スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの環境情報

ドイツの環境関連情報を探している人は多いと思います。だいぶ古い本となってしまいましたが、下の本は様々な分野の事例が多く紹介されていて、参考になると思います。この本の著者の今泉みね子さんは、他にもドイツの環境政策や活動について本を出していますから、そちらも見ると良いでしょう。



上の2つの本は、ある意味、私がドイツに来るキッカケにもなった本です。当時、環境関係の本をたくさん読み、またあらゆる種類の環境問題が身近なところで目について、環境改善の仕事がしたいと思ったのが、私がドイツに来た理由です。ある程度ドイツで勉強して経験を積んだら、日本に帰るつもりでした。それがナゼか何年もドイツに居座ることになり、更にここに居続けそうになっています。人生計画も何もあったものではありません・・・。

実際にドイツに来たことを振り返ってみると、ドイツの環境対策について事例ややり方を勉強するだけなら、ドイツに来る必要もなかったかなと思います(笑)。何と言っても言葉の壁は大きいので、よほど専門分野で具体的に知りたいことがある場合以外は、情報収集も大変です。生活自体、勝手が違うので苦労なしでは済まないですしね。私もようやくここ2~3年になって、ドイツ語にもそれ程敷居を感じなくなりました。

そうは言っても、私自身は環境への取り組みだけでなく、ドイツの仕事の進め方や文化なども含めて肌で感じられたので、良かったとは思っています。実際に住んでみて、人が住みやすく景観も良いのは、間違いなくドイツの街だなと思っています。環境問題への取り組み方も自然です。でも、一般市民の環境意識は高くはないです。日本の方が環境意識は高いと思います。サービスも製品の作りの細やかさも日本が上です。ドイツにも、環境への負担をかけているウソみたいな活動もあります。これも所詮は人間の活動なので、善悪問わず様々な動きがあるのは、考えてみれば当然ですね。

日本からみると、ドイツは環境大国で素晴しい対策をしているように見えます。でも結局は「隣の芝生は青い」もので、ドイツはドイツで、日本を始めアジアのテクノロジーを羨ましいと思っています。環境技術分野でも、日本に新しい物があれば自国にも取り入れようとします。そういうところが面白いと感じています。

関連記事:
・ エコライフ―ドイツと日本どう違う
・ カーシェアリング プロジェクト
・ 新しい資源ゴミ回収

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。