スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

同性愛者に優しい街

ベルリンに同性愛者が多いのは有名です。歴史的に同性愛者が集まってきたという事もあるのですが、彼らにとって比較的住みやすい街であるのも間違いないと思います。ベルリン市長のヴォーヴェライト氏はゲイである事で有名ですが、市民には人気の市長です。かっこいい人ですよね。

何よりも、彼らが同性愛者である事を隠すことなく、普通の職業に就いていられるのが良いと思います(もちろん、まだ隠している人も居ます)。会社員や学校の先生や芸術家など、彼らの職業も様々です。

私がベルリンで最初に個人的に知り合った同性愛者は、職場の同僚のおじさんでした。物静かで多くを語らない人でしたが、とても優しい人で、当時は何かと助けてもらいました。パートナーと結婚もしており、同性愛者である事をオープンにしていました。あの世代で同性愛者であるという事は、何かと難しかったのではないかと思います。

その後、ベルリンで知り合いが増えるにつれ、当然ながら友人・知人にも同性愛者が増えました。ベルリンに居る同性愛者は、感覚的には10人に1人ぐらいの割合でしょうか?本当に多いです!

話を聞くと、同性愛者である事で家族と問題を抱えている人、田舎を飛び出してきた人など様々です。もちろん両親の理解を得て、仲良くしている人もいます。彼らは苦労を重ねているせいか、人間的にできた人が多い気がします。メディアでは奇抜な格好をしたような同性愛者が強調されていますが、いたって普通の人が多いです。そして、とても親切な人が多いですよ~

ところで、ドイツの人口の5%が同性愛者だという統計もあるそうです。ということは、日本にも同じ割合で居るはずですよね?つまりは、大多数が自分が同性愛者である事を隠しているのでしょうね。

世の中には、同性愛に限らず、人種や所得などに対する、様々な差別があります。人がそれぞれのありのままの姿で周囲に認められないというのは、悲しいことだなと思います。

関連記事:
・ ゲイのパレード クリストファー・ストリート・デー
・ 今年一番驚いたこと!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

よ~こ : 2012/01/21 (土) 18:04:57

すっかり場所を忘れてしまったけれど、確かスタッフがゲイの男性達のカフェでおいしいケーキ食べたなあ。あれ?まろどんと一緒じゃなかったっけ?あー最近ケーキ食べてない。

名無しさん : 2012/01/22 (日) 07:03:46

呼ばれて飛び出でじゃじゃじゃじゃ~~~~ん!(←あほ)
まろです。
よ~こさんの言っているのはNollendorf Pl.駅そばのCafé Berioでは?そういえば、いい男がたくさんいたねぇ。懐かしい。
ケーキはほぼ毎日ガンガン食べているけど、あそこには長く行ってないなぁ。
ゲイ友の多さと関係の濃さははっきり言って自慢できるまろですが、ゲイ友がほとんど東ベルリン在住者ばかりなので、西のカフェにわざわざ行くことがないんだよね。

まろの友人のゲイたちの家族は、みんな彼らがゲイであることを知っていて、それを受け入れています。
たぶんそこに至るまでには、さまざまな問題や葛藤があっただろうけど。
性的嗜好が違うからといって差別するのは、肌の色が違うからといって差別することと同じだよね。
物事を偏見の目で見ずに、ありのまま受け入れたいと日々考えているまろです。

まろ : 2012/01/22 (日) 07:05:11

ああ!!!!
上のコメントが「名無しさん」になっている。
すみません!まろです。ってコメントを読めばわかるか。

ノラ : 2012/01/23 (月) 03:46:41

> よ~こさん
あのあたりはゲイのメッカみたいなものだものねぇ。しかもナゼか素敵な人が多いし(笑)

> まろ
テンション高くて笑わさせてもらいました。
「物事を偏見の目で見ずに、ありのまま受け入れる」というのは大事だよね。
そういや、まろの家の近くのフランスケーキ屋さん、まだ試していません。今度ぜひ買いに行きたいです。

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。