スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ベルリンの地下鉄1

今まで書いていそうで書いていなかった話題、ベルリンの地下鉄の話です。
(↑自分でも既に書いていると思い込んでいた・・・)

ご存知のとおり、ドイツの駅には改札がありません。不定期に私服の検札官が電車の中でコントロールします。ベルリンではこの検札が特に多いです。一見普通の乗客に見えるおじさんやお兄ちゃん、お姉ちゃんが、電車の扉が閉まると正体を現し、「乗車券を見せてください!!!」と言い出します。このチェックで乗車券を持ってないと罰金を取られます。

ベルリンに来たばかりの頃は、私はこのコントロールに毎回驚かされていました。(だって急に来るんだもん・・・。さすがに最近は平気になったけど。)

他にも、電車には音楽の演奏をする人や物乞いがやってきます。音楽は、楽器や音楽の種類も様々で、レベルも本当にいろいろです。ビックリするぐらい上手な人が居るかと思えば、演奏というよりも音を出しているだけという人も居たり。大体の人が、ひと駅かふた駅で終わるような短い曲を演奏し、その後にお金を集めに席を回って歩きます。

一方、電車の中に来る物乞いは、だいたい最初に演説(!)をします。「ボクは3年前から職がなく、路上で生活しています。今はお金を稼ぐためにこんな努力をしているけれど、まだ成功していません。だからお金を恵んでください!」といった感じ。この演説にも上手、下手があって、多く同情を集めるとお金がたくさん貰えるみたいです。この国では乞食もアクティブです。

地下鉄

ベルリンの地下鉄は、路線によって車両が違います。U1~U4号線は車両の幅が狭く、U5~U9号線は広い幅の車両になっています。上の写真はU2のもの。ベルリンの地下鉄はとても古いのです。U9号線と、ごく最近出来たU55号線を除いて、全て戦前のものです。もちろん、戦後に路線延長はしていますけどね。一番古いU1とU2は、なんと1902年から運行されています。

東西が分かれていた頃は、東西の行き来は基本的に禁止されていました。ですからその間は、東西両方を通っていた路線は運行が変えられていました。西側だけ運行していた路線(U1)、東西に分かれて運行していた路線(U2)、西側の運行で東側の駅は通過(U6,U8)という感じです。

長くなりそうなので、続きは後日!

関連記事:
・ ベルリンの地下鉄2
・ 二階建てバス
・ 変化するベルリン

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。