スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

パンチングメタルの茶こし

私は普段、お茶のティパックは使わず、お茶は茶葉から淹れることにしています。エコだからという理由ではなく、同じ量を飲むとティパックは高くつくことが多いからです。飲むお茶は日本茶の他、紅茶やハーブティなどいろいろです。日本茶用には急須を使いますが、紅茶やハーブティはカップに直接淹れることが多いです。

そんな時に便利なのが、このパンチングメタルの茶こしです!
DSCF3514.jpg

Manufactumで買いました♪写真ではわかりにくいですが、かなり細かい穴が空いています。ステンレス製です。

こんな風に、一杯分を入れるのにも使えるし、それなりに大きいので、何人分かの茶葉を入れてポットで淹れることもできます。私の場合は、何杯分かを淹れるときは、この茶こしを使って魔法瓶で直接お茶を淹れることが多いです。フタは茶こしを置くのにも使えます。お茶は抽出時間が5分以上のものが多いですから、頃合いを見て取り出す時には便利です!

DSCF3515.jpg

ドイツにも茶こしは様々なタイプがあります。材質は金網、ガラス、プラスチックなど、そして形も色々です。洒落たデザインの物も多いのですが、結局、使い終わった茶葉を取り出しやすく、洗いやすいのはこの形だと思います。材質も、パンチングメタルは金網より洗いやすいですし、ガラスのようには壊れないので、半永久的に使えます。

そういえば、ドイツにあって日本であまり見かけないのが、一杯分または少量を淹れるのに使うTee-Eiという卵型のものです。こんな形をしています↓ 回して開けます。

teeei1.jpg

あとはこんなタイプもあります。持ち手を握るとパカッと開きます。

teeei2.jpg

どちらもかなり安いのですが、普段使うのには、どう考えても不便な気がします。

関連記事:
・ Manufactumのカタログ
・ 紅茶
・ 一生モノのフライパン

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

まろ : 2012/02/28 (火) 08:26:16

まろのお気に入りは布製の茶漉しです。
形が決まっていないので、細い直飲み用のステンレス水筒にも突っ込んでお茶が淹れられます。
目も細かいので茶葉が漏れないし、とても便利!
ただ白布でつくられているので、数回使っただけでとんでもない色に…。2年ほど使っている茶漉しは茶色をとっくに通り越して、ほぼ黒。

Tee-Eiと握るタイプの茶漉しは両方持っています。確かに使いにくい(というか洗いにくい)。
様々な茶漉しを渡り歩いた結果、布茶漉しに落ち着いたのですが、パンチングメタルのも使い勝手がよさそうだね。
ちなみに日本で一般的に売られている半円形の茶漉しもあるでよ。
これはお茶を淹れるというより、チャイを漉すときに使っています。

ノラ : 2012/02/28 (火) 18:33:54

> まろ

いつもコメントをありがとう!

Tee-Eiはやはり使いにくいか。どう見ても洗うのが大変そうだと思っていました。

布製の茶こしも良いかもね。
一時期、使い捨ての紙製の茶こし(どちらかというとフィルター)を使っていたことがあります。
茶葉が入ったまま捨てられるし、突っ込んでお茶を淹れられるのは便利だったけど、
結局、使い捨てが勿体無いのでやめました。

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。