スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

原発事故: 情報の取捨選択について

先日の映像『放射能で広がる異変』を見たときは、正直、動揺しました。これまで、生活をする上では「安全だ」という情報と「危険だ」という情報の両方を目にしてきましたが、これを見て「危険だ」という動かぬ証拠を見せつけられたと考えています。

私自身これまで、どちらかというと「安全だ」という情報の方を多く目にしました。判断がなかなかつかなかったので、これまでは、意見らしきことはどこでも言ってきませんでした。

大体、「放射能」というのは、理解するのが難しいので、一般の人はどうしても専門家の意見に頼ることになります。私も理系出身ですが、似たようなものです。「放射能」について理解を深めるには物理と化学、それが体に与える影響というのは、医学や生物学の分野です。どれも全て理解するのは、普通の人には無理です。大体、一番心配される、遺伝子に与える影響は、まだ解明されていないことの方が多いのです。

しかも今回は、「安全だ」という専門家と「危険だ」という専門家が両方居て、しかも「安全だ」と言っている専門家の方が大多数です。どうしたら良いのか分からなくなりますよね?

私がこの情報の方が信頼できると判断した理由を参考までに示しておきます。

子供の不調が実際に出てきている
これが一番の決定的な理由です。番組ではどのぐらいの割合で症状が出ているかまではわかりませんが、少数であったとしても、被曝の症状が出ていたら、もうそれは危険です。専門家がいくら安全と言っていても、関係ありません。企業広告に依存していないで制作している、このインターネット・メディアの番組が、ヤラセとかする訳もないですしね。

「安全」主張派には、「金」がからむ利害がある
国にしても、東電にしても、住民の移住を補償せずに済んで、損害賠償も少ない方が良いのですよね?そういう損得計算をしていない人でも、責任感を持って仕事しているわけでもなさそうです。それが学者達とどうやって繋がっているのかは分かりませんが、一般市民には分からぬウラがあるのでしょう。中には、本当に安全と思い込んでいる人もいるようですが。

IAEA(国際原子力機関)とICRP(国際放射線防護委員会)が癒着しているという話もあります。日本政府はその意見を取っているのですよね?

「危険」と言っている専門家の方が、より詳細に調査している
番組のなかで紹介されていたチェルノブイリの報告書は、本当に詳細です。私は目次と中の数ページを眺めただけですが、事故の恐ろしさが伝わります。福島とチェルノブイリは違うという意見もありますが、どちらもメルトダウンです。規模の大小にかかわらず、間違いなく同じことが起こります。具体的には、白血病やガンの増加、免疫力の低下、外見に異常のある動植物の発生などです。ずっと汚染地域に人が留まるならば、奇形児も多くなります。

また、ICRPの調査は内部被曝のことは考慮されていないそうです。内部被曝というのは、放射能汚染した食べ物などによって、体内に放射線源が入ることによって起きます。これには、汚染地域に居ない人も、気をつけた方が良さそうです。

いずれにしても、こういう時期は怖がり過ぎなぐらいで良いと思うのです。数年経って健康被害が出てからでは、後悔してもどうにもなりませんから。あとは、専門家の振りかざす数字に惑わされないこと、多数派が正しいとは限らないことを頭に入れておくべきです。

関連記事:
・ 放射能で子どもたちに起きている異変
・ 放射能汚染について、ドイツZDFのニュース
・ チェルノブイリの10分の1だから安全?

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。