スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

我が家のいつものクリスマス

例年通りのクリスマスを過ごしています。

今朝は起きたら一面真っ白でビックリしました。
雪景色

今までほとんどクリスマスの事は書いてきませんでした。うちのクリスマスは、日本人がイメージするような典型的なドイツのクリスマスの過ごし方から若干ズレていて、書いてもあまり意味がないような気がしていました。

でも最近になって、実はこれも案外面白い形なのかなと思い始めたので、ちょっと書いてみます。

毎年、私と夫は24日夜にベルリン内の義両親の家に行きます。あとは義弟が来て、ご飯を食べて家族でプレゼント交換をします。ここまでは普通です。

普通と違うのは、24日と26日と2回家族で集まることですね。

26日は義弟の娘(つまり私たちの姪)が参加します。姪の父親(義弟)と母親は、結婚していたこともなく、とっくの昔に別れています。だから、姪はお母さんと一緒に住んでいて、24日は母方の家族と過ごすのですね。そして26日は父方と。

ややこしいですが、離婚率の高いドイツではよくある話なのではないでしょうか。

あとは、クリスマス的な豪華な料理は食べません。でも、24日に食べる家庭が多いKartoffelsalatとかでもありません。オーブンで焼いたジャガイモと魚などです。

ここ3年ぐらいは姪の希望で、26日の料理はチーズフォンデュが続いています。

夫の家族は基本、食にこだわりがありません。プロテスタント地域の北ドイツやオランダでは、食べる事は楽しみというより義務という意識の人が多い気がします。

しかも、義両親はビーガンです(これが食に対するこだわりという話も・・・)。ベルリンでは、若い人にはベジタリアンとビーガンも多いですが、義両親世代では少し珍しいかもしれません。数年前までは、彼らもベジタリアンだったのですが、いつの間にか条件がさらに厳しくなっていました・・・

だから、子供と孫には料理を作りますが、彼らは魚も肉もチーズフォンデュも食べません。

これが我が家のいつものクリスマスです。そしてケンカになるネタも毎年一緒。それを見て私が固まっているのも、いつも一緒です。姪っ子だけが、年を追うごとに成長しています(笑)

写真はクーダムのイルミネーションです。ここの飾りは派手過ぎず、暖かい色合いで好きです。
クーダムの飾り

汽車

関連記事:
・ ベルリンのクリスマス写真

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。