スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

家に帽子を

ベルリンで、毛糸の帽子をかぶった広告塔がお目見えしました。Yahoo Japanで時事通信の写真を見た日本の友達から、「この帽子が何で出来ているか調べてきて!」との指令を受けました。

私もキャンペーンの写真広告を街中で見て、気にはなっていたのです。集合住宅に帽子をかぶせる、そのアイデアが良いですよね。なんだか可愛いし。

場所の説明がどこにも書いてないのだけど、写真の背景を何枚か見て中央駅前の広場だと判明。もちろん直接行ってきました。そしたら・・・

帽子をかぶった塔

本当に塔が赤い帽子をかぶっていました。


実際にはこの広告塔はこんな大きさです。
全体像

広告塔に貼ってある写真は、100年前ぐらいの古い建物(Altbau)から、戦後直後に建てられたもの、Plattenbau(パネル構造の建物)、80年代の雰囲気の建物など、それぞれ違います。

帽子の部分は綱で出来てますが、よ~く見てみると編まれてはいません。綱をうまく組み合わせて毛糸の帽子に見えるように作ってあります。裏編みの部分は細めの綱をぐるぐる巻き、表編み部分は2種類の反対向きに縒った太めの綱をうまく並べています。それにしても、上手く作ってますよね。

実はこの広告塔は、ドイツの運輸建設省が企画した省エネルギーのための住宅改修のための宣伝塔なのです。

ドイツには冷房のついている家はほとんどありません。ですから、住宅の省エネ = 暖房効率アップと言ってしまって良いと思います。そのために、「建物の断熱と暖房効率アップのための改修をしましょう」というキャンペーンなのですね。

改修工事は、断熱のためにはガラス多層構造の断熱窓の使用と、壁に断熱材の追加などをします。あとは暖房は古い石炭使用のものなどを、効率の高いセントラルヒーティングなどに変えるようです。

関連記事:
・ ローテク広告
・ 思いやりキャンペーン

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメント

さえ : 2008/08/08 (金) 17:11:35

すごく不思議に思っていたんです、詳しくわかって感動しました。 

ノラ : 2008/09/01 (月) 03:19:57

返事、とても遅くなりました。
喜んでもらえたようで嬉しいです!

管理人のみ通知 :

トラックバック


ブログ内検索
Index
プロフィール

Author: ノラ
ドイツ・ベルリンに在住。
ドイツで見つけたモノについて書いていたブログですが、雑多な情報に変わってきました。広範囲だけれど、ときにマニアックな話も混ざります。

その他のサイト
人気記事リスト

ブログパーツ

ランキング


ブログランキングならblogram
月別アーカイブ
最新記事
最近のコメント
おすすめドイツ関連本












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。