スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

切手が手元にあったら、貼ってください

銀行などのサービス機関の返信用の封筒で、切手を貼る位置に、

"Bitte freimachen, falls Marke zur Hand"

と、書いてあるものをよく見かけます。これを訳すと、

「切手が手元にあったら、貼ってください」

ということ。意味がよく分からないですよね?

では、「切手が手元になかったら、貼らなくて良い」のでしょうか???

封筒

その答えはなんと、切手が手元にあったとしても、貼らなくて良い!のです。料金は受取人が払います。かなり紛らわしい表現です。こんな風に書かれたら、ドイツ人でも、切手を貼るべきかどうか迷うと思います。

それから、受取人の名前の上に"Antwort(返信)"と書いてある場合も、受取人が料金を払う事になっているので、切手を貼る必要はありません。あとは、"Porto zahlt Empfänger"とか、"Entgelt zahlt Empfänger"と書いてある場合もあります。これは「受取人が料金を払う」とハッキリ書いてあるので、分かりやすいですね。

あ、でも、郵便料金を払いたくないからといって、自分で勝手に"Antwort"とか、"Porto zahlt Empfänger"とか、書き加えてはダメですよ!
(普通はそんな事はしないでしょうが・・・)
受取人が郵便料金を払ってくれないばかりか、偽装したと罰せられる可能性があります。

あとは、自分がお客さん用に返信郵便料金を持ちたい場合も、勝手にプリンターで封筒に"Entgelt zahlt Empfänger"と印刷するのもダメです。けっこう細かい規定があるみたいなので、きちんと調べてくださいね!


今日は、知っていると得するドイツ生活情報でした~

関連記事:
・ 郵便ポストの赤丸の意味
・ バスに乗り遅れないための裏ワザ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

weourus : 2011/02/12 (土) 05:53:31

知らなかったです!今まで気にも留めてませんでした~~~。びっくりです!ドイツ語が不自由なので何か書いてあったら全部、切手を貼りなさい!って言ってるのかと思ってました。貼らなくて良いのもあったのかも。ショック。。。切手の自動販売機も、いまいち恐くて使ってません。国内に送るのでも、いちいち窓口まで行ってます。。。もっと慣れないといけないんだろうな…と思いつつ。

そういえば日本に住んでいたとき友達が手紙を送ってくれて、わざと切手を貼らずに宛名を自分に、差出人を私にして、料金不足で私に着くという荒技を使ってました。

ノラ : 2011/02/12 (土) 20:35:19

weourusさん

これはたぶん、ドイツに長く住んでいる人でも、知らない人が多いのではないでしょうか。知らなくても、切手を貼ってしまうだけですから、特に大きな問題でもありません。

でもこんな感じの「ドイツ生活Tips」は面白いですよね。健康保険とか、GEZ(テレビの受信料)の話とか、少しずつ記事にしていっても良いかなとは思っています。

> そういえば日本に住んでいたとき友達が手紙を送ってくれて、わざと切手を貼らずに宛名を自分に、差出人を私にして、料金不足で私に着くという荒技を使ってました。

コレ、すごいです。本当に荒技ですね~v-405

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。