スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

電気自動車プロジェクト

ダイムラー社とエネルギー供給大手のRWE社は、"e-mobility Berlin"という、電気自動車の大規模実証実験プロジェクトを行っています。電気自動車の充電のためのスタンドを、市内で見かけるようになりました。

充電ステーション1

このプロジェクトでは、電気自動車をダイムラー社が100台以上提供し、エネルギー供給会社RWEはベルリン市内に500ヶ所の充電ステーションを設置しています。充電には専用のケーブルが必要ですが、ケーブルを繋ぐと、どの車が充電しているかなどのデータも自動的に送信されます。実用に耐えられるのか、このプロジェクトの結果がどうなるのか、興味深いところです。

ダイムラー社は他にも、ウルムという街でカーシェアリングプロジェクトを行っています。かなり面白いプロジェクトですので、今度それについても書きましょう。

充電ステーション2

ところで、電気自動車は排出ガスを出さないので、「電気自動車=環境に優しい」と言われていますが、それは本当なのでしょうか?私自身は、いささか懐疑的です。

一般的に言われている、電気自動車の長所と短所をなるべく簡単に書き上げてみましょう。

長所:
  • 走行時のエネルギー効率が高い
  • ガソリン代よりもコストが安い
  • 走行時に排気ガスを出さない
  • 騒音が減る

短所:
  • 1回の充電で走れる走行距離が少ない
  • 電池の値段が高い事から、車両自体も高くなる
  • 充電に時間がかかる
  • 電池に場所が取られるので、収納スペースが減る
  • 騒音が少ないことで、歩行者が気づきにくい
などなど。

ここで、電気自動車の長所の「走行時のエネルギー効率が高い」と「走行時に排気ガスを出さない」ですが、これはあくまで「走行時」の話です。発電所で化石燃料を使っている以上は、CO2も出しているし、エネルギー効率も落ちるのです。それから、電池は充電と放電を繰り返すことによって、徐々に容量が減ってきます。何年か経ったら交換が必要です。電池交換による環境負荷とコストというのも、調査が必要でしょう。

あとは、短所の「1回の充電で走れる走行距離が少ない」と「充電に時間がかかる」というのは、環境とは関係ありませんが、実用上かなり決定的な欠点だと思います。走行距離は200kmに満たず、充電に4~8時間かかるわけです。遠出をして、途中でガソリンスタンドに寄ってGo!という訳にはいきません。使用目的がかなり限られてくるでしょうね。

今日は小難しい話になってしまいました。

関連記事:
・ カーシェアリング プロジェクト
・ オール電化住宅の罠
・ 非電化製品

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。