スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ベルリン 鉄道跡地の公園3

Gleisdreieck(グライスドライエック)の鉄道跡地の公園が9月2日から一部オープンしました。ポツダム広場からもすぐ近くの、ベルリンの中心部にあります。

週末に行ってきたのですが、天気が良かったこともあり、人がとても多くて、恐れをなして写真も撮らずに帰ってきてしまいました。ベルリンでは何かあると、どこからともなく、すごい人数が集まるのでビックリします。日を改めて、写真を撮ってくるかもしれません。

他の鉄道跡地に較べると、舗装が多すぎる気もしましたが、子供の遊び場には欠きません。アスレチック系の遊び場がたくさんあって、楽しそうでした。

そういう訳で、今回は1年ほど前に見学した公園の様子をアップします。これは、近隣住民のための、公園建設の説明会のようなものでした。今ではすっかり整備されていますが、以前の様子を見ることができます。

ある意味、現在の写真より貴重かもしれません。(写真が撮れなかったので、開き直り… ^^;)

DSCF2437.jpg

「しっかりした靴を履いてくるように」と、事前の注意書きがありましたが、公園を作っている途中だったので、荒地も歩ける靴が確かに必要でした。サンダルの人も居ましたが、砂まみれになったと思います。

線路と昔の貨物駅です。
DSCF2453.jpg

技術博物館から敷いてある線路は、今でもたまに古い電車を走らせています。

昔は、ここは貨物列車が通り、貨物駅、整備用の設備などがありました。線路も100本ぐらい並行して走っていたのだそうです。戦争で壊された後、東側の管轄になり、そのまま放っておかれたのだとか。

今ではもう柵に囲われて、こういう所には入れないのですが、線路が通っていた所に木が生えています。
DSCF2448.jpg

DSCF2449.jpg

昔の管制用の建物です。
DSCF2435.jpg

これが今どうなっているか、確認してくるのを忘れました。案内のお兄さんは、「カフェなどにどうでしょう?」と言ってましたが。

Yorkstr.を越える高架です。橋の上にも木が生い茂っています。
DSCF2436.jpg

街のど真ん中に、こういう場所があるのがベルリンの魅力です。これからはここも住民の憩いの場になるのでしょう。

関連記事:
・ ベルリン 鉄道跡地の公園1
・ ベルリン 鉄道跡地の公園2
・ なぜベルリンに鉄道跡地が多いのか?

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。