スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本の固定電話にかける方法いろいろ

みなさん、実家へなど日本への連絡はどのようにしていますか?メールやSkype、Lineなど、連絡が増えて本当に便利になりました。

私は以前は、実家に平気で1ヶ月ぐらい連絡しなかったりしていたのですが、ここ数年はマメに連絡するようにしています。私の場合は必ず、固定電話に電話します。

うちの母、コンピュータ関係が一切ダメなのですよ。実家では、父の趣味でインターネットが普及する遥か前からパソコンを使っていたのに、母だけ完全に取り残されました。

ネット環境同士ならば、SkypeLine、スマホアプリのViberなどで無料通話ができるのですが、今さらパソコンやスマートフォンの使い方を教える人も居らず、本人もやる気がないので仕方ありません。

今日は、ドイツから日本の固定電話に電話する方法をまとめてみました!

電話
ダイヤル式の電話はほとんど見なくなりましたねー


■ Skype OutとLine通話などのIP通信


SkypeやLineには、インターネット環境同士の無料通話だけでなく、固定電話にかけるサービス(有料)があります。それぞれ、Skype OutLine通話という名前です。ただし、電話番号は与えられないので、相手方には『圏外』か『非通知』と表示されます。

現在の料金は、Skypeは2.1ct/min(+接続ごとに3.6ct)、Line通話なら3円/minです。

NTTの市内料金と同額か、安いぐらいですね!電話をする機会が多い場合には、月額を払って割安になるプランもあります。

他にも、電話番号を取得するタイプのIP電話など、いろいろな会社から様々なサービスが提供されています。比較してみると良いでしょう。


■ Call by Call


ドイツに固定電話があって、なおかつCall by Callを利用できる通信会社(Deutsche Telekomなど)なら、この方法が一番安く済むのではないかと思います。かけたい番号の前に、使いたい会社の番号(Vorwahlと呼ばれます)をかける方法です。

番号は、国番号の前の00も付けてかけます。例えば、Vorwahl+0081(日本の国番号)+3(0を抜いた市外局番)+1234-5678(電話番号)といった具合です。

安い番号は、インターネット上で調べることができます。例えばこちら↓
http://www.teltarif.de/tarife/call-by-call/
http://www.tarife.de/telefontarife/

ただし、気をつけないといけない点があります。

番号によっては、通話料金がかなり頻繁に変わるのです!

中には、数ヶ月の間0.5ct/minという破格の値段だった番号が、突然50ct/minに変わっていたりします。100倍の値段です・・・。電話が繋がる前に値段がアナウンスされるので、詐欺ではないのですが、騙そうという意図が見られて限りなく詐欺に近いですよね。最近、そういう詐欺まがいの話をよく耳にするのでイヤになります・・・。

だからCall by Callを利用する時は、必ず電話が繋がる前に値段がアナウンスされるもの(mit Tarifansage)を選ぶことと、毎回きちんと値段を調べることが必要です。


■ Calling-Card


10年ぐらい前まではこれが主流だったのですが、最近は使っている人は少ないと思います。私もSkypeを使うようになってからは全く使わなくなったので、詳しくないのですが、料金はインターネット上で調べられます。

例えばココ↓
http://www.teltarif.de/tarife/callthrough/japan/festnetz/

以前は街のあちこちに、このカードを売ったり、国際電話をかけることができるお店があったのですが、いつの間にか消えてしまいましたね。今はどこで買えるのでしょうか?ご存知の方居たら、ぜひ教えて下さいね〜

関連記事:
・ 一時帰国のときの携帯電話レンタル比較
・ イマドキの海外生活2 スマートフォン利用
・ ドイツの詐欺 あの手この手1

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。