スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

帰ってきました

無事に旅行から帰ってきました。皆さん、メッセージをありがとう!

今回はキャンプ旅行で、ゴールをきちんと決めずに出発しました。移動手段は車です。オーストリアで3泊したところで、「せっかくここまで来たのだから、やはりイタリアに行こう!」と国境を越えました。そして結局、南チロルで落ち着いて、そこで残りを過ごしました。

しかし、行き当たりばったりの予備知識ほとんどゼロで行ったもので、南チロルでドイツ語が通じることすら知りませんでした。それどころか、南チロルは昔はオーストリアで、第一次大戦でイタリアが勝ち取り、ドイツ語を話す民族は迫害されていた歴史もあり、むしろドイツ語を話すべきなのでした・・・。どこでもドイツ語が通じるもので変だと思い、初めて現地でガイドブックを読み、ドイツ語ができるならイタリア語を話すべきではないことを学びました。

さすがに、こういう敏感な点は大事なので、旅行前に知っておくべきだな~と反省。

それから、もちろんアルプスの風景はとても綺麗でした。写真はキャンプ場からのものです。私は華美なオーストリアの家並みよりも、南チロルのどことなく素朴な風景のほうが気に入りました。イタリア側は昼間の気温は30℃ぐらいまで上がりましたが、標高が高いので、夜になると一気に15℃ぐらいまで冷えました。滞在したうち二晩は本当に寒く、テントの中で震えながら寝ました。天気の良い日は山歩きをしたり自転車に乗ったりして、天気の悪い日は町へ観光に出掛けたりして過ごしました。

南チロル


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

よ~こ : 2007/08/08 (水) 11:27:21

南チロルがドイツ語っていうのは普通わからないよね~。私もほんの数年前、ドイツ語クラスメートのおかげでたまたま知った次第。それで、チロル地方のドイツ語の響きはどんなだったんでしょうか?

ノラ : 2007/08/09 (木) 00:33:38

>よ~こさん
あくまで私の印象ですが、チロル地方のドイツ語はナゼかオーストリアよりも訛りが弱く、Hochdeutschに近かったような気がします。なんといっても、オーストリア人同士での会話は、テーマはかろうじて聞き取れても、残りは丸っきり意味不明だったから、、、。もちろん、オーストリアと訛りは似ていると思います。

あちょ☆ : 2007/08/09 (木) 22:50:43

素敵な夏休みですね。羨ましいです。
とってもきれいな景色で、気持ち良さそう。
南チロル?初めて聞きました。

ノラ : 2007/08/12 (日) 01:17:28

>あちょ☆さん
ありがとうございます。
俄仕込みの私が解説するのも何ですが、南チロルはオーストリアとスイスとの国境に接する地域で、今は自治県となっています。アルプスの南側になります。冬はオーストリアとスイスと同様にスキー客がたくさん訪れるみたいです。なんと言っても、山並みと自然が魅力です。

歴史についてはウィキペディアで説明を見つけました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8E%E8%87%AA%E6%B2%BB%E7%9C%8C

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。