スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

昔ながらのデザインを守る、ドイツテレコムの電話機

どうも調子が悪かった、我が家の電話機。

ここのところ、大事な電話がかかってくることが多く、やはり新しいものが必要なので、これを買いました。ドイツテレコムの電話機です!

テレコムの電話機


ドイツテレコムは、日本のNTTのような会社です。NTTは昔の電電公社が民営化してできた企業ですが、ドイツテレコムも同じように国営だったのが、1995年に民営化されました。

ところで、この親機のデザインは、10年以上前からほぼ変わっていません。子機との接続ができ、留守電もついているので、機能は増えていますが、昔からほぼ同じまま。かなり男前なデザインです!

この保守的なデザインが、ドイツらしいですよね!こんな電話機を出しているのは、もはやドイツテレコムだけです。

今どき日本では、NTTでもどの会社でも、こんなカチッとした質実剛健で、飽きの来ないデザインは見ることができなくなりました。ヨーロッパでも、PhilipsやSiemensが電話機を出していますが、デザインの傾向は日本とあまり変わりません。

でも、ひたすら実用一辺倒のデザインは、私はすごく美しいと思うのです。子機のデザインも、親機のデザインに、もっと近づけて欲しかったぐらいです。そして、これからも、ずっとこのデザインを守ってくれると良いのですが。


ところで、親機を有線にしたのは、見た目だけの理由ではありません。

ひとつには、停電しても電話が使えることがあります。もしものことを考えて、備えておくのも悪くないと考えました。

この電話機も、電気のない状態では"Notbetrieb"と表示されて、最低限の電話はできるようになっています。ただ、インターネット接続がVDSLで、スプリッターが不要のモデムを使う場合は、モデムを通すので使えなくなるのですけどね。

それから、無線接続は多かれ少なかれ有害電波をだしていますから、それをなるべく避けるようにしたいというのがありました。このモデルは子機の方も、放出する電波を弱く設定できます。

あとは、有線だと盗聴されにくいというメリットもありますね。うちの場合は、誰かに盗聴されることはないと思うので、あまり関係はないのですが・・・。

デメリットは当然ながら、電話しながら歩き回れないことです。でも、動きたいときには子機があるので、それほど不便ではありません。

今のところ、とても気に入って使っています。昔の製品と同じように、長持ちすれば言うことなしです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。