スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツにもある、ビックリな税金の無駄遣い

ベルリンのU6 Turmstr駅の目の前に、OttoparkとKleiner Tiergartenという細長い公園があります。

昼間は散歩している人がたくさん居て、のんびりとしたのどかな雰囲気ですが、夜になるとアヤシクなります。アルコール中毒者がたむろしていたり、ドラッグの売買の場所ともなっていたそうで。

そこで、ベルリン市が公園を改築することにしたのです。

プランの公募がされ、勝ち取ったのがなんと、この妙な石のようなモノが何個も置かれるプランでした!

Sitzkiesel

この巨大な石は、Sitzkieselといって、コンクリート製です。座るためにあるのだとか・・・

誰がこんな冷たい石の上に座るのか?という疑問もありますが、問題はそのコスト。既に設置された11個で、約280,000ユーロかかったそうです。そして、さらに設置予定があるのだとか。

この使えない石1個あたり、25,000ユーロ以上かかっています。日本円に換算すると、1個325万円ぐらいということになります。

もちろん市民は怒っているわけですが、もう税金を使われてしまったわけですから、後の祭りです。

このSitzkieselについて、面白いビデオを見つけました!テレビ番組の一部です。



ベルリン弁のおばあちゃん、汚いお言葉連発で、ムチャクチャ怒ってます!市の担当者の情けない説明にも、笑わせてもらいました。

これは、NDRのextra 3という番組の中の、Der reale Irrsinn(実在の狂気)という短いコーナーです。ドイツ中の、あり得ない公共工事の紹介が多いようです。税金の無駄遣いが、メディアで定期的に報告されるのは良いことですね。

下の写真は、『ブレーメンの交通標識の森』というタイトルです。他にも、面白そうなケースがありますよ!あなたの街も紹介されているかもしれません。クリックすると一覧にいくので、興味のある方はどうぞ。

Verkehrsschildenwald

関連記事:
・ モアビット地区の丘

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

じゃりんこ : 2015/03/28 (土) 06:30:47

むっちゃ笑いました!ハンブルグにいたころNDR大好きでした。(それしか見るもんなかったか?!)税金無駄遣いあるある!デュッセにも広場の再開発の失敗を繕うためにさらにへんちくりんなオブジェ風ベンチが置かれひと悶着。Sitzkieselに勝るとも劣らず(笑)でもSitzkieselはほんとに座りたい気が起きませんね。しかも座るには画像を見る限り石が高すぎのよう。デュッセもやり玉にあがってるかもと怖いもの見たさで(笑)取材一覧を覗いちゃいました。それにしてもバスが停まれないバス停ってのにはウケました。

aka : 2015/03/28 (土) 19:20:49

こんにちは。以前にもお邪魔したものです。
いつもおもしろい記事で、ちょくちょく拝見させていただいてます!

私も最近、小さな街の話題で、同じような記事を読んだところでした。そこでも公募によって設置されるべきものが決定したのですが、住民の一人が、俺なら300ユーロで作れる”と言い出し、ソーシャルネットワークで話題になってしまったので、街側が見当し直すという状態になったそうです。
ただ、その男性が作った300ユーロのオブジェというものが…(絶句)

これは、本当に難しい問題ですよね。
特にベルリンの様に、世界中から人が集まる観光地ともなると。
都市の美化に繋がることや、都市の文化事業に関わることをすべて住民のニーズに合わせる、というのも恐ろしいですし。
今回の騒ぎで、問題定義してくれただけでも、このBETONKLOTZ、少しは役にたったのでは?(笑)

ノラ : 2015/03/30 (月) 03:55:51

> じゃりんこさん

笑ってもらえたようで良かったです!「へんちくりんなオブジェ風ベンチ」も気になります。お役所はどこも同じ感じなのでしょうかねぇ?バス停が停まれないバス停は、駅前なのにかなり迷惑ですね。DBも詰めが甘いというか・・・。
ところで後から気づいたのですが、NDRのサイトよりも、YouTubeの方が過去のシリーズがたくさん載っていました。YouTubeで"Realer Irrsinn"で検索するとたくさん出てきます。

ノラ : 2015/03/30 (月) 04:07:20

> akaさん

いつも見に来てくださってありがとうございます!

「俺なら300ユーロで作れる」って勘違い君、ドイツにはたくさん居そうですね(笑)公共の場所に置くとすると、それなりのクオリティは必要でしょうし、なかなか難しいですよね。実際、いろんな場所でオブジェを見かけますが、意味不明のモノがけっこうありますしね。

友人で、まさにベルリン市の都市計画分野で働いている人が居るのですが(!)、職場の様子とか聞いていると、こういうBetonklotzを許可してしまうのも理解できてしまいます。いかにもお役所な感じみたいです・・・。

まろ : 2015/03/31 (火) 22:29:56

おばちゃんの強烈なベルリン弁に、Jと2人で大爆笑!最近、ベルリン弁を使うのが2人の間でブームだったので、ちょうどいいタイミングでした。
ところで、このSitzkieselとは関係ないんだけど、ベルリン弁つながりで一つ。ミュージカルの名作My Fair Ladyの原作では、主人公イライザはコックニーを使うんだけど、ドイツ語吹き替え版はベルリン弁だった!一度YouTubeで見てみて。笑えるから。

ノラ : 2015/04/01 (水) 06:03:46

> まろ

ベルリン弁、私も得意です。ただし、ベルリン人以外の人が居るところで使うのは、禁止にしてます。いい印象を与えないみたいなので(そりゃそうだ 笑)
My Fair Ladyのドイツ語版ね。今度チェックしてみます!

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。