スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

南チロル

チロル地方の話が出てきたので、ついでに南チロル(Südtirol)について書きますね!

南チロルは、予備知識が無いとオーストリアにある地方のような印象を受けますが、なんとイタリアにあります。イタリアにあるのですがドイツ語圏です。元々はオーストリア領だったのが、第一次世界大戦の結果イタリア領となりました。

それ以降、ドイツ語を話すこの地方の人たちは、少数民族として迫害を受けました。ドイツ語の使用が禁止され、人名・地名は全てイタリア語に変えられ、当然のように学校教育もイタリア語でのみ行われました。1972年になってようやく、自治県としての権利を獲得し、ドイツ語とラディン語(さらに少数の言葉です)の保護政策が認められました。

現在は、ドイツ語は公用語として認められています。地名もドイツ語とイタリア語が併記されています。そういう訳で、地元の人にドイツ語で話すことはかえって好まれます。イタリアで、スキーや観光もできて、なおかつドイツ語が通じるということで、ドイツ人観光客がたくさん居ますよ~!

せっかくなので、写真をいくつかお見せしますね!

山並みが美しく、とても綺麗な所です。夏の風景です。
DSCF0919.jpg
DSCF0950.jpg

街もステキですよ!
DSCF0832.jpg

冬はこんな感じです。スキー場がたくさんあります。
italia winter

写真を見てたら、また行きたくなりました・・・

関連記事:
・ ヨーロッパでの月齢に基づいた生活
・ 南チロル2

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

まろ : 2011/12/08 (木) 07:15:58

初めてベルリンで通った語学学校で、仲良くなったフランス人の女の子の彼氏が(ふぅ…長い説明だわ)が、南チロル出身でした。
イタリア人なのにドイツ語が母語ってどういうこと!?と混乱した記憶があるよ。
国土が地続きだといろいろあるよね。

ノラ : 2011/12/08 (木) 17:36:43

> まろ
私の場合は、なんと現地に旅行に行ってから初めて知りました(笑)
行き当りばったりの、車でのキャンプ旅行だったもので、予備知識まるでなしで行きました。
途中で、どこでもドイツ語が通じるので何か変だぞと気づきました(遅い!)
後でガイドブックを読んだら、当然ちゃんと書いてありましたが・・・

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。