の活用法!
・ 重曹でスパゲッティを中華麺に!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。