スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツの健康保険2 メリット・デメリット

ドイツの健康保険1 privat? gesetzlich?』の続きです。思いのほか早く書けました☆

予告通り、法定健康保険プライベート健康保険のメリットとデメリットを挙げていきましょう。今回は皆さんに健康保険について大まかに理解してほしいので、ダーッと箇条書きにします!

■ 法定健康保険(Gesetzliche Krankenversicherung)
基本的に保険料は収入により決められます(2012年1月時点では、総所得の15.5 %)。被雇用者の場合はそのうち約半分を雇用者が支払います。

【メリット】
・ 最低限のレベルは確実に保証される
・ 失業や慢性の病気、経済的な窮乏時でも保険の適用範囲は変わらない
・ 扶養家族(収入のない配偶者、子供)も無料で保証される
・ 年金受給時の保険料は上がることはない
・ 他の法定の健康保険に変更しやすい(ただし、18ヶ月(1年半)は同じ健康保険組合に拘束される)
・ 支出の上限が定められている(医薬品、入院料など)

【デメリット】
・ 必要最低限の治療にしか保険が効かない(ただし、追加料金を支払うことにより、適用範囲を広げることも可能)
・ 四半期(Quartal)毎の診察料(Praxisgebühr,10ユーロ)の支払い
・ 日割り入院料金(28日間分まで)や多くの医薬品などの支払いが必要

■ プライベート健康保険(Private Krankenversicherung)
保険料はリスクによって決定されます。例えば、自動車の任意保険の場合、初心者のティーンエイジャーは保険料が高くなりますよね。また、事故を起こすと翌年に保険料が上がったりします。それに似ています。ただし、各保険会社や保険契約によって計算が異なるので、料金が変わってきます。

【メリット】
・ 一般的に保険の適用範囲が広い
・ それぞれの状況に応じて、適用範囲の異なる契約を選ぶことができる
・ 法定健康保険と比較して、保険料が安くなるケースが多い(自営業など)
・ その年に病院に行かなかった場合、保険料が一部返却される
・ 保険の解約自体は簡単
・ 病院の予約が取りやすい

【デメリット】
・ 重い病気にかかった場合に、翌年から保険料が上がる可能性がある
・ 年金受給者は料金が上がる(年齢により病気のリスクが上がるため)
・ 扶養家族の保険料は別に支払う必要がある
・ 法定健康保険へ戻すことは非常に困難
・ 他のプライベート保険へ変更する場合、それまでに支払われた保険料は次の保険会社に引き継がれるが、変更に際し困難があるケースも多い

こんなところでしょうか。

次回は、話が前後しますが、健康保険についての基本的な情報、健康保険の選び方などを書く予定です。

ここまでで疑問点があったら、ぜひコメントを下さいね!なるべく次の記事で答えていきたいと思っています。それから間違いなどの指摘もよろしくお願いします!

関連記事:
・ ドイツの健康保険1 privat? gesetzlich?
・ ドイツの健康保険3 基本情報と選び方

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

chika : 2012/01/29 (日) 04:40:30

とても参考になりました!!でも結局どっちがいいんだろう・・次のアップをまた参考にします。

確かに、私は昔法的保険に入ってて、そのあとプライベートにして、さらに法的保険にまた。。って思ってたら、ダメってきっぱり断られました。そんなん、知らなかったし!!
でも旦那の扶養扱いにしてもらって、例外的に受け入れてもらえたような・・

でも今まさになんですけど、歯医者で問題が起こってて、保険が効かないらしく・・?(今は法的保険のほうです)。来週保険会社に直接質問しにいくつもりです・・
ほんとに、めんどくさあいい!!

ノラ : 2012/01/30 (月) 05:56:31

> chikaさん

参考になったようで良かったです。

確かに、保険の仕組みはかなり難しい・・・
ここでの生活では、とにかく保険に限らず、様々なことが日本とは違うから、トラブルが起きるたびに「余計なことにエネルギーを使いたくない!!!」と思っていました。でも外国で暮らす以上、仕方ないのかな。

歯医者は、普通の虫歯治療ならば保険が100%効くけれど、意外に範囲が狭いと思います。

私の場合、軽い歯肉炎だったのだけど、歯石除去と洗浄にはけっこうな金額を払いました(ちなみに、簡単な歯石除去と歯のチェックは保険の範囲です)。その後、歯医者の方で、洗浄による効果報告とレントゲン写真その他をまとめて、歯周ポケットの洗浄の申請をしてくれました。そちらはタダで、かなり徹底的にやってくれました。お陰で、炎症はほとんど治りました。

元がもっとひどい状態だったら、あっさりと保険が効くらしいけれど、歯がガタガタになるまで放っておくわけにもいかないし(笑) 私の場合は、それしか方法が無かったと思います。

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。