スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

PACKSTATIONで小包の受取り

DHLのサービスで、PACKSTATIONというものがあります。

これは私書箱の小包版みたいなもので、郵便局などに設置されているPACKSTATIONという名前の専用ロッカーで小包を受けとることができます。

一人暮らしなど、家に居ることが少ない人には、便利だと思います。小包の宛先を近くのPACKSTATIONにしておくことができ、小包が届いたらSMSやメールで知らせてくれる仕組みになっています。受け取りは24時間OKの無料のサービスです。

去年の年末ですが、私も申し込みをしました。

申し込みはインターネットで、必要な情報をサクサクと入力するだけです。そこまではあっという間に済みました。

ところが、、、その後予期せぬ落とし穴が。


申し込みをすると、DHLの人がBegrüßungssetという名前のカードや必要な書類が入った小包を届けてくれます。そこで、本人であることを確認するために、Personalausweis(身分証明書)の提示を求められます。

しかし、パスポートではダメだったのです!

配達のお兄さんによると、端末にドイツの身分証明書の番号でないと入力できず、受け渡しが出来ないようになっていたのです(今はパスポートでも大丈夫になっているかもしれません)。配達のお兄さんは非常に申し訳なさそうにしていました。

その後、DHLから「Begrüßungssetは直接お渡し出来なかったので、返送されました」という自動メールが届きました。

仕方ないので(本当はイヤだけど)メールを書きました。「PACKSTATIONは、ドイツ国民だけが対象のサービスなのでしょうね」って。こんな時は文句をきちんと言わないと、ドイツでは損をします。

そしたら、すぐに返事が返ってきました(ドイツでは珍しい)。要約すると、

「大変申し訳ありません。現在、ドイツの身分証明書を提示時のみしか、Begrüßungssetの受け渡しができないシステムになっており、私共もこれを改善するべく努めているところです。Begrüßungssetはすぐにお送りします。本当にすみませんでした。

ここまで、ドイツ人に謝られるのは初めてでした(「ごめんなさい」が言えないドイツ人は多いし)。外国人差別していると思われたら困るからでしょうか。ドイツでは過去の歴史もあり、かなりデリケートなテーマの様です。

そして数日して、Begrüßungssetはあっけなく普通郵便で送られてきました。

今ではこのPACKSTATIONサービスを有効利用させてもらっています。家に居なかったり、夜遅く帰ってきたりすることがあるので、助かっています。

PACKSTATION

関連記事:
・ 郵便ポストの赤丸の意味

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

weourus : 2011/03/03 (木) 19:59:12

分ります~!私も同じような経験がいろいろありますよ!
私は以前ベルリンで、とあるコンテストに参加した事があるんですが、元々軽い気持ちで参加しようと思っていたら、その場で上層部らしき人たちが、思いっきり私を見ながらざわざわしてるんです。それで係の人を通して辞退を思わせるようなことを言って来たので、私はカチンと来て、「これはドイツ人にしか参加資格のない、ドイツ人の為のコンテストなのか?」と聞きました。そしたら係の人が慌てて戻って来て、いや大丈夫です。と。結局アジア人っていう物珍しさもあってか、優勝する事が出来ました☆笑 その時の私の発言が、上層部の考えを改めさせたのは、今でも気持ちが良い思い出です☆差別問題は、ドイツでは特にデリケートな事なのに、それでもまかり通ってる事が頻繁にあるので、やっぱり言わなきゃダメですよね!

それと、私と郵便局及びDHLとの攻防は、永久に終わらない覚悟だったんですが、それもそういったシステムを使ったり、手紙を書いたりすれば、改善されることもあるんですね!やっぱり負けちゃだめなんだな~。いつも玄関まで配達してくれないせいで(ベルも鳴らさずに不在票だけ置いていかれる)今日もこれから郵便局に取りに行ってきます~!泣

ノラ : 2011/03/05 (土) 20:37:43

やはり同じような経験をしているのですね!

それにしても、コンテストで優勝ってスゴい!v-315一体何のコンテストなのでしょう?気になります。いつも不在票というのは頭に来ますね。私の場合は、郵便物や小包は普通に届いています。

インターネットのフォーラムで、配達人が怠慢で、郵便物を届けてくれないという話を読んだことがあります。その人はドイツ人のようで、特に外国人差別という訳ではなかったみたいです。Deutsche Postのページに、クレームを送信できるページがあるので、これを利用してもいいかもしれません。幸運を祈っています!

https://www.deutschepost.de/dpag/multiapps?xmlFile=1011279〈=de_DE&skin=hi&check=yes&APP.anliegen=reklamationen

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。