スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ビンを集めて回っている人たちへの寄付箱

2週間ほど前、Zooの動物園前を歩いていて、Pfand(デポジット)付きビンの回収箱を発見しました!

ドイツでビールやジュースのビンやペットボトルを買うと、大体がデポジット分を余分に払うことになっています。飲んだ後にスーパーに空き瓶を戻すと、その分のお金が返却されます。デポジットは、ビンの種類によって、8〜25ctぐらいなのですが、中にはもっと高かったり安かったりするものもあります。

でも、移動中に喉が乾いて飲み物を買った時など、空き瓶を持って歩くのはかさばるので、ゴミ箱に捨てる人も多いです。

そして、それを集めてスーパーに持って行き、お金にする人たちも居ます。路上生活者だったり、住む所はあっても貧しい人だったり、事情はいろいろでしょうが、駅や通りで大きな袋を持って、あっちのゴミ箱、こっちのゴミ箱と見て回っている人はかなり多いですよ。

Pfandkiste

ただ、ゴミ箱を漁るような形になるので、衛生的にも良くないし、怪我をする可能性もあります。だから、ビンを集めている人たちに、こんな風に寄付できるのは良いですね。すごく良いアイデアだなーと感心しました。

でも、目立たないし、普通のゴミ箱と場所が離れているので、ビンを捨てる人が多くはなさそうなのが難点かもしれません。

その日はそんな事を思いつつ、この写真を撮ってきたのですが、、、


おととい久しぶりに会った友達が、いきなりこの回収箱の話を始めてビックリ。自分が関わっているプロジェクトなんだよと言っていました。この回収箱は出来立てホヤホヤで、数週間前にパイロット・プロジェクトとして、Zooの周りに5個だけ設置されたばかりなのだとか。

今後は利用状況を調査して、必要であれば改良して、徐々に増やしていく予定だそうです。このプロトタイプが目立たないのには、何か大人の事情があるそうなのですが、一般に認知されて利用されるようになっていくと良いですね。


ついでに、回収箱のそばにあった、動物園バージョンの道端のゴミ箱の写真です。
ゴミ箱

「エサをやるな」の代わりに、「エサ(ゴミ)をやって」と書いてあります。相変わらず、ここの広告は面白い。半官半民企業なのに、広告にそんなにお金をかけて良いのかという疑問はあるのですけどねー。

関連記事:
・ 道端のゴミ箱
・ ゴミの回収
・ 道端のゴミ箱いろいろ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

Y : 2014/08/23 (土) 08:08:04

Pfandを集めてどこかに寄付をするというのではなく、ビンを集める人のためになるようにってことなのですね。そういう考え方が面白い!と思いました。
ビンの回収もでき、ビン収集の人も収入が得られて一石二鳥。
駅などのゴミ箱の中を、小さな懐中電灯でさっと照らして回るビン収集家のみなさんは、そうか、エコ活動をしているとも言えますね。
お友達のプロジェクト、どんな展開になるんでしょう。また、続報を楽しみにしております。

ノラ : 2014/08/24 (日) 22:11:28

> Yさん

コメントありがとうございます!

社会的弱者を援助するという意味で、良いプロジェクトだし、面白いですよね。このプロジェクトがどうなっていくのか、私も楽しみです。続報を聞いたら、またブログで報告しますね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。