スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

紅茶

紅茶といえば、イギリスが有名ですね。

ドイツといえば当然ビールですね。それでも、あえてコーヒーか紅茶のどちらがイメージに合うかと言えば、コーヒーなのではないでしょうか。とは言っても、ドイツではコーヒーも紅茶も、同じぐらいの歴史を持っています。たぶん、輸入ルートの確立の時期と重なるのだと思います。

紅茶はドイツには17世紀半ばにオランダを経由して入ってきました。ですので、今でもドイツの北東にある、Ostfrieslandというオランダに近い地域が紅茶の配合で有名です。下の写真が、Ostfriesenteeという名前のその紅茶です。普通にスーパーで売られています。

Ostfriesentee

アッサムをベースとした紅茶で、力強い、濃くて渋めの味です。イギリス紅茶のような繊細さはありません。ドイツには、ロンネフェルト(Ronnefeldt)のようなダージリンベースの高級紅茶もありますが、この紅茶の方がドイツらしいと思ってしまいます。

関連記事:
・ パンチングメタルの茶こし

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。