スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Butterbrotpapier

Butterbrotpapier

スーパーマーケットのラップやアルミホイルなどがあるあたりに、Butterbrotpapierというものが置いてあります。ドイツ語でButterが「バター」、Brotが「パン」、Papierが「」。

この無理矢理つなげたかのような単語は、実は「バターパン用の紙」、すなわち「バターを塗ったパンを包む紙」という意味なのです。ドイツでは、遠出をする時などに、よくバターを塗ったパンにチーズやサラミなどを挟んで持って行きます。その時にパンをこの紙で包みます。言わば、おにぎりを持っていく感覚ですね。

この紙で包むと、バターのような油分が外側に染みません。だから持ち歩くのに便利!

でもこの紙、何か特別なものかと思いきや、実はただのパラフィン紙なのです。知ってしまえば、な~んだという感じですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

まろ : 2007/07/12 (木) 08:09:01

サンドイッチのお弁当(買ったもの)の日って、昼ご飯が楽しくない。
やっぱり日本人はおにぎりだぜぃ。
自分で作ったおにぎりでも、昼ご飯が楽しみだもん。

ノラ : 2007/07/13 (金) 06:07:46

>まろ
そうだね。まろはご飯派だもんね。
私はごはんでもパンでもどっちでもいいんだけど、
どちらも美味しい具とごはんorパンでないとイヤかも。

spohr : 2007/07/14 (土) 09:21:49

私はドイツのパンが好きなので、ランチのサンドイッチが苦になることはありません。チーズやハムだけの素朴さもいいです。ただ、ゼンメルが硬くなっていて、あごが疲れます。パラフィン紙もありますが、ペーパータオルのような紙で包んであることが、多いようです。

ノラ : 2007/07/15 (日) 22:49:06

>spohrさん
ドイツのパンは美味しいですよね。確かに店では紙ナプキン系の紙で包んで、紙袋に入れてくれることが多いですね。このパラフィン紙は家でパンを作って行く人が使いますが、やっぱりプラスチックの袋やアルミホイルなどを使う人も多いような気がします。

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>ドイツがすごい from ドイツがすごい
ドイツ語 (Deutsche Sprache) は、英語やオランダ語と同系のインド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語派に属する言語の一つ。ドイツ語人口は世界で約1億2千800万人、そのうち約1億人が第一言語としている (Ethnologue report for language code GER)。独逸語と書 >>READ

2007.08.10

ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。