スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

空気中のオゾン濃度と頭痛

昨日、頭痛がしていたのですが、友人にオゾン濃度が高いせいだと言われました。今、頭痛を訴える人が多いそうです。私はコンピュータの画面の見過ぎだと思っていたのですが。言われてみれば、空気中のオゾン濃度が高いとニュースにもなっていました。

日本では「光化学スモッグ」と呼ばれている現象と言えば分かりやすいでしょうか。排気ガスや工場から排出される窒素酸化物や炭酸水素が、紫外線と反応して汚染物質を生成することにより発生します。これがさらに、微粒子と混合して見通しが悪くなります。だから「スモッグ」という名前が付いています。

実際は、この汚染物質のほとんどをオゾンが占めています。だから、ドイツではオゾン濃度(Ozonwerte)を測定してその値を発表しています。

これが昨日25日18時に測定された、オゾン濃度の図です。環境省で公開しています。

オゾン
(出典:Umweltbundesamt, http://www.env-it.de/luftdaten/map.fwd?comp=O3

ベルリンの辺りは、おおよそオレンジ色144〜180 µg/m³になっています。ベルリン市では(こちらの説明)、大気汚染で具合が悪くなりやすい人は、オゾン濃度が180 µg/m³を超えた時、普通の人は240 µg/m³を超えた時には、昼過ぎから夕方に屋外での運動を避けることを推奨しています。

この図をみる限りでは、昨日はまだ許容範囲内だったようですが、それでも私は頭痛になりました…。オゾン濃度が高くなることによる症状は、目の痛みや涙、頭痛、喉の痛みなどだそうです。

週末にかけてとても暑くなるので、気をつけた方が良さそうです。上の環境省のサイトでも、日曜日はずいぶん真っ赤な予報になっていますよ〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。