スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

楽しく、好きなことをして生きていくための考え方

Chikirinの日記」という人気ブログがあります。ブログは社会派のちきりんさんが、政治や金融といったテーマを新しい切り口から解析したり、ときに鋭く批評したりしています。

私は政治や金融に疎いばかりか、興味がほとんど無いのですが、Chikirinの日記は「なるほど」と思うことが多いので、読んでいます。そして最近、ちきりんさんが書いた本「ゆるく考えよう」を読みました。ブログの内容をもとにして書いてあるので、ブログを読めば大体の雰囲気はつかめると思います。

この本は、強引に一言でまとめれば、ゆるく生きるための考え方が社会派の視点から書いてある本です。「考えるのを減らそう」という話ではありません。逆に、楽しく、好きなことをして生きていくために、お金や人生、仕事などのテーマについて、著者がどう考えてどう行動しているかというような事が書いてあります。与えられた情報や常識と言われていることを鵜呑みにせず、自分の頭で考えることが大切だというメッセージが、基盤に流れているように思いました。

ブログにも記事がありますが、
目標は低く持ちましょう
10年以上のローンはダメです
など、いかにも社会派ならではの解説で面白かったです。私も「常識にとらわれるべきでない」とか「頑張りすぎない方がいい」とか同じようなことを考えているけれど、そこにたどり着くまでの思考法が、まるで違うのです。

それにしても、正気になって考えたら、35年のローンとか気の遠くなる話ですよね。別の本に、日本の家の平均寿命は極端に短くて、26年しかないと書いてありました。ローンを支払う前に、家を建て替えなくてはいけなくなるなんてバカみたいです。住宅の購入とか、これまで考えたことがなくて良かったと思ってしまいました。

あとはブログにあるか調べてないのですが、「人生の先輩の助言は、聞くべきなのか」というテーマも面白かったです。著者によると、数十年で変わるようなことについては、年長者のアドバイスは無用なだけでなく害にさえなるけれど、人間の本質に関わることは100年でも変わらないので、聞いておくべきだそうです。

言われてみれば、年長者が30年前の経験から得た「大学だけは出ておけ」とか「とにかく若いときは我慢しろ」という意見は、今の時代に必ずしも通用しないですよね。助言を聞くべきかの判断基準をそこに置くというのは、私にはまったく無い発想でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。