スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

地域別水の硬さ

このブログでもたびたび出てきた硬水についてです。(過去記事「カルゴン」「酢の使い方」「重曹と炭酸ソーダ」)

硬水は、お茶を淹れても美味しくなかったり、洗濯物が灰色になったりする困り者です。ドイツでも地域によって、水の硬さが違います。洗濯をする時に入れる洗剤の量が違うので、自分の住んでいる地域の水の硬さは知っておいた方がいいでしょう。(洗剤の量はパッケージに書いてあります)

ドイツでは水の硬さには、°dHという単位が使われています。ざっと下の表のような定義です(2009年2月現在)。数字が大きくなると硬い水になります。詳しい単位の説明は「Wikipedia 硬度(水)」に書いてあるので見てみてください。

炭酸カルシウム含有量
[mmol/l]
ドイツ硬度
[°dH]
水の硬さ
(Härtebereich)
-1.50-8.4weich
1.5-2.58.4-14mittel
2.5-14-hart

それでは、自分が住んでいる所の水の硬さを調べてみましょう。Wasser.deというサイトに、水の硬さの地図があります。これで大体の硬さが分かると思います。例えばベルリンは真っ赤です。「hart」というカテゴリーなのが分かります。

詳しい値を知りたい人は、地域の水道局に情報があります。例えば、ベルリンならBerliner Wasserbetriebeのページに載っています。ベルリンの中のいくつかの測定所の値が載っているのですが、2007年のデータではざっと15~25 °dHでした。本当に硬いのですね~

関連記事:
・ カルゴンの代替品

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。