スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ユネスコ世界遺産の鉱山

ハルツ地方は見どころが満載ですが、中でも面白かったのが、鍾乳石がたくさんある鍾乳洞と、ここで紹介する鉱山でした。私は地下探検ツアーが好きで、ベルリンでもよく参加していますから、こういう物に惹かれてしまうのは当然かもしれません。

鉱山の入り口にあたる建物です。何層にもなっていて、大きいです。
DSC_0050.jpg

この鉱山はランメルスベルク鉱山といいます。Goslarの郊外にあります。

ガイドの人に導かれ、鉱山に入っていきます。かなり奥まで入る1時間強のコースです。
P8200129.jpg

運動靴は必須です。最後に、急な階段を登らなくてはいけません。一応階段ですが、限りなく梯子に近かったです(笑)

途中、壁面には触らないようにと注意されました。というのも、金属がまだ残っているからです。中には鉛など毒性のあるものもあります。

この緑色の部分は銅です。
P8200127.jpg

これは鉄でしょう。光っていて綺麗です。思わず触りたくなります…。
P8200130.jpg

奥までひたすら歩くと、水車があります。
P8200141.jpg

これは一番手前にあった水車で、レプリカです。さらに奥深くにはオリジナルの水車が2つぐらいありました。水車はバラバラに分解したものを運んで、中で組み立てたそうです。とても大きくて、坑内をそのまま通すのは到底無理です。

近くの池から水をひいていて、昔はこの水車の動力を使って、鉱石を上に運び上げていました。左右の水を受ける羽根の向きが違うことで、反対向きに回転させることができます。

ガイドの陽気なおじさんについて、さらに奥に行きます。
P8200140.jpg

一番奥の水車跡を見た後、梯子のような階段を一気に登ります。険しすぎて写真は取れませんでした…。

そして、整った坑道に出てきました。
P8200154.jpg

歩いて行くと、いきなり線路にぶつかります。トロッコが走る幅の狭い線路です。
P8200158.jpg

これが実際の車両です。これに乗って坑内に行く見学コースもありましたよ!
P8200161.jpg

見学コースがかなり面白かったのに対し、博物館の展示はイマイチでした。かなりの量の展示品があるのですが、まとまりがなくて整理できていない印象でした。それが残念でしたが、見学コースはそれを補って余る価値アリです!

関連記事:
・ ハルツ地方の街並み
・ ベルリンの地下探検ツアー

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。