スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツで自転車の盗難対策

ドイツでは自転車の盗難がすごく多いですよね。このブログの読者でも、自転車を盗まれことのある人は多いのではないでしょうか?実は私は、一度も自転車を盗まれたことがありません!自慢の強運です(笑)

なんとドイツでは、1日に約900台もの自転車が盗まれているのですよ!つまり、1年で32万台以上です。すごい数です!そのうち、持ち主の元に返ってくる自転車はたったの10%程度なのだとか。

盗まれ方も様々です。移動のために盗んで、自転車が乗り捨ててある場合もあれば、転売を目的とした組織的な犯罪もあります。

DSCF0609.jpg

■ もし自転車を盗まれてしまったら・・・
組織的な転売目的の盗難の場合は、あっという間に外国に自転車を持ち出されてしまう事が多いです。ですから、盗まれたと分かったら、素早く対処することが必要です。

警察に届けを出すのと同時に、盗難にあった自転車を専用のインターネットサイトに登録するのも手です。盗まれた自転車の特徴やフレーム番号など、必要な情報を入力します。あらかじめ、フレーム番号を控えておくことは大事ですね。

・ www.fahrrad-gestohlen.de
・ Radklau.org

上のサイトのうち、Radklau.orgの方は、自転車が盗まれていない段階でもデータを登録可能です。後で説明するFahrradpassと同様の盗難予防策としても使えます。

小さい町ならば、自転車を探している旨を、掲示板などに貼り出すのも役に立つでしょう。


■ 盗難を予防する
これだけ自転車の盗難が多いのですから、盗まれないように予防策を講じておくことは大事です。長くなりますが、予防策をまとめておきます!

1.頑丈な錠前を使う
錠は、硬く焼入れした特殊鋼を用いたものを購入しましょう。ABUSというメーカーがドイツでは有名です。お店では、自転車用の錠の種類が多くて迷ってしまいますが、自転車の購入価格の10%ぐらいが目安だそうです。

鎖のものとBügelと呼ばれるものがありますが、どちらが頑丈とは一概には言えません。どちらもピンからキリまであります。下の錠前がBügelタイプです。私が今使っている物はこのタイプです。幅が広めで、街灯に問題なく停められる物がおすすめです。



2.自転車を停める時は、移動できない物に固定
自転車にただ鍵をかけるだけでなく、錠前を駐輪用のパイプや街灯などに必ず固定するようにします。短時間の駐輪でも面倒臭がらずにしっかり停めましょう。パン屋さんでパンを買っている間に、店の前に停めた自転車が失くなっていた・・・というのはよく聞く話です。

3.錠は前輪・後輪だけにかけず、必ずフレームを通す
錠をフレームにかけるのは基本ですが、可能なら上の写真の様にフレームと車輪の両方に錠を通します。特に車軸がクイックレバー(Schnellspanner)式のものは、一瞬で車輪を外されてしまいますので、錠をかけておくべきです。前輪の方が後輪よりも外しやすいので、どちらかと言えば前輪が優先です。

私の自転車は、前輪・後輪とサドルにPitlockという物が付いていて、特殊なアタッチメントがないと外せない様になっています。これのお陰で、錠を車輪だけに通しても、自転車が盗まれる心配がほとんどありません。前の所有者が付けておいてくれたのですが、とても重宝しています。

4.自転車を停める場所にも気をつける
人通りのない寂しい所や、見通しの悪い所は避けましょう。盗む人にしてみれば、人目につかない所が都合が良いのは明らかです。自宅で駐輪する時も、なるべくなら地下室など、よその人が入れない場所に入れておきましょう。

また、駐輪する場所を適度に変えるのも良いことです。いつも同じ場所に停めている場合は、チェックされて狙われやすくなります。

5.自転車用認識コード(Fahrradcodierung)を発行してもらう
このコードは、自動車のナンバープレートの様な役割で、番号から持ち主の住所を割り出せる様になっています。コードはシール状のタイプと、フレームに番号を彫るタイプがあります。自転車販売店、警察、ADFCなどで、15ユーロ程度で発行してもらえます。

このコードが付いていると、転売が難しくなるので、それだけで自転車が盗まれにくくなるかもしれません。

6.自転車の情報を控えておく
自転車のフレーム番号(Rahmennummer)、認識コード(Fahrradcodierung)、メーカー、色やその他の特徴をFahrradpassに記入しておくと、自転車が失くなった時にすぐに対応できます。すぐに届けを出すことで、転売を防ぐ可能性が高まります。Fahrradpassは自転車屋販売店や警察、保険会社などで手に入れることができます。

私はまだ使ったことがないのですが、スマートフォン用のFahrradpassアプリというものもあります。このアプリで、上の情報の他に、自分の住所や自転車の写真などをまとめておけば、いざという時に簡単に届けを出すことができます。


以上です!いかがでしたか?
私は自転車を盗まれたら泣き寝入りするしかないのかと思っていましたが、調べてみたら意外に対策法が多いので、安心しましたよ〜

関連記事:
・ 自転車生活
・ Ortliebの自転車用バック
・ ERGONの自転車用グリップ
・ 自転車専用のルート検索

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

Gin : 2015/09/23 (水) 18:02:21

こんにちは。はじめまして。昨日自転車を取られてWebで何かヒントあればと思いGoogleで検索をしていてお邪魔しました。ハンブルグに在住ですが皆さんすごい鍵が付いている理由は良くわかりました。大変参考になりました。有り難うございます。
又立ち寄らせていただきます。
23,09,2015 Gin

ノラ : 2015/09/29 (火) 18:18:37

Ginさん

コメントありがとうございます!
自転車を盗まれてしまったとは、大変でしたね。とても腹立たしいし、迷惑ですよね。私の周囲でも自転車の盗難にあった人は多いです。頑丈な鍵を付けたりして、自己防衛していくしかないのでしょうね。お役に立てたようで嬉しいです。

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。