スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

街の大きさ 2

街の大きさ 1」の続きです。

都市が大きくて困るのは、あとは災害時の対策でしょう。

例えば、東京で大地震が起きた場合、本当に経済が止まると思います。というのも大地震の時には、電気・ガス・水道が止まり、電車は走らず、道路は壊れているという状態になります。これだけ極端に一人一人の通勤距離が長い都市では、働く人が職場まで移動出来なくなってしまいます。

物流の復帰はとても大変になるでしょう。最低限必要な物はヘリコプターで運んでもらえるにしても、通常の物品の運送ができる状態になるには、時間がかかりそうです。地方から食料品を運び込むことも簡単にはできません。食料品がある地方から都心までの距離が長過ぎるのです。

ですから、東京で災害対策というのは本当に必要だと思うのです。

でも、いくら東京が大き過ぎると言っても、今更大きさを変えるわけにはいかないですよね。そんな事がいきなり出来るのは、独裁制国家ぐらいでしょう。(^_^;) それでも、行政がするべきことは地方分権を検討してみるとか、区画配分などの都市計画を見直してみるとか、いろいろあると思います。

個人が出来ることは、「街の大きさ」について考えてみる事ぐらいです。もし自分に小さい街が合っていると思ったら、機会があれば地方に引越しをしたら良いのです。そこでは、自分の幸せを求めれば良いのです。

地方の人には、東京に憧れを感じる人も多いのでしょう。でも私は地方に憧れます。アウトドア好きですから自然で遊びたいし、新鮮な食べ物が手に入るし、暖かい人に出会えそうだし、素晴らしいじゃないですか。結局は、人間は無いものねだりをしてしまうもののようです(笑)

でも、「無いものねだり」ではなく、「あるもの探し」をするというのは、エコライフの基本です。「必要なものは既に持っている」と認識することで無駄な消費をしなくなるし、無いものを求める事がなくなりますから、穏やかで幸せな気分になれます。それが「足るを知る」という事なのだと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。