スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツ人が大好きな映画 Die Feuerzangenbowle

週末にFeuerzangenbowleを飲みました。

私にしてはけっこう飲んだのですが、二日酔いにもならず。不思議と、これを飲んで悪酔いしたことがありません。甘い上に、ワインの他にラムも入っていて、けっこう危なそうなのですけどねぇ。(楽しみすぎて、写真も撮ってきませんでした。ゴメンナサイ・・・)

ところで、Feuerzangenbowleと言えば、ドイツ人にとってはお決まりの映画"Die Feuerzangenbowle"があります。1944年に上映された白黒映画です。この映画が上映されたことで、飲み物としてのFeuerzangenbowleが有名になったそうですよ。それまではマイナーな飲み物だったのでしょうか。

この映画は、Feuerzangenbowleを飲むときには必ず観るという人もいるぐらい、リピート度の高い映画です。面白い映画ですが、そこまで何度も観るものなのでしょうか?でも、一度は観ておいた方が良い、オススメの映画です。(私は、3年ぐらい前に一度観たきりです。)

映画ポスター

映画の主人公は若く成功した作家の、ヨハネス・プファイファー博士です。ある時、友人たちと飲んでいると、彼らは学生時代のイタズラの話で盛り上がります。しかし、学校に行かず、ずっと家庭教師が付いていた彼は、その話の輪に入ることができません。

そこで友人たちが、「ちゃんとした学校に通って、そういう経験をしなくてはダメだ!」と言って、彼に学生服を着せ、若作りをさせてギムナジウムに体験入学をさせてしまうのです。学校ではプファイファーはクラスの人気者になり、数々のイタズラやら、初恋のような恋をします。

肝心のFeuerzangenbowleですが、最初と最後のシーンでのみ出てきます。白黒映画なのに、火を見つめていると幻がでてくるような、ゆらめく感じがうまく表現されていますよ。



関連記事:
・ クリスマス前に家でもホットワイン Glühwein

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

まろ : 2014/01/25 (土) 07:59:54

ちょっと待った!まろはFeuerzangenbowleなんてお酒は、聞いたことも飲んだこともないぞ~!
(この際、映画はどうでもよい)
今度飲むときは、是非誘ってくれたまえ。絶対に二日酔いにならない自信あり。甘い酒Love。

ノラ : 2014/01/25 (土) 18:06:43

> まろ

そうか。まろはまだFeuerzangenbowle知らないのだね。美味しいよ〜
そしたら、Feuerzangenbowleセットを買ってよ。こんなやつ↓

http://www.amazon.de/APS-65065-Feuerzangenbowle-Hot-5-teilig/dp/B0018NY6L2/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1390640520&sr=8-1&keywords=feuerzangenbowle

場数踏んだので、作り方なら伝授できます。まろの家でパーティしましょ♪

引越しして火災報知器のあるアパートとかになったら使えなくなってしまうので、私は買うのは躊躇しています。それに、やはり飲める人が所有すべき物かなぁと(笑)

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。