スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ローソクの炎

ヨーロッパの人は、間接照明の効果をよく知っていると思います。部屋全体を照らす蛍光灯のような照明は、オフィス以外ではあまり見かけません。家の中は必要以上に明るくせず、間接照明で落ち着く空間を作り出そうとしています。

それから、ローソクの灯り(Kerzenlicht)をよく使います。食事のとき、友人と飲む時、それからパーティでも、電気を消してローソクを灯します。たぶん、静かに寛いで語り合いたい時に使うのだと思います。

ローソク

ですからローソクは比較的安く手に入ります。もちろん種類もたくさんあります。ほとんどがパラフィン蝋ですが、蜜蝋のローソクも出回っています。暗すぎて見分けがつきませんが、下の写真は蜜蝋ローソクです。日本にはハゼ蝋が自然蝋としてありますが、植物性の蝋はこちらにはありません。蜜蝋のローソクでは、板状の蝋をクルクル巻いて作ったものをよく見かけます。自分で巻けるように、蝋の板と芯用の紐が入ったキットもあります。

ところで今日は夏至ですね。ドイツの話題ではないのですが、今日は100万人のキャンドルナイト の日です。夏至の日の20時から22時まで電気を消すという完全な自主参加イベントで、世界中の人が参加すると、暗い帯が地球の自転とともに移動していくというアイデアらしいです。

こちらは今の時期は10時過ぎまで明るいのですが、私も夜にローソクをつけてみようと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。