スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

新しいカーシェアリングの形 1 car2go

カーシェアリングのcar2goが、とうとうベルリンにやってきました!

実はcar2goについては、かれこれ2年前に過去記事「カーシェアリング プロジェクト」で紹介したことがあります。当時はまだ実験プロジェクトの段階でしたが、もう既にいくつかの街に展開している様です。

car2go

使用される車はSmartで、市内のあちこちに散らばっています。利用者は近くにある車に乗って走り出すことができ、またベルリン市内の決められたエリア内ならどこにでも乗り捨てられます。この車は会員登録をしていれば、誰でも使うことが出来ます。

car2goの車にはGPSが搭載されていて、利用者はインターネット上で近くにある車を検索して、予約する事もできます。iPhone用には公式アプリがありますが、Android用にも非公式アプリが出ていますよ!

インターネット上で見るとこんな感じです。車両の絵をクリックをすると、車のある住所、車両の外側と内側の清潔度、ガソリンの量などの情報を見ることができます。

Car2Go地図

他の街ではそれぞれ300台が導入されている様ですが、ベルリン市内にはなんと1000台のSmartが配備されているのだとか。

料金は街によって微妙に異なる様です。ベルリンでは、1分29セント、1時間12.90ユーロ、1日39ユーロです(2012年5月現在)。以前の実験プロジェクトとは料金が変わっています。1分あたり、1時間あたりの値段は高くなっていますが、1日あたりの値段は、大手のレンタカー会社よりも安そうです。

使い方は至って簡単です。

DSCF3736.jpg

フロントガラスに読み取り部があるので、そこに登録した時に貰うメンバーズカードをあてます。そうすると、鍵が開きます。

乗った後、タッチパネルの指示に従って清潔度の評価などをします。その後、エンジンをかけて走り出すだけです!

DSCF3735.jpg

走行中は、このタッチパネル部はカーナビ表示になります。もちろん、行き先を入力してのナビゲーションも可能です。走り終わって降りた後、最後にまた読み取り部にカードを当てて、車にロックがかかれば終わりです。

長くなってきたので、続きは次回に書きますね。競合するサービスのDriveNowの紹介と、それぞれのメリット・デメリットなどを書く予定です。

続き:
・ 新しいカーシェアリングの形 2 DriveNow

関連記事:
・ 貸し自転車
・ カーシェアリング プロジェクト
・ BVGのスマホ用アプリが登場!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

まろ : 2012/05/21 (月) 06:05:22

なかなか面白いね。早速会員登録しているあたりがぬかりない!
日本ですら免許を持っていないまろには、全くご縁のないシステムですが…。
今頃になって、何で免許を取っておかなかったかと反省することしきり。
ベルリンでは免許は不必要だけど、日本で免許がないと本当に不便。
昔はそうでもなかったけど、うちの実家の周りはどんどん車社会になって行って、車がないと生活できない。
一番近いスーパー&コンビニが徒歩20分(早歩き)よ。年寄りは行かれへんちゅーの!

ノラ : 2012/05/21 (月) 17:51:26

> まろ

これは本当に面白いし、画期的だと思います!
そうは言っても、自転車移動やBVGに比べたらお金はかかるから、そうそう利用はしなさそう。
電車の乗り継ぎが大変な所とか、終電逃したときとかには使えるかな。

まろも今からでも免許取ったら?ドイツで取っておけば、日本で走れるよ。
将来的に書換えもできるし。

私は今はドイツの免許のみ持っています。
日本ではドイツ大使館が発行した翻訳を持っていれば、走れることになっています。

もう何年も前に、日本の免許をドイツの免許に書換えをしたのだけど、
その時に日本の免許を預けたままです。
いつか、大使館を通して免許が返ってくるという話があったけど、
私のところには返ってきませんでした・・・(T_T)

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。