スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

木製の靴箱

工作ネタは思わぬ反響です。嬉しいやら恥ずかしいやら。しかし今までのテーマとまるで違うのですが…。このブログで書き続けるべきかどうか、未だに迷っています。どうしたらいいのでしょう??

とりあえず、私の工作の中でも、まともと思われる物(?)から紹介してみますね。工作ネタは、古い写真を引っ張り出してくれば良いだけなので、ある意味ラクなことにも気づきました!(笑)

これは数年前に作った靴箱です。組み立て終わったときの写真です。
DSCF0066.jpg

扉はホームセンター(Baumarkt)で売っている既製のものを利用しています。その他の材料は、集成材(Leimholz)の板をホームセンターで切ってもらいました。当時は車もなかったので、なんと材料は、電車で数回に分けて買いに行きました!我ながらスゴイ情熱です(笑)。今はもはや、そこまでのエネルギーは無いですね~。

天板だけ厚い板を使ったことでバランスが良くなったと、自分では思っています。こういう物を作るときは、設計には時間をかけます。この靴箱の場合は、置く場所の広さや、靴の大きさや種類などを見て検討しました。デザインも候補を何種類か描いて、見比べたりします。最初のスケッチを描いてから何ヶ月も寝かせておいて、突然思い出したかのようにデザインを修正することもありますよ。

設計のときに、必要な板の大きさを正確に計算するので、切断もミリ単位でお願いをします。でも、ドイツのBaumarktでは、それほど正確には切ってくれないですね…。

これは作成途中の写真。
DSCF0065.jpg

アパートの中での製作で、使える工具も限られているので、作りはかなり簡単です。木ネジを使って固定して、ネジ頭はダボを埋めて隠しています。この方法は、手軽な割に、見た目が良く出来上がるのでオススメです!

真ん中の板は固定されています。あとは可動板は細板に載せるようにしています。手持ちの靴に合わせて、いずれ高さを変えたくなるかもしれないと考えたからなのですが、今思えば、完全に固定しても問題なかったかもしれません。

それにしても、今見ると写真が下手ですね。若干、望遠にして撮れば、板が歪むことはないのですが。色合いもアウトです。(自分でダメ出し…)

廊下に設置したところです。
DSC00045.jpg

本当はさらに引き出しが入るはず…なのですが、数年経った今でも引き出しが無いままです

というのも、引き出しの前面は集成材ではなく、無垢材にしたいのですが、ピンと来るものがないからです。サクラの木など、スッキリとした木目が良いかなぁというイメージです。「家具職人(Tischler)に譲ってもらえば良いよ」というアドバイスももらったのですが、面倒になってそのままです。いい加減、完成させたいですね。

アパートの中での製作では、これぐらいの規模と精度が限界です。場所があれば、もう少し工具も揃えられるのですけどね。様々な工作用に、簡単な工房を持つのが私の夢です!

関連記事:
・ 私の工作マニアっぷり
・ 病院で使われていた戸棚のリメイク

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。