スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの車のナンバーあれこれ2 ナチ関連など

知っておいた方がいい、ドイツの車のナンバーあれこれ」の続きです。

今回は特に知らなくても困らないことばかりなので、タイトルから「知っておいた方がいい」を外しました(笑)

写真素材 PIXTA
(c) tettsu写真素材 PIXTA


さて、車のナンバーは、お金を払って選ぶこともできます。ナンバーは例えば、BーAB1234といったものになりますが、地域コードを除いたAB1234の部分を選ぶことができます。基本的に、希望するナンバーがまだ使われていなければ、大丈夫です。アルファベット2文字は(ABの部分)、自分のイニシャルを入れている人が多いみたいですよ。

ただ、連邦政府が、発行禁止を推奨している文字の組み合わせがあります。例えば、ナチに関するものがそうです。例えば、HJ (Hitlerjugend、ヒットラー・ユーゲント)、KZ (Konzentrationslager、強制収容所)、 NS (Nationalsozialismus、ナチズム)、 SA (Sturmabteilung、突撃隊)、 SD (Sicherheitsdienst、親衛隊保安部) 、 SS (Schutzstaffel、親衛隊)などです。

しかし、これはかなりややこしい話です。

例えば、シュトゥットガルトの地域コードは"S"ですが、この"S"に組み合わせて、SASDSSとすることができるため、シュトゥットガルトでは"A"、"D"、"S"も発行されません。

他にも、Starnbergという地域では、STAという地域コードですが、これにSIを組み合わせると、STA-SI(シュタージ、東ドイツの国家公安局)になってしまうので、これもダメです。

そんな感じで、地域コードごとに、発行されない文字の組み合わせが決められています。

やはり、ドイツではかなり神経質なテーマなのですね。車のナンバー発行ですら、簡単にはいきません。


それから、製造されてから30年以上経っているオールドタイマーは、HーKennzeichenと呼ばれるナンバーを取得できます。これは、番号の最後にHがつきます。B-A123Hといった風です。自動車税が安くなるのと、Umweltzone(環境ゾーン)でも走れるのがメリットです。

宅配便のUPSは、しばし街の中でこのHーKennzeichenの付いた車を使っています。きっと、その方が安いのでしょうね。(写真はドイツのものではないですが、同じタイプの車が走っています)


UPS Truck / zyphbear


意外に奥が深い、車のナンバーの世界です。書こうと思えばまだまだ書けそうですが、マニアックになるので、この辺でやめておきます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。