スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツでスマホ読書 電子書籍ストアが乱立

今年初めに『Android携帯で読書をする2 KoboとKindle』という記事を書きました。それにしても、KoboKindleが電子書籍サービスに参入してから、競争が激しくなっている様ですね。先行きが読めなくて、凄いことになってます。そのお陰で各社とも冊数をどんどん増やしてきています。

海外生活で電子書籍が利用できると便利なのですが、サービスがここまで多いと、どこを選んだらよいのか分からなくなってしまいます。サービス比較はネット上でたくさんあるので、そちらを見てもらった方が良いのですが、私なりに良さそうなサービスをまとめてみることにします。

アプリの使い心地は、無料書籍があればそれをダウンロードして、試してみるのが一番だと思います。特にAndroid機種では、アプリの使い心地が機種に左右される傾向があります。アプリが落ちて、全く使えないという事もあるので要注意です!

ここで紹介するのは、どれもAndroid端末、iPad、iPhoneなどで読めるものです。今はどこのサービスも、1つのアカウントで、複数の端末にデータをダウンロードできる様になっています。


では電子書籍サービスを挙げていきましょう!

Book Live
比較的新しい。コミック、小説、ライトノベル、雑誌などが12万冊以上。ライトノベル系が多いのかなという印象。電子書籍の専用端末Lideoと連動。値引、ポイントが多そう。
アプリ: BookLive!Reader(iTunes, Android

eBookJapan
コミックを中心に13万冊以上。コミックが本当に多いです。
アプリ: ebiReader(iTunes, Android), ebiReaderHD(iPad用)

紀伊國屋書店
蔵書数は少ないらしいが、機能性の評判良い。蔵書のバランスが取れている。電子書籍がない場合に、紙書籍を注文できる。
アプリ: Kinoppy(iTunes, Android

honto
同じく紙書籍を注文できる。実店舗(丸善・ジュンク堂など)あり。品揃え、ポイントシステム共に充実している。私はココ好きです。
アプリ: honto(iTunes, Android

電子貸本Renta!
レンタル形式でかなり異色。その分、割安。コミック等が48時間で100円〜ある。2度は読まないような本だったら、これで充分かも。ただ、専用アプリはなく、借りた電子書籍はオンライン上で読むのが特徴。つまりオフラインでは読めない。

楽天Kobo
Kobo端末は悪くなさそうだが、サービスで苦労しているのかなという印象。とは言え、成功するポテンシャルは高そう。
アプリ:楽天Kobo(iTunes, Android

Kindle(Amazon)
外国語の本も読みたいなら良いサービス。各国アカウントの統合をすれば、Amazon Japan経由で買った本も外国で買った本も、問題なく読むことができる。ただし日本で購入したKindle端末を外国で使用するのは、問題ありそう。
アプリ:Kindle(iTunes, Android


ここに紹介した以外にも、電子書籍サービスはたくさんあります。青空文庫の利用も欠かせません。大手では、AppleiBookstoreとか、GoogleGooglePlayブックスなどが、日本語書籍に参入してきています。今後ますます目が離せなくなりそうです。


ところで最近、ようやく重い腰を上げて、ドイツ生活情報をまとめ始めました。IT関連は日進月歩で難しいですね…。状況がどんどん変わります。でも、がんばるぞ〜っ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。