スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

暖房器具

最近、かなり寒くなってきました。先日、うちも初めて暖房をつけました。

我が家の暖房はいわゆる温水暖房で、暖房をつけると温水がパネルの中を周り部屋を暖めます。過去記事 2Wayな窓でも書きましたが、ドイツの家は断熱構造なので、これで十分暖まります。

温水暖房

この温水がどこからやってくるかというと、うちの場合はアパートの地下に集中ボイラーがあって、そこで温水を作っているようです。他にも、近所の何件かの建物でボイラーを共同で使用する場合や、Fernheizungといって、遠くから配管を通して温水を引っ張ってくる場合もあります。あとは、家の中に専用のボイラーがあることもあります。

暖房パネルは、大抵窓の下に設置されています。というのも、部屋の中で一番寒くなるのが窓側だからで、窓の下に暖房を置くことで自然の対流を促し、部屋全体を暖めることができます。

下の写真は温度制御の取っ手部分です。実はコレがかなりの優れものです。

暖房 温度設定

ドイツ人でも、機械に強くない人はあまり知らないようなのですが、実はこの中には温度制御のために、機械式のサーモスタットが入っています。だから、握り部分にスリット状の穴が開いていて、室温検知のために空気が入るようになっています。

だから、例えば写真のように「2」に合わせておくと、一定の温度、例えば、23度以下になったら温水を流して部屋を暖め、暖まったら勝手に止まります。最近の物は、この握りを一番絞った状態の所に、ゼロの代わりに雪の結晶マークのようなものが書いてあります。この雪の結晶マークに合わせておくと、部屋の温度は最低でも6度を保ちます。だから、外がたとえマイナス20度でも、部屋の中の水が凍ることは絶対にありません。すごいでしょう?

つまり、この取っ手は温水の流れる量を調整するものではなくて、温度設定をするものなので、いくら寒いからといって全開にしても、部屋が速く暖まるわけではありません。それを知らずに、ガーッと全開にするドイツ人もけっこう多いのですが・・・。使い方としては、なるべく目的の温度の目盛に、一定に保っておくのが良いのです。

特に真冬の寒い日には、留守中も最低15度ぐらいに保つように暖房をつけておくと、家に居る時だけ暖房をつけるより、常に石壁が暖まった状態になるので、効率が良いと言われています。

実は、ドイツでは、他にも暖房の種類がたくさんあります。炭、ガス、暖炉などいろいろあるのですが、その話題はまたいずれ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

spohr : 2007/10/12 (金) 18:05:08

私は夏しかドイツに行ったことがないので、暖房器が稼動している様子は未経験です。トイレとかに設置されてるのを見て冬期の寒さを想像してました。そして、このノブには何でスリットがあるのだろうと漠然と疑問を感じてました。センサーが付いていたとは。勉強になりました。

ノラ : 2007/10/13 (土) 05:32:09

>spohrさん
ドイツの冬はかなり寒いですが、断熱がしっかりしているので、家の中は日本よりずっと暖かいですよ!夜中にトイレに行くのも寒くはありません。冬に日本に帰ると、なんて寒いのだろうと思うことも多いです。

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。