スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ブラインドの修理の仕方

今日はブラインド(Jalousie)の修理の仕方を紹介します!

別にドイツでなくても…という情報ですが、ブラインドを自分で修理できることを知らない人が多いと思います。修理したという話を友人にしたときには、「ブラインドって修理できるの?!」と驚かれたこともあります。

写真の右のブラインドの様になった場合の修理方法です。紐を引いても滑って止まらず、完全に上まで上がらなくなっています。これは、使っているうちに上げ下げする紐が擦り切れたのが原因です。大抵、紐の表面が擦り切れて、芯になっている部分がむき出しになっています。

壊れたブラインド

このブラインドは私の好みではないのですが、前の住人が窓の大きさに合わせてオーダーメイドした物の様です。ピッタリの寸法で作ったものは値段も高いので、手間は若干かかるけれど直す価値はあります。

まだ紐の長さがあるうちは、擦り切れている部分を除くように紐を切り詰めます。かなり適当な図ですが、下の図の赤い部分を切って、黒い部分の先端がブラインドの下部まで来るように通します。

ブラインドの図

この時、紐の傷みがひどくなければ、紐を切る前に赤い紐を引っ張ることで、黒い部分の先端がブラインドの下まで来るように調整できます。でも大抵は引っ掛かって引っ張れません。ですので、この場合は先に紐を切ってから紐を通し直すようにします。ただしこの場合は、紐を切る前に紐がどこを通っているかチェックすることは大事ですよ!通す場所が分からなくなったら大変です。

切り詰めをして紐の長さが足りなくなったときは、新しい紐に交換します。ホームセンターではブラインド向きの細い紐は売っていないかもしれません。私はブラインド専門店のJalouCityで、紐だけ買ってきましたよ!この時、必要な長さを十分に考えてから購入することは大事です。

これは買ってきたままの状態です。元々ついていたのは白い紐でしたが、汚れが目立つのでグレーにしました。長さを指定したら、紐をその辺にあったダンボールの切れ端にグルグル巻きにしてくれました。かなり大雑把!

買ってきた紐

安易に物を捨てたり買い替えたりする前に、こんな風に「直せるか?」と考えるのも大事だと思っています。

関連記事:
・ 譜面台の修理
・ 掃除機のヘッドの修理

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

まろ : 2011/11/13 (日) 09:08:55

店で買って、まさかそこらの段ボールに巻きつけて渡されるとは!
でもその大雑把加減は好き。さすがドイツ!
どうせ家に帰ったらすぐに紐は使ってしまうんだから、別にちゃんとしたところに巻く必要もないよね。実用的だ。

しかしながら、日本人にはちょっとしたショックだよね。
常々日本のサービスは素晴らしいと思っていますが、
時々「やりすぎだよ…」と感じることも。

日本とドイツを足して2で割ったサービスが一番いいかも。

ノラ : 2011/11/14 (月) 17:58:27

> まろ

そうなの。超・大雑把!
しかも、家に帰ってから紐の長さを測ったら、注文した長さの倍でした!
片側が壊れてしばらくしてから、もう片方も壊れたので、2回有効利用させてもらいました。半額で済んでラッキーでした♪

日本のサービスは「そこまでしなくても…」と思うこともあるよね。でもドイツ人には見習ってほしいなぁ。
まろの言うとおり、足して2で割って丁度良いのだろうね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。